結婚前の結納は必要なの?その意味や、縁起のいい日って?

結婚が決まったらいよいよ結納の儀式を行ないます。結納とは日本独自の習慣で、両家の結婚の挨拶を行なうものです。婚約の挨拶をし、結納の品を交わします。最近では簡略結納で済ませることも多く、結納金なしで行なうことも出来ます。

結納って必要なの?

結婚式結納金の相場!今時の結納はどんなスタイル? | Bonko Channel♪ (30532)

プロポーズを受けたら、いよいよ結納です。
最近の若い方は結納をせずにそのまま結婚・・・というパターンも増えてきています。
また、結納するかどうかはもちろん本人の自由ですが、結婚は家同士のものでもあるため、婚約の儀式として親世代がやりたいと主張することもあります。
結納をすることによって、両家が結婚に対する意識や、相手に対する誠意を見せることも出来ます。
それによって両家の繋がりが強まるため、結婚後の親戚関係を深めていくことも出来ます。

結納とは?

結納(ゆいのう)とは、将来的な結婚すなわち婚約の成立を確約する意味で品物などを取り交わす日本の習慣。また、そのための儀式及びその品物。

結納の悩みは男性側に負担がかかってしまうこと

結納金の意味は?何に使う?相場はどのくらい? | 冠婚葬祭・法事の雑学まとめサイト (30545)

結納の悩みとは、男性側に負担がかかってしまうことです。
その負担を減らすために、女性側から結納をやらなくてもよいと男性側に伝えることもあります。

結納金の額は?

男性側から女性側へ贈る結納金は50万円、100万円など、キリの良い数字で贈るのが一般的です。金額は両家で相談しましょう。結納金に対する女性からの「結納返し」は、関東は半額、関西では1割というのが多いようです。最近では、お金ではなく品物で返すケースが多いです。関東では最初から結納返し分差し引いて贈ることもあるようです。さらに結納品は平均約20万円。もろもろの総額でのべ130万円くらいになるのが、最近の結納の相場ではないでしょうか。
結納金は必ず必要、というわけではありません。
男性側の負担を軽くするために、結納金をなしにして、結納飾りだけを本来の結納と同じように行なってもよいでしょう。
その場合、男性の立場というものもありますので女性側から結納金を辞退するようにしましょう。

略式結納もあります

仲人を立てても立てなくても、一箇所に集まってその場で結納を納め、受け取り、返すというやり方です。現在では結納を行う大半のカップルがこの方式で行っています。仲人がいる場合は仲人が、いない場合は男性の父親が進行を務めます。

関西では飾り付けは男性のみとなりますので女性側は席を外しておく。女性の自宅で行う場合は男性が到着する前に贈られた結納品を飾って準備しておく事。

男性側のみ結納品を用意する場合
床の間の前(中央)におきます。

結納品を交換する場合
上座に男性側、下座に女性側の結納返しを飾ります。
床の間が左にある部屋は左、右にある部屋は右が上座になります。

結納のメリットとは

当初は僕らの中では、結納をする予定はなかったのですが、
親の希望?で渋々行いました。
しかし、やって本当に良かったです。
とても良い記念になりましたし、結婚の重さも感じました。
何より、両家の親とも本当に喜んでくれました。
若い世代から見ると、結納そのものが無駄に思えることもあるかもしれません。
しかし、実際に結納をやってみると結婚に対する心構えやけじめなどの意識が芽生えます。
また、両家の正式な顔合わせがあることで、両家との強い絆や信頼関係が芽生えるというメリットもありますよ。

結納をすると縁起のいい日とは

天赦日

この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。
天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回ある。

一粒万倍日

一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。

大安

万事に良い大吉の日、何事も成功する日。婚礼によいとされる。

母倉日

天が万物を慈しみ育てるという日。造作・婚姻など万事に大吉とされる日。
2017年お日柄の良い日、大公開! | 花嫁日記 | 三河神前挙式ブログ (30589)

日本人は、昔からお祝いごとはお日柄のよい日にちを選んで儀式を行なってきました。
縁起を担ぐことを、ただの迷信だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、将来の幸せな結婚生活を得るためには、気持ち的にも縁起のよい日を選ぶことが大切だと思います。
いつ行なうかは両家でよく相談されて決めていくとよいでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP