還暦ってどういうお祝い?決まりやタブーな贈り物など

還暦とは60歳を迎えた誕生日のことですが、なぜ還暦というか知っていますか?また赤いちゃんちゃんこを贈りお祝いをすることは知られているところですが、なぜ赤なのでしょう?還暦についてのなんで?や、プレゼント・お祝いの最新情報をまとめてみました。

なぜ還暦と言うの?

生まれた時に還る(かえる)年=還暦って
ことです。
生まれた年に還るから還暦。では生まれた年というのはどういう意味なのでしょう
干支(えと)の「支」は「十二支」のことで、ご存知の通り以下の12種類がありますよね。
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

また、干支(えと)の「干」はあまりなじみがないかもしれませんが、「十干」のことで、 以下の10種類があります。
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

還暦とはこの組み合わせが60種類あることから干支が一回りするのが60年となるんです。

干支(えと)は二つの暦を合わせたものだったんですね。たしかに「十干」を見かけることはあまりありませんよね。「十二支」のことと間違って覚えてしまっていました。暦が戻るほど長生きしたからお祝いするということなのでしょうか
還暦とは生まれた時に戻ってくる第二の
人生の始まりであり、60歳の誕生日の
ことです!
「第二の人生の始まり」確かに昔で60歳と言えば長寿であったかも知れませんが、現代は100歳を超えて元気に生きられる時代。こちらの意味ならば、まだまだ若い還暦世代にも喜んでもらえそうですよね

還暦祝いに決まりはある?

 (22313)

還暦のお祝い方法に特に決まりはありません。
けれど、いつもの誕生日とは違う特別な日にしてあげたいですよね。
結婚式ほど大げさにとは言いませんが、想い出に残るものにしてあげたいものです。
誕生日や成人式など、お祝いをする時期がはっきりしているのに対し、
還暦祝いは誕生日や正月、お盆や敬老の日など、お祝いする時期が様々です。

結論から言うと還暦祝いをする時期というのは厳密には決まっていません。現在ではお祝いをする側が決めるものと思っていいでしょう。
誕生日などがわかりやすいですが、正月やお盆など親戚が集まりやすい時期を選ぶのもポイントです。

還暦祝いの日付や内容など特別な決まりはないのですね。親戚や親の還暦祝いで集まりやすい日に設定した場合、贈り物は集まりの日に渡すことが多いようですが、誕生日当日には電話や手紙などでお祝いしてあげたいですね。また職場の人に贈る場合は、一般的に誕生日当日とされています。

還暦祝いの「ちゃんちゃんこ」はなぜ赤いの?

Instagram (22279)

伝統的な還暦祝いでは、暦が一巡したことで「もう一度生まれたときに戻る」と仮想したお祝い事が行われます。古来、日本では赤い色は「魔除けの色」と考えられ、赤ちゃんの産着(うぶぎ)には赤色が使われていました。そのため、還暦になったときもう一度赤いものを身につけるという風習になったわけです。
赤い産着を着た赤ちゃんは見かけなくなりましたが、還暦の赤いちゃんちゃんこは還暦祝いというとすぐに連想される象徴的なものになってますよね。神社の鳥居の赤も魔除けだそうです。他にもこんな理由があるようですよ
この数え年で61歳の厄年は、偶然にも還暦と同じ年です。
この年齢が人生の大きな節目であることがよく解りますね。

赤いものを身につけて、魔除、厄払いをする還暦も重要な 行事の一つになって、生活の仕方や、身体に注意を促して いるのではないでしょうか。

なんと!めでたいと思っていた60歳は厄年でもあったのですね。赤の魔除けには、厄払いの意味も含まれていたとは知りませんでした。

「ちゃんちゃんこ」を贈らないといけないの?

「第二の人生の始まり」だから産着の代わりにちゃんちゃんこを着てお祝いしていましたが、「赤いちゃんちゃんこ」は、お祝いの日以降活躍の場がなくもったいないですよね。最近は「ちゃんちゃんこ」の代わりに他の赤い物を贈る形に変わってきているようです。
やはり一番大きいのは還暦といえば赤いちゃんちゃんこというイメージが強すぎて、長寿のお祝いのイメージから「赤いちゃんちゃんこイコール老人に贈るもの」という印象を嫌う人が多いからでしょう。
平均寿命が延びた現在、60歳を迎えてもまだ若く現役で働く方も多くなっています。そのため、還暦祝いは長寿の祝いというよりも、人生の区切りをお祝いするという意味合いが濃くなってきています。そうした方にとっては、還暦祝いに贈る定番の「赤いちゃんちゃんこ」もあまり喜ばれないようです。その代わりに、赤いシャツやネクタイ、スカーフなどが花束とともにプレゼントされたり、旅行や食事などへ招待したりすることが多いようです。

両親や祖父母へ、これまでの敬意や感謝、長く働いてきた労いの気持ちを伝え、お祝いするのが今のスタイルです。

贈り物としては選ばれなくなった「ちゃんちゃんこ」。本人が嫌がるようなら無理強いは禁物ですが・・記念撮影をしたりお祝いの席を盛り上げるアイテムとして着ることをおすすめします。一生に一度しか着る機会のないものなので、後から着たかったと思っても着られません。「ちゃんちゃんこ」はレンタルや食事処によっては無料貸し出ししているところもありますので贈り物の相談の際に家族で話して活用してもいいでしょう。

「還暦」は、普通の誕生日とは異なり特別なお祝いです。贈る物にも意味があり、赤い物でも贈ると失礼になるものがあるので注意が必要なようですよ。では還暦で贈ってはいけない物をその意味と共に紹介します。

還暦祝いに適さないプレゼントとは

還暦祝いに選ぶプレゼントですから、意味を知らずに失礼になる物を選ばないよう気をつけたいですね。具体的には以下のような品物となります。
【お茶】お茶が好きな人は多いため、ついつい還暦お祝いの贈り物でも選びがちですが、お茶は香典返しによく使われることから還暦お祝いでは好まれません。

【椿の花】お花を贈る場合は、花の種類は気をつけましょう。例えば、椿の花は、「首から落ちる」といった「死」を連想させるイメージがあるため、還暦お祝いではタブーとされています。

【老眼鏡】老眼鏡は「老い」を連想させるため、避けたほうがよいでしょう。実際に本人が欲しがっていたとしても、還暦お祝いでなく別の機会にプレゼントするのが無難といえます。【時計】時計には「勤勉さ」といったイメージがあります。そのため、還暦お祝いなど目上の人に対する贈り物としては適していないとされています。同じ理由から鞄なども避けたほうがよいでしょう。

【くし】くしは「苦」と「死」の語呂を連想させてしまうため、タブーとされています。贈り物には9や4などといった縁起の悪い語呂が入らない贈り物を選ぶようにしましょう。

【履物】靴下や靴などの履物には、「相手を足で踏みつける」といった意味があるため、還暦お祝いの贈り物には適していません。目上の人に対する敬意が伝わる贈り物を心がけましょう。

贈るのに適さないと分かっていても、贈られる相手が欲しがっている物の場合や品物の意味はあまり気にされないような人であればプレゼントしてもいいのではないでしょうか。贈り物は相手に喜んでもらえることを第一に考えたいですね。

還暦祝いにもらって嬉しい物は?

Free photo: Flowers, Bouquet, Roses - Free Image on Pixabay - 1096572 (22297)

還暦祝いのプレゼント、どんな物が良いのか困ってしまいますよね。贈られる方はどんな物がうれしいと思っているのでしょうか。ぐるなびが2014年会員(55歳から69歳の読者842人)対象に行ったWebアンケートによると以下のようなランキングになっていました。
第1位 旅行券・宿泊券 57.7%

第2位 商品券 53.6%

第3位 レストランでの食事 37.9%

第4位 花束・植物 20.1%

第5位 お酒類 14.6%

まだまだアクティブな還暦世代、もらって自ら選択できる旅行券、宿泊券、商品券が人気なんですね。

還暦についてまとめ

還暦について色々調べてきましたがいかがでしたか。還暦の意味は昔から変わりませんが、お祝いの品や形式は時代と共に変化しているようです。どんな形に変わろうとも、還暦を迎えた人をお祝いしたいと思う気持ちが一番大切であることは不変ですよね。

ここで還暦についてまとめます。
■還暦の意味
①十干と十二支の組み合わせが60年で一巡するため、暦が還るで「還暦」
②生まれたときの暦に戻るので、第二の人生の始まり

■還暦祝いの決まり事
特に決まりはありません。

■赤いちゃんちゃんこの意味
①魔除け
②生まれたときに戻ることを仮装している
③60歳(数え年では61歳)は厄年なので厄除け

■ちゃんちゃんこを贈らなくなった理由
①還暦世代がまだ現役で働いている時代となってきたから
②還暦=老人、赤いちゃんちゃんこのイメージが強く敬遠される
③お祝い後の使い道がない
④赤を基調をした別のプレゼントが魅力的だから

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP