【縁起のいい言葉】一覧♪お祝いや開運を願って・・・♪

年賀状に一言書き添えたり、お正月の書き初めなどで使われるお祝いの言葉。日本には縁起がいいと言われる言葉が沢山ありますが、皆さんはどれくらい知っていますか?幸せを呼び込む縁起のいい言葉を一覧にしてまとめてみました。

千客万来(せんきゃくばんらい)

千客万来:自己啓発との出会い ~成功へのきっかけに~ (13788)

多くの客が入れ替わりひっきりなしに来て絶え間がないこと。▽「千」「万」は数の多いことを示す。店などが繁盛していたり来客が頻繁にあったりするときに用いる。
お客さんが絶えずやってきて「千も万も数えられない」状態を意味しているそうです。
商売繁盛の縁起の良い言葉ですね。

一粒万倍(いちりゅうまんばい)

稲穂と米 2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (13791)

一粒の種子をまけば、実って万倍もの収穫を得ることができる意から、わずかなものから多くの利益があがるたとえ。また、わずかなものでも粗末にしてはいけないという戒め。また、一つの善行が多くのよい結果をもたらすたとえ。▽「稲」の異名。

伯楽一顧(はくらくいっこ)

意 味: 賢者が名君・賢相に見出されて重用されることのたとえ。また、世にうもれていた人が、実力者にその才能を見出され力を発揮すること。

解 説: 【故事】伯楽は名馬を見分ける達人として有名で、馬を市場に出したが三日売れなかったために、伯楽に振り返ってくれるように頼んだところ、その日のうちに十倍の値段がついて売れたという故事から。
「伯楽」は、中国周代の、馬の善し悪しを見分ける名人。転じて、人物を見抜く力のある人。「一顧」は、ちょっと顧みること。

「伯楽一顧」は中国の故事が元になっている言葉です。
目上の人や地位の高い人に才能を見出され、取り立てられることを意味しています。

長楽萬年(ちょうらくまんねん)

米寿の検索結果 | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや (13810)

長楽萬年:尽きることなく長く続く楽しみ
長寿を祝って使われる縁起のいい言葉です。
長生きをすればするほど楽しいことが増えるという意味合いが込められているそうです。

二升五合(ますますはんじょう)

升のイラスト「寿」 | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや (13817)

二升は升が二つで“ますます”→益々
五合は一升の半分で“はんじょう→繁盛
益々繁盛
開店祝いに使われたり、酒屋さんの壁に貼られていたりします。
昔の商人が商売繁盛を願って書いた言葉ですが、洒落がきいていて面白いですね。

一攫千金(いっかくせんきん)

天高く積まれた札束のイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや (13812)

一度にたやすく大きな利益を手に入れること。一つの仕事で巨利を得ること。▽「一攫」は一つかみの意。「攫」を「獲」と書くのは本来は誤用。「千金」は大金の意。非常に高価、貴重なことのたとえ。
【一攫千金の解説】
【注釈】 ひとつかみで大金を得るということから。
あまり苦労をせずに、ちょっとした仕事でやすやすと大金を手に入れることにいう。
「一攫」とは、一つかみという意味。
「攫」が常用漢字でないことから、「つかむ」に近い「得る」の意がある「獲」の字を代用し、「一獲千金」と書くこともある。
「千金」とは、千両。大金のこと。
人生がガラッと変わるような金運アップ・開運を願うのは昔から変わらないようですね。

景雲飛(けいうんとぶ)

オコジョの散歩道 | 宇宙(そら)の描くもの (日暈と彩雲 昨日の湯の丸高原の空) (13792)

『景雲飛(けいうんとぶ(けいうんひ))』。

めでたい雲が空にひるがえり、あたり一面がめでたいもののように映ること。
気持ちがめでたい時には、全てのことがこころよいものに感じられるものである。

という意味があります。

彩雲、瑞雲、紫雲とも呼ばれ、古くから吉兆の前触れとされ、
この雲が空にかかると縁起が良くおめでたいと言われています。

福寿(ふくじゅ)

 (13800)

福寿草は幸福と長寿を招く縁起の良い花です。
福寿とは、さいわいを意味する福と
いわうを意味する寿が接着した語といえます。
新年を祝い、受取人の幸いを祈るという意味合いになります。
福寿には幸福で長生きという意味があり縁起が良いとされています。
新年の挨拶や書き初め、誕生日などのお祝いにはぴったりの言葉です。

吉祥(きっしょう)

無料イラスト 松竹梅 (13804)

①よい前兆。めでたいきざし。 「いたる所には,-・福徳のみあり/沙石 7」
②「 吉上(きちじよう) 」に同じ。
きち じょう -じやう 【吉上】
①この上なくめでたいこと。上吉。
②(「吉祥」とも書く)六衛府の下役で,諸門の警衛にあたった者。
吉祥はおめでたい事を祈る言葉でもあります。
着物や陶器などに使われる吉祥文様は長寿と幸せを願う印として描かれ、
古くから日本人に親しまれてきました。
開運を願って作られた吉祥印鑑を結婚や就職のお祝いとして贈る方もいます。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP