子どもの誕生日のお祝い♪何で「お餅」が使われるの?

子どもが生まれて初めての誕生日にするといい行事があるんです。子どもの将来を占えるので、見ていてとても楽しい行事なんですよ。どんな行事だと思いますか?それについてまとめてみましたので、チェックしてみてください。

初めての誕生日をいわう。

 (12120)

昔の日本はお正月ごとに年をとる「数え年」で年齢を数えていたので、誕生日自体はお祝いする習慣がなかったそうですが、赤ちゃんが生まれて1年目の初誕生日だけは特別扱いで、大々的にお祝いをしていたようです。

ですので、この初誕生日には日本独特のお祝いの行事が伝統的に残っていて、その大部分が「餅」を使ったものになります。欧米諸国ではケーキでお祝いしていましたが、日本ではおめでたい時には餅、という感じだったのでしょうね。

「餅踏み(踏み餅)」「一升餅(一生餅)」「背負餅(しょいもち・せおいもち)」「立ち餅・立ったら餅」「転ばせ餅・転ばし餅・転び餅」などという餅をメインにした行事や「選び取り(将来占い)」などなど、地域や家ごとに様々な行事もあるようです。

地方によっていろいろな行事があるようですが、どこもお餅をつかうようです。

だいたい似たような感じですが、そのお餅を踏んだり、背負ったり・・・

もし、1歳の記念にと考えているのなら、おじいちゃん・おばあちゃんに「背負う派?」「踏む派?」と

聞いてみるとよいでしょう。

地域によって違う。お餅を背負う派?踏む派?

初めてのお誕生日のお祝いには、地域を問わず「お餅」がつきもののようで、1歳まで無事に成長したことを祝うために、お餅を使った色々な行事が根づいています。 やり方はさまざま、地域ごとに違うようですが、基本的には2通り、つまり赤ちゃんに餅を「背負わせる」方法と「踏ませる」方法です。全国的な傾向としては「背負う」タイプが多く、とくに「踏む」タイプが多いのは九州地方のようです。
基本は「背負わせる」「踏ませる」の2パターンですが、細かく地域ごとの編集、脚色がされ、それぞれユニークなものになっていたりします。この「背負わせる」「踏ませる」以外のユニークな少数派として、赤ちゃんに餅を「抱っこ」させる、という地域もあるようです。

なんでお餅?

 (12127)

お餅には、天照大神(あまてらすおおみかみ)が宿る
初誕生日の一升餅やお正月の鏡餅、つまりお祝いに使用するお餅には、古来より「天照大神(あまてらすおおみかみ)が宿る」といわれています。餅自体を大神が隠れた天の岩戸になぞらえ、楽しいお祝いの後には、岩戸を開けるようにその餅を切って食べるのがしきたりです。
食べ方についてもいろいろあるようですので、正式なその土地のしきたりが気になるお母さんは、嫁ぎ先のご両親やその土地の年配の方に尋ねてみるとよいかもしれません。

どんなお餅をつかうの?

 (12137)

これらの行事に使われる餅は、地域にもよりますが「一升餅」と呼ばれます。
これは、人間の一生と餅の一升をかけて、「一生丸く(円満に)長生き出来るように」とか「一生食べ物に困らないように」などという願いをこめています。
一升の餅といえば約2キロの餅ということになりますが、厳密でなくても適度な大きさのお餅で良いでしょう。和菓子屋などには「一升餅」と言えば作って売っているところもあるようですので、和菓子屋さんがあれば事前に確認してみましょう。インターネット上でも一升餅を販売しているお店があります。
初誕生の行事に使われる餅は、一般に「一升餅」と呼ばれます。人の「一生」と餅の「一升」の音が同じなところにかけて、「一生丸く(円満に)長生きできますように」「一生食べ物に困りませんように」といった願いを込めたものと言われます。また、人の「一生」分の重みを体験させる意味がある、との説もあります。
今では、家でお餅つきなどする機会はほとんどないでしょう。

もし、一升餅を使ってやりたい!と思ったらネットで検索すると沢山出てきますよ。

寿と書いている一升餅がベーシックなものですが、名前を書いてもらったり、有名なキャラクターが

書いてあったりとても種類豊富です。

踏み餅ってどんなことをするの?

 (12130)

一升餅の上に草鞋(わらじ)や裸足で立ち、踏ませます。お餅を大地と考えて「しっかり地に足をつけて歩いて行けるように」「足腰が強くなるように」という願いを込めて行います。

背負い餅ってどんなことをするの?

 (12131)

風呂敷に包んで背負わせます。最近はリュックに入れるというケースも増えているよう。風呂敷で背負わせる場合は、絶対に首に巻かないこと。首が絞まってしまいます。必ず、肩から反対の脇の下に通し斜めに背負わせましょう。

背負えなくて泣いちゃった・・・縁起が悪い?

 (12135)

一升は1.8㎏ですが、お餅はもち米を蒸かして作るので、水分を含み2㎏くらいになるそうです。1歳のお子さんにはとても重たいですよね。こんなに重いのですから背負って歩けないお子さんがほとんどだと思います。1歩でも前に進めれば、「力強く人生を歩んでいく」などの意味があるそうです。

転んだり、立てなかったりした時には「家から離れない」「厄を落す」などと解釈され、わざと転ばせる地方もあるそうです。ですから、無理に立たせたり、歩かせたりする必要はありません。縁起ごとですので、どちらになったにしても良い解釈をしてお祝いをしましょう!

一歳だとまだ満足に歩くことのできない赤ちゃんが、こんなに重いものを持って歩くなんてかなり難しいと思います。

なので、泣いて当たり前、担げなくて当たり前なんです。

少しでも進んだように見えたり、頑張っている姿が見れれば良しとしましょう。

転んだり建てない姿も、厄を落としたものと認識して気にしすぎないでくださいね。

使ったお餅はどうするの?

 (12136)

切り分けて、後でいただきます。
おじいちゃん・おばあちゃんなどお祝いに来てくれた方には、お土産にお持ち帰りいただきます。帰り間際にバタバタしないよう、余裕をもって支度しておくとよいでしょう。

選び取りってなに?

 (12139)

並べたいくつかの品々の中から赤ちゃんに選ばせ、最初に手に取った品物で赤ちゃんの才能や将来つく職業を占う、というイベントで、「将来占い」とも言われます。
一般的な品物と「占い」の内容には次のようなものがあります。

装飾そろばん、電卓 …商売の才能
装飾筆、鉛筆、文房具 …芸術・物書きの才能
装飾差し金、巻尺など …職人の才能
装飾お金、財布 …金持ちの才能
変わったものでは、「おちょこ= 人付き合いが上手になる」などというものもあります。
あくまでも家にあるありあわせの品物でよいので、遊び心でいろいろと並べて盛り上がってみてはどうでしょう?
ほかに、「定規=頭の良いしっかり者、将来大きな家を持てる」「辞書=成績優秀、物知り」「くし=センスが良くおしゃれ」などなど、父母の好みのアイテムも追加して置く家庭も多いようです。

子供から少し離れたところに、用意した道具を並べます。子供がどれを初めに手に取るかで、将来を占います。親の遊びですので、これで将来が決まるというものではなく、当たるも八卦当たらぬも八卦ですが、お祝いの席でやれば、きっといい思い出になりますよ♪

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP