長寿の意味って?どんな風にお祝いしたらいいの?お祝い色は?

「長寿」にはいったいどのような意味があるのでしょうか。また、いつ・どのようにお祝いするのが正解でしょうか。年齢別にお祝いの名称と意味、お祝い色をまとめてみました。長寿のお祝い、ぜひ盛大にお祝いしましょう!

長寿のお祝いとは。

無料イラストなら「イラストAC」 (9848)

長寿祝いの意味
長寿の祝いは「年祝(としいわい)」ともいわれ、長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼で、日本古来からのしきたりが今日まで伝えられているものです。
長寿のお祝いは、数え年61歳(満60歳)の還暦から始まって、
66歳の緑寿(ろくじゅ)、70歳の古希(こき)、77歳の喜寿(きじゅ)、80歳の傘寿(さんじゅ)、
81歳の半寿・盤寿(はんじゅ)、88歳の米寿(べいじゅ)、90歳の卒寿・卆寿(そつじゅ)、
99歳の白寿(はくじゅ)、100歳の百寿(ももじゅ・ひゃくじゅ)などの名称があります。

それぞれのお祝いには「お祝い色」があり、
例えば還暦は赤(朱)で、赤いちゃんちゃんこや赤い帽子を見にまとい、長寿の願いを込めて祝います。

ではなぜ還暦のお祝いに「赤いちゃんちゃんこ」なのでしょうか。

長寿のお祝いの歴史と、「赤いちゃんちゃんこ」の意味。

無料イラストなら「イラストAC」 (9851)

長寿の祝いは、奈良時代に中国の風習を取り入れたもので、初めは、数え年40歳以降、10年ごとに、四十の賀」、「五十の賀」、「六十の賀」などと呼んで祝っていましたが、室町時代の末期頃から現在のように還暦、古稀、喜寿などと祝うようになりました。

還暦は、61年目に本卦(ほんけ)がえりといって、うまれたときの干支(えと)にかえるところから、数え年で61歳のときに祝いをする風習が始まりました。

以前は、赤いちゃんちゃんこや頭巾などを贈ったものですが、これは「生まれた年にもどる-赤ちゃんにかえる」という意味です。

年齢別 長寿のお祝いの名称とお祝い色

無料イラストなら「イラストAC」 (9854)

それでは、長寿のお祝いを年齢順に書いていきますね。
年齢は、数え年で書いています。

●61歳・還暦(かんれき)お祝い色は赤・朱
干支(十干十二支・じっかんじゅうにし)が一巡し、生まれた年の干支に戻ることから暦が還るという意味があります。赤には魔除けの意味があります。

●66歳・緑寿(ろくじゅ)お祝い色は緑
2002年に日本百貨店協会が提唱しました。77歳、88歳、99歳の賀寿はあるのに、66歳の賀寿がなったので作られたようです。「緑」の読み方が「ろく」とも読めることから緑寿となりました。

●70歳・古希(こき)お祝い色は紫・紺
中国の詩人、杜甫(とほ)の「人生七十 古来稀なり」からきています。70歳は当時稀な年齢であるという意味があるそうです。

●77歳・喜寿(きじゅ)お祝い色は紫・紺・黄
「喜」という漢字を草書体で書くと、七を3つ書き、それが七十七と読めることから喜寿となりました。

●80歳・傘寿(さんじゅ)お祝い色は紫・黄・金
「傘」の略字が八十八に見えることから傘寿となりました。

●81歳・半寿(はんじゅ)お祝い色は黄・金・金茶
「半」の字を分解すると八十一に見えることから半寿となりました。また、将棋盤のマス目が9×9=81あることから「盤寿(ばんじゅ)」とも言います。

●88歳・米寿(べいじゅ)お祝い色は黄・金・金茶
「米」の字を分解すると八十八に見えることから米寿となりました。

無料イラストなら「イラストAC」 (9856)

●90歳・卒寿(そつじゅ)お祝い色は白・黄・金・金茶
「卒」をくずして書くと九十と読めることから卒寿となりました。

●99歳・白寿(はくじゅ)お祝い色は白
「百」から「一」を取ると「白」になり、数も100から1を引いて99になります。

●100歳・紀寿(きじゅ)お祝い色は無色
100年は一世紀を表すことから紀寿といいます。

●108歳・茶寿(ちゃじゅ)お祝い色は無色
「茶」の字を分解すると十十八十八に分かれ、20+88=108になります。

●111歳・皇寿(こうじゅ)お祝い色は無色
「皇」の字を分解すると白一十一に分かれ、99+1+10+1=111になります。

●111歳・皇寿(こうじゅ)お祝い色は無色
「皇」の字を分解すると白一十一に分かれ、99+1+10+1=111になります。

「119歳の頑寿(がんじゅ)」まであります。
奈良時代から続く日本の長寿のお祝いは、長寿大国・日本の世界に誇れる慣習だと思います。

長寿のお祝いの仕方は?

長寿祝いの仕方
長寿の祝いは、昔は本人か家族か親戚や友人を招いて祝いましたが、現代では周りが宴を用意し、そこに当人を主客として招待する方法が一般的です。当人の誕生日や、そのあとの都合のよい日、または敬老の日などに、子供や孫、先輩や世話になった人たちなどが音頭をとり、食事会やお茶の会を開きます。

長寿のお祝いの言葉は、慣習的に「あやからせていただく」といいます。 「お年にあやからせていただくことを願っております」とか夫婦健在であれば「ご夫婦のお仲のよいのにあやからせていただきたいと思います」などと述べ、「いつまでもご活躍ください」などと添えます。

無料イラストなら「イラストAC」 (9860)

現代では還暦といっても、まだ現役で活躍している人も多いでしょうから、お祝いのしかたは本人と相談して決めましょう。

昔は、還暦や古稀に達すると、その年に達した人が、餅をつかせて親戚や知人に配り、子どもや孫を集めて宴をひらいたものですが、最近では知人や親戚などが発起人となって宴を催し、祝意を表すという
ことが多くなってきたようです。

傘寿くらいからは、健康状態を考えて決めましょう。

長寿のお祝いは、昔から数え年の誕生日に祝いました。
しかし現在は、満年齢で祝うことも増えているようです。
ただし還暦は必ず「満60歳、数え年61歳」で祝うとのことです。

日本人の平均寿命も飛躍的に伸び、古くから続く長寿の方をお祝いするこの美しい習わしは、
ずっと継承していかなければならないと思います。

長寿祝いの、お祝い品&金額の相場は?

無料イラストなら「イラストAC」 (9862)

還暦では赤い頭巾やちゃんちゃんこを贈る風習がありますが、その他の長寿祝いでは特に決まったもの
はありません。人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品ではなく記念になるプレゼントや思い出に残る旅行や食事会などを贈るのがおすすめです。もし迷ったときは、傘寿で傘を贈るなど、長寿祝いの名称にちなんだものや長寿祝いの色の品を選ぶとよいでしょう。

プレゼントの金額の相場は、贈る相手が両親の場合は2~3万円、祖父母の場合は1~2万円、親戚なの場合は1万円前後、それ以外の場合は数千円程度とされています。少し高価なプレゼントを贈りたい
場合は、家族や兄弟などと共同購入するのがよいでしょう。

お祝いをしてあげる方の年齢で、お祝いの内容は異なってきます。
還暦くらいの方のお祝いでしたら、旅行やにぎやかに食事会などが思い出に残って良さそうですが、
ご高齢の方のためのお祝いは、十分に体調を考慮して疲れないような配慮が必要です。

家族で十分に話し合って良い「長寿のお祝い」にしたいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP