【端午の節句(子どもの日)】由来と縁起物の飾り方♪

男の子の「端午の節句」。勇壮にして華麗な趣のある五月人形、健やかに、丈夫に、勇敢に育ってほしいと願いを込めて古くから愛されている行事です。だけどどうして5月に鎧を着るの?鯉のぼりの意味は?親心の現れ、端午の節句の飾り物についてまとめました。

端午の節句とは

 (13040)

男の子が健やかに育つよう祈願する 「端午の節句」。 いわゆる「こどもの日」ですね。
この時期がくると、様々な行事や縁起物を飾ったり食べたりしますよね。
今回はその「端午の節句」について調べてみました。
端午(たんご)は五節句の一。端午の節句、菖蒲の節句とも呼ばれる。日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、現在ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われ、国民の祝日「こどもの日」になっている。少ないながら旧暦や月遅れの6月5日に行う地域もある。尚、中国語圏では現在も旧暦5月5日に行うことが一般的である。
旧暦では午の月は5月にあたり(十二支を参照のこと)、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、のちに5が重なるこの月の5日が端午の節句の日になったという。「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日のことだった。後に、「午」は「五」に通じることから毎月5日となり、その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったともいう。同じように、奇数の月番号と日番号が重なる3月3日、7月7日、9月9日も節句になっている

端午の節句に兜(かぶと)や鎧(よろい)、五月人形を飾るのはどうして?

 (13041)

端午の節句(こどもの日)に
五月人形や鎧・兜を飾るという風習は、武家社会の風習が基になっています。

(中略)

武家社会の風習が庶民の間に広がるきっかけは
その「真似」がほとんどです。

端午の節句も類にもれずその通りで、
江戸時代の庶民達が、
武家社会の風習をまねて家の前に棚を作り、
鎧・兜(作り物)や槍、幟などを飾った事がはじまりです。

この時に、神様が降りてくる目印になるようにと
兜の頂の部分に、勇ましい人形の細工物を乗せたのです。

その後、兜から人形が独立して飾られるようになりました。

これが、五月人形の始まりといわれています。

五月人形とは、男子の誕生を祝うとともに、無事に成長し、強く、逞しく、賢い大人になるようにとの願いを込めて、5月5日端午の節句に飾る人形です。
五月飾りは家の中に飾る「内飾り」と屋外に飾る「外飾り」に大きく分かれます。
内飾りには、現在、メインとなっている鎧または兜飾りがあります。また、子供の人形に鎧を着せた若大将といわれるものや、以前は五月人形の代名詞のように言われた桃太郎や金太郎、神武天皇や鍾馗の武者ケース入があります。
外飾りは、鯉のぼり、武者幟で、鯉のぼりは立身出世を祈るためのもので、将来の無事の成長を祈るための内飾りと、質も意味合いも違うので、できれば両方を飾ることが望ましいとされています。
お子様が逞しく、健やかに育って欲しいという「願い」「想い」を込めて昔から端午の節句には、男の子の成長をお祝いして「つるし飾り」を飾ります。
小さい頃、鎧や兜の前で写真を撮ったり、
父親に新聞紙を使って兜と剣を作ってもらい、兄弟で遊んでいたことを思い出しました。
ちなみに、鎧は黒のビニール袋でした(笑)。
今度は自分が親になり、子どものために作ってあげようと思います。

こどもの日に「ちまき」や「柏餅」を食べるのはどうして?

 (13042)

「ちまき」は、「端午の節句」の日にお米をササの葉で包み、五色の糸でしばって供え物とした中国の伝説が、日本に伝わり、「端午の節句」の日に食べる習慣となったと伝えられています。
「柏もち」は、新しい芽がでるまで古い葉を落とさないという柏の木の特長から「子孫がとだえない」縁起物として節句の日に食べられるようになりました。
縁起の良い食べ物には、きちんとひとつひとつに意味があって、何だか凄いなと思います。
そのことを思いながら食べると、さらに美味しく感じられると思います。

鯉のぼり

 (10824)

◎鯉のぼりの一番上につける「吹き流し」の五色は、緑(青)=木、赤=火、黄=土、白=金・金属、黒=水を表わし、この世に存在するすべてのものは、木、火、土、金(金属)、水の5つから成り立つという思想に基づくと言われています。この5つを「五行」と呼び、これら5つの力が合わさることで邪気を祓うという信仰があります。

◎江戸幕府が5月5日を五節句のひとつとしてお祝いの日と定めてからは、武家では男の子が生まれると幟をたてて周囲に男児誕生を知らせるようになりました。

鯉のぼりの色にもきちんと意味があるのは知りませんでした。
こうやって知らないことを学ぶのはとても楽しいものです。
 (13044)

いかがでしたでしょうか。
日本の大切な伝統や風習、意味を知って行うとその素晴らしさがさらに感じられるのではないかと思います。
お子様の成長を願って、ぜひ家族で楽しんで行ってくださいね。
また、これからもこのような素敵な行事を残していきたいものです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP