結婚式や引っ越しの時期に気になる〈六曜〉をもっと知ろう!

冠婚葬祭や引っ越しなどの大きな物事から、新しいお財布を使い始める日など、必ずといって良いほど出てくるのが「六曜」です。
でも「六曜」については「大安は良い日」という事は知っていても、それ以上の詳しい事は知らない人が多いのではないでしょうか。
「六曜」を知って賢く利用していきましょう!

「六曜」とは

 (21941)

六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜がある。
日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、一般のカレンダーや手帳にも記載されていることが多い。今日の日本においても影響力があり、「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されている。

六曜はどこで生まれたのか

 (21944)

六曜は中国で生まれたとされる。ただし、いつの時代から暦として確立されたかについては不詳である。孔明六曜星とも呼ばれ、諸葛亮が発案し、六曜を用いて軍略を立てていたとの俗説があるが、三国時代から六曜があったということは疑わしく、後世のこじつけであるとするのが定説となっている。また一説には、唐の李淳風の作であるともいうが、これも真偽不詳である。
伝来した当初は、
泰安(たいあん)・留連(りゅうれん)・速喜(そっき)・赤口(しゃっく)・将吉(しょうきち)・空亡(くうぼう)
の6種だったとか。

日本にやってきた六曜

 (22001)

日本に伝わったのは14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけて。それから19世紀初頭にかけて名称や順序、それぞれの持つ意味は少しずつ変化してきました。「赤口」以外は全て名称が変わっており、先勝は「即吉」、友引は「共引」、先負は「周吉」、仏滅は「虚亡」、大安は「泰安」という名称でした。民間の暦に登場するようになったのは幕末ごろ。明治時代には「歴注は迷信」として政府が記載を禁止しましたが、六曜だけは迷信ではないとされて記載が続けられました。第二次世界大戦後、爆発的に流行したこともあります。
江戸の初期には完全に忘れられていたようですが、明治の太陰太陽暦から太陽暦(グレゴリオ暦)への改暦から民間のこよみで使用されるようになり現在まで続いています。

六曜の種類と読み方

 (21976)

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類があります。
〈六曜の読み方〉
先勝…せんしょう・さきかち・せんがち
友引…ともびき
先負…せんぷ・せんまけ
仏滅…ぶつめつ
大安…たいあん・だいあん
赤口…しゃっこう・しゃっく・せきぐち

六曜の意味

仏滅や友引など仏事と繋がりがありそうな言葉が使われていますが仏教に関係がなく、仏事に関係があるように見えるのは「当て字」としてそのような字を使っているからのようです。
 (21955)

先勝

「先んずれば即ち勝つ」の意味。
かつては「速喜」「即吉」とも書かれた。
万事に急ぐことが良いとされる。
「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」と言われる。

友引

「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」お葬式はやめた方がいいが慶事は吉とされています。
夕方から夜が大吉ですので契約事を夕方以降にする人も多いようです。

先負

「先んずれば即ち負ける」の意味。
かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていたが、字面に連られて現在のような解釈がされるようになった。
万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。
「午前中はわるく、午後はよろしい」ともいう。

仏滅

「仏も滅するような大凶日」とされ祝儀はやめたほうが良いとされています。
六曜ではいちばん良くない日で、仏事のみとり行なってもいいとされています。

大安

「大いに安し」の意味。六曜の中で最も吉の日とされる。何事においても吉、成功しないことはない日とされ、特に婚礼は大安の日に行われることが多いほか、自動車の登録日や納車日、建物の基礎工事着工日や引渡日をこの日にするという人も少なくない。また、内閣組閣も大安の日を選んで行われるという。しかし、本来はこの日に何も行うべきではないとする説もある。この点で、キリスト教やユダヤ教における安息日にほぼ相当するといえる。
六曜の吉凶の解釈には土御門(つちみかど)系と高島暦系があり、微妙に違うようです。

これらの解釈より古い「安政雑書万暦大成」からの解釈もあります。

赤口

陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来する。
六曜の中では唯一名称が変わっていない。
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。
この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。つまり「死」を連想される物に注意する日とされる。
「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」と言われる。

最後に…

六曜(ろくよう・りくよう)は私たちが普段使うカレンダーや手帳には書いてある物がありますが、公共機関で作られるカレンダーには記載がありません。
その理由は「迷信とされているものを使う事で無用な混乱をさけるため」とされています。

また、以前は冠婚葬祭その他さまざまな場面で使われていた「六曜」も若い人の間ではさほど重視されなくなってきているようです。

たとえば結婚式は大安の日に結婚式を挙げたいという人が多く、式の日取りを取るのが大変だったり料金が高くなったりしますが、仏滅に式を挙げると日取りを取りやすく料金も大安の結婚式よりお安く挙げられるところから、仏滅に式を挙げる人が多くなってきているようです。

六曜に左右されることなく、自分自身の生活やタイミングに上手く取り入れていきましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP