【この魚も縁起物だったの!?】知って得する縁起物の『魚』特集♪

縁起物の魚、と聞いて思い浮かべるのは”めで「鯛」”ですね。お正月やお祝い事のではよくお頭付きで見かけるものですが、鯛の他にも縁起物と言われている魚についてご存知でしょうか。ここでは様々な縁起物の魚についてご紹介します。

"鯛"が縁起物なのはシャレだけじゃない!

 (34708)

魚の消費量が少なくなっている現代、お祝い事だからといって家庭では出されることは少ないかもしれませんが、優勝したお相撲さんが特大の鯛を片手で持ち上げるシーンは毎場所見かけるものですね。
でも縁起物と言われるのはめで「鯛」という名前だけではないんですよ。

1.ご長寿

なんと、タイは体の大きさのわりにご長寿なんです。
平均的な魚の寿命は2-10年がほとんどで、大型のマグロでやっと20年前後。
なのにタイは25年前後、長いものだと40年生きるものもいるんだそうです!

2.体がおめでたい「赤色」

ご存知の通り紅白は縁起物として使われる色で、この感覚は世界的にも同じようです。
生命力がある色、悪除け、魔除けとしても使われる色ですから食卓にあがるだけで縁起がいいですよね

福を呼ぶ「フグ(河豚)=フク(福)」

 (34709)

現在では主に山口県下関~九州北部での呼び名となっていますが、平安時代の書物に「布久(ふく)」という記述もあり、昔からふぐのことを「ふく」と呼ぶ文化があったようです。
これも「福」という発音から縁起物の魚として大事にされていますが、それだけではありません。

ご存知の通りフグには毒があることから、関西では当たるかもしれない「テッポウ」や「テツ」とも呼ばれています。
文禄時代は食禁とされていたにもかかわらず、それでも食べたくて密かに食べられていたほど美味しいものなのです。

人間だけは毒に当たらない(ように処理されて食べられる)ラッキー♪な魚なのかもしれません。

初物がっつり!「初ガツオ」

 (34710)

ただのカツオではありません。「初ガツオ」と呼ばれる季節限定のカツオのことです。
この限定もの、というだけでなんだか有難いですよね。

だいたい3月から4月に九州から四国(特に高知)で水揚げされるカツオが「初ガツオ」と呼ばれて縁起物とされています。
なぜかというと、これが「初物」だからです。

その季節しか食べられないものを他人よりも早めに食べて自慢する=「めでたい」と言われるのは魚だけではありませんが、気持ちはわかりますね。
ただし、お味は秋に獲れる「戻りガツオ」の方が脂がのってよろしいようで…。

出世するなら「ブリ」をガブリ!

 (34711)

いくつかある出世魚の中でも大きくなるのが「ブリ」。

なぜ「出世魚」というかは体の大きさによって呼び名が変わってくるからです。
幼魚名は小さい方から「ヤズ」→「イナダ」→「ハマチ」といって、それぞれ有名で美味しい魚ですよね。

さあ、役職の名前も上向きに変わるようにブリを美味しく食べましょう!

幸せよ、こい「鯉」!

 (34712)

現代人はほとんど食しませんが、昔は神事にも出されていた神聖な魚です。
神社の池にも必ずと言っていいほど鯉が泳いでいますね。

なぜ縁起物と言われ5月の鯉のぼりにもなっているかというと、3千5百年以上も前の中国で登竜山という山を切り開いて作られた急流の門(登竜門)を遡った鯉が昇天して竜になったというお話に由来しています。
確かに、数々の障害を乗り越えて目的を達成した上に竜に出身しためでたい魚、ということですね。

また、鯉は非常に穏やかな性格で同種や他の魚とも争うことがないそうです。
平和の象徴としても大事にしたい魚ですね。

ラッキーアイテム?魚の小物たち♪

食卓にのぼったり鯉のぼりや観賞用としての魚だけではなく、縁起がいいのであれば身に着けておきたいのが小物たち。
実は魚のモチーフを使ったものは結構あります。

風呂敷、手ぬぐい、ハンカチ、バッグ、財布など
風水的にも「恋愛運」「運気の流れをよくする開運」の効果があるそうです。

特に妊婦さんにおススメなのは、「タツノオトシゴ」グッズ。

 (34713)

なんとこのタツノオトシゴ、メスが卵をオスのお腹の袋のなかに産み渡し、卵はオスのお腹で育ち産まれてくるのです。
夫婦円満のシンボルでもあり、メスが苦労をしないという安産の御守にもなっています。

まとめ

縁起物の魚としてすぐに思いつく「鯛」以外にも、意外とたくさんありますよね。
日本語の名前の語呂合わせで縁起物とされているものが多いですが、日本は海洋国でもあり、もともと人も海から生まれたと考えると他の国よりも海にすむ魚に愛着と安心感が沸き起こってくるのもうなずけます。

縁起物として大事に身体の中にいただいたり、観賞したり、飼育する気持ちを大事にしていきたいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP