《世界でも人気》日本の縁起物グッズといえばやっぱり招き猫!

招き猫は日本国中どこでも見かける事ができます。以前よりかわいいキャラクターとして沢山の人に気に入られているようです。でも招き猫って一体どんなもの?知らない事もあるようです。まとめてみましたので参考にしてください。

招き猫とは?

 (6840)

招き猫(まねきねこ)は、前足で人を招く形をした、猫の置物。猫は農作物や蚕を食べるネズミを駆除するため、古くは養蚕の縁起物でもあったが、養蚕が衰退してからは商売繁盛の縁起物とされている。

招き猫の由来にはいくつかの説がある。

今戸焼説
武江年表嘉永5年の項には浅草花川戸に住んでいた老婆が貧しさゆえに愛猫を手放したが、夢枕にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら福徳を授かる」と言ったので、その猫の姿の人形を今戸焼の焼き物にして浅草神社(三社様)鳥居横で売ったところ、たちまち評判になったという。

豪徳寺説
東京都世田谷区の豪徳寺が発祥の地とする説がある。江戸時代に彦根藩第二代藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった。そのときこの寺の和尚の飼い猫が門前で手招きするような仕草をしていたため寺に立ち寄り休憩した。すると雷雨が降りはじめた。雨に降られずにすんだことを喜んだ直孝は、後日荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、豪徳寺は盛り返したという。

自性院説
ひとつは、江古田・沼袋原の戦いで、劣勢に立たされ道に迷った太田道灌の前に猫が現れて手招きをし、自性院に案内した。これをきっかけに盛り返すことに成功した太田道灌は、この猫の地蔵尊を奉納したことから、猫地蔵を経由して招き猫が成立したというもの。

もうひとつは、江戸時代中期に、豪商が子供を亡くし、その冥福を祈るために猫地蔵を自性院に奉納したことが起源であるとするもの。

開店祝いや商売繁盛の縁起物で定番の招き猫が世界中で大人気

 (6842)

古来から、開運招福や千客万来、商売繁盛をもたらす縁起の良い置物として、多くの日本人に愛用されてきた「招き猫」。片手をあげて、おいでおいでと福を招いているような姿から、開店祝いや商売繁盛の縁起物として長い間、日本人から愛されてきました。そして今日では、中国や台湾を中心に海外でも、日本製「招き猫」の人気は高まっているようです。

手のあげ方や色によってもご利益の意味が異なる

 (6844)

「招き猫」と一言にいっても、手のあげ方や色によってご利益の意味が異なってきます。右手を上げたものや左手を上げたもの、三毛猫や黒猫、白猫以外にも、今日では、さまざまなスタイルが登場し、それぞれに願いが込められています。

・右手をあげた猫
右手を挙げている招き猫は、金運・幸運を招く「金運招福」と言われております。

・左手をあげた猫
左手を挙げているものは、お客さん(人)を招く「千客満来」と言われてます。

猫の色

招き猫の色。圧倒的に多いのが「白」で、白猫は「福を招く」色として幅広く支持されています。また、黒猫は「厄除」金猫は「金運を招く」ピンク猫は「良縁を招く」という意味があります。

その他にも、赤猫は「病除け」。青猫は「交通安全や学業向上」。緑猫は「合格」。オレンジ猫は「仕事運」。など、今日ではさまざまな色が登場し、それぞれに願いが込められています。

日本最古の黒招き猫伝説

 (6845)

黒猫は主夜神尊のお使い

檀王法林寺には、主夜神(しゅやじん)尊という神様がまつられています。主夜神は、仏典(華厳経入法界品)に、「恐怖諸難を取り除き、衆生を救護し、光を以って諸法を照らし、悟りの道を開かせる」と説かれる神様であります。

夜を守る神と、闇夜に眼を光らせる黒猫が結びついたのでしょうか、この主夜神は古くから黒猫が御使いであるとされています。

日本最古の伝承をもつ黒招き猫

江戸の中頃より主夜神尊の銘を刻んだ招福猫が作られ、民衆に受け入れられていたことが伝わっております。

不思議な神通力のあるこの像は、右手を挙げ、黒色をまとった珍しい様相で、この「右手招き猫」は他が模作することを禁じられるほど、固有の信仰をあつめていたとされておりまして、寺社関連の招き猫としては最古のものとする説があります。

日本最大の招き猫博物館。

 (6834)

招き猫ミュージアムは、「日本招猫倶楽部」の世話役をつとめる板東寛司・荒川千尋夫妻の個人コレクション数千点を展示する、日本最大の招き猫博物館です。前身の「日本招猫倶楽部 招き猫ミュージアム」は、群馬県吾妻郡嬬恋村にありました。(2000年~2004年)

2005年3月、より多くの方々に広く招き猫の魅力を知ってもらいたいという夫妻の願いから、1996年から官民をあげて「来る福招き猫まつりin瀬戸」の開催に取り組んできた愛知県瀬戸市に移転する運びとなりました。

「来る福招き猫まつりin瀬戸」の立ち上げメンバーでもある陶磁器メーカー、株式会社中外陶園がミュージアムの企画運営の主体をつとめています。

開運を呼ぶ招き猫として日本人にとってはなじみのある縁起物の置物です。

簡単に置物と言ってしまっては申し訳ない感じがするぐらい、
開運、幸運のシンボルとして長い間日本人に好まれてきました。
観光地には当然のようにどこでも必ず売られています。
大きなものから小さなものまで、時には数ミリぐらいの小さなものまで売られていたりします。

高価なものは驚いてしまうほど高価だったり、
安いものは100円ショップでも売られているものがあったりします。
100円ショップで売られている物でも他の招き猫に見劣りしないものがたくさんありますね。
そんな招き猫は外国人の観光客にも人気があり、お土産に買っているようです。

海外でも猫を幸運の印としている国もあるようですが、
これほど知られている猫の幸運アイテムはないと思います。
それだけ日本人にとっては猫は大好きな生き物なのでしょう。
猫のように毎日のんびり生活ができたら、と言う思いも込められているのかも知れませんね。

高額な招き猫ではなくても、ひとつは身近においておきたい縁起物です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP