大還暦、昔寿(せきじゅ)とは、一体何歳と考えますか?

人間は大還暦、昔寿までは長生きできると考えられています。私の周りには100歳以上の長寿の方はおられませんので、想像がつきませんが、長寿国日本の将来には大還暦、昔寿まで長生きされる可能性は大です。そこで大還暦、昔寿について調べてみました。

どうして大還暦(昔寿)というのでしょう。

仲良く長生きしましょう!

仲良く長生きしましょう!

十干と十二支とを組み合わせた干支による暦は、60年で一周する。これを還暦(かんれき)という。大還暦はそれが二周することを意味する。
昔寿 せきじゅ 昔の字を分解すると廿(20)+百となるため。
大還暦は満120歳なんです。人間は120歳までは生きられると考えられているそうです。
2回目の還暦(60歳)ということで、大還暦120歳ということですね。
還暦は赤ちゃんに還ると言われていますので、2度目の赤ちゃんに還るのでしょうか?
昔寿も大還暦と同じ120歳を表現する言葉です。
70歳・・・古希(こき)
77歳・・・喜寿(きじゅ)
80歳・・・傘寿(さんじゅ)
88歳・・・米寿(べいじゅ)
90歳・・・卒寿(そつじゅ)
99歳・・・白寿(はくじゅ)
100歳・・・百寿(ももじゅ)
108歳・・・茶寿(ちゃじゅ)
111歳・・・皇寿(こうじゅ)
120歳・・・昔寿(せきじゅ)
250歳・・・天寿(てんじゅ)
長寿の古希から紹介してみました。
何と!大還暦の先に250歳!天寿があります。2世紀半も生きるのです。凄いですね!

還暦は赤色!それでは、大還暦は何色?

■古希(70歳)・喜寿(77歳)
基本的に「紫色」のものを贈ってお祝いします。

■傘寿(80歳)・米寿(88歳)
基本的に「金茶色」「黄色」のものを贈ってお祝いします。傘寿は「紫色」で祝う場合もあります。

■卒寿(90歳)
基本的に「紫色」のものを贈ってお祝いします。長寿祝いでもっとも多く使用されているのが紫色になります。

■白寿(99歳)・百寿(100歳)
基本的に「白色」になります。百寿は「ひゃくじゅ」「ももじゅ」とも読め、桃色・ピンク色で祝う場合もあります。

長寿のお祝いの色

長寿のお祝いの色

18金の鈴のついたストラップです!

18金の鈴のついたストラップです!

大還暦のお祝いの色がはっきりしません。
120歳ですからね。そんなに頻繁にお祝いのイベントがあるとは考え難いです。
百寿のお祝いには、百という漢字が「もも」と読めるということから、ピンク色ということなのですが、大還暦は、はっきりと示されていません。
また、かなりの長寿のお祝いには、金色のものをプレゼントすることもあるようです。
黄金の色で長寿のお祝いをしてあげるのはいいですよね。

ところで、日本には大還暦を迎えた方はおられるのでしょうか?

1986年に死去した泉重千代(日本人・死亡時年齢120歳と237日とされた)も、2010年までギネスブックに公認されていたが、鹿児島大学医学部助教授の福田正臣が医学的見地より不自然としたこと、週刊読売の戸籍調査より1872年の壬申戸籍に「泉重千代」とはあるものの父母の欄が空白であり、1865年ごろ生まれて早死した兄との混同の可能性があることなど異論が出ている。『ギネス世界記録2010年』では異論に言及し正確性について断言をさけていたが、『ギネス世界記録2012年』ではこれまでに最も長生きした男性として115歳252日で亡くなったアメリカ人クリスチャン・モーテンセンが取り上げられ、120歳とされる泉の記録はギネスの公認から外された。
残念ですね、日本人の「泉重千代」さんの大還暦は取り消されてしまいました。それでは泉重千代さんは幾つで亡くなられたのでしょうか。
1880年生まれという説が信憑性が高いようで、105歳で亡くなられたというのが真実のようです。
105歳ですので、何だかんだといってもかなりの長寿ですよね。

世界の大還暦、昔寿の方はどうでしょうか?

世界記録はなんと122歳!
これまでに確実な証拠のある世界一の高齢記録者は、フランスのジャンヌ=ルイーズ・カルマンさん。1997年8月4日に亡くなりましたが、生まれたのはなんと1875年2月21日! 122年と164日というものすごい長寿記録でした。ゴッホ(1853-1890年)の生誕100年の際には、ゴッホに会った人としてインタビューを受けました。114歳のときには映画に出演し、最高年齢の女優としての記録も作りました。
120歳!!114歳で現役の女優さん!何と素晴らしい!パワフルですね。
長生きされる方はお元気で、行動的ですね。本当に素晴らしい!

これからの日本、大還暦の方は可能でしょうか。

素敵に年齢を重ねて!

素敵に年齢を重ねて!

2013年6月12日に亡くなられた木村次郎右衛門さんは116歳と54日でした。
大還暦も間近でした。
これからの日本には、大還暦の方もおられるかもしれませんね。
120歳まで元気で生きるとしたら、還暦の60歳は丁度半分になります。
今までの60年間を振り返って、今後の60年間の人生設計を作るのも楽しくなります。
さあ!還暦だ!人生これからだ!あと60年!高齢者なんていってられないですね!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP