【お祝い!】桃の節句「ひな祭り」にまつわる縁起物いろいろ

3月3日といったら桃の節句「ひな祭り」、女の子にとって大切な日ですよね。そもそもひな祭りはどういう経緯で始まったのか、ひな祭りに欠かせないものにはどういう意味が込められているのか、少し勉強しておきましょう。

女の子のお祭りであるひな祭り

 (11699)

卒業式をはじめ、色々な行事が行われる3月ではありますが、やはり3月3日のひな祭りは欠かせません。

もともと3月3日は暦の節目とされ、旧暦上は4月にあたるため桃の花が咲く時期と重なり、
桃の節句と呼ばれていました。

古くはそのように女の子とは関係ないものでしたが、
江戸時代ごろになると女の子がする人形遊びと桃の節句が結びつき
いつしか女の子の成長を願う祭りとして定着したようです。

「雛祭り」はいつ頃から始まったのか歴史的には判然とせず、その起源説は複数存在している。平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていた記録が現存している。その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられる。初めは「遊びごと」であり、儀式的なものではなく其処に雛あそびの名称の由来があった。しかし平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。
江戸時代になり女子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、全国に広まり、飾られるようになった。この遊びである「雛あそび」が節句としての「雛祭り」へと変わったのは天正年間以降のことであり、この時代から三月の節句の祓に雛祭りを行うようになったと推測されている。もっとも、この時代には飾り物としての古の形式と、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味合いが強くなり、武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の家財のひとつに数えられるようにもなった。その為、自然と華美になり、より贅沢なものへ流れた。

ひな人形を飾るにも縁起が関係してくる?

 (11698)

災厄をはらう縁起物として扱われているひな人形ですが、
しばしば、ひな人形をしまい忘れると不幸が起こるなどとも言われています。
何事もしっかりとした仕来りがなければ成り立たないですから、しっかりと予習しておくべきでしょう。
■いつ飾るのがよいか

立春(節分の翌日)から2月中旬にかけてが良いでしょう。

遅くとも雛祭りの1週間前までには飾り付けを済ませておきましょう。

旧暦で行う地方や、新暦で出して旧暦まで飾るなど、地方によって異なることがありますので、地方の習慣は確認しておきましょう。

季節の節目の行事ですので、暦の上では「立春」が一つの目処となります。

立春はカレンダーに書かれていない場合もあって、ピンと来ないかもしれません。そのときは「鬼は外、福は内」の「節分」の翌日と覚えておくとよいでしょう。

追儺(おにやらい)の豆まきで厄を払い、清めたところで春を迎え、お雛様を飾るという流れになります。

イラストダウンロード:冬のイラスト|JMC (4128)

■何時しまうのがよいか

3月3日が終わったら片付ける地方が多いのですが、旧暦まで続けて飾る地域もあります。

2週間を目安に、新暦なら3月の中旬頃まで、旧暦なら4月中旬くらいまでの「天気の良い日」を選んで収納しましょう。

節句は季節の節目です。節目を越えていつまでも出しておくものではありません。衣替えを過ぎても冬物を着ているのと同じようなもの、と言えばわかりやすいでしょうか。

こちらも大安吉日を選ぶ必要はありません。

以上見てきたように、特別決まった時期はないため、あまり固く考える必要はないでしょう。

しかし、厳禁な行ないもあり、代表的なものに「一夜飾り」というものが挙げられます。
3月2日にあわてて雛人形を飾ることで、
節目の日にだけ神仏を頼むということはあまりにも都合がよすぎるのではないか
という懸念から、忌むべきこととされているのです。注意しておきましょう。

ひな祭りに食べるもの、どんな意味があるの?

 (11700)

ひな祭りといえば、ちらし寿司やひなあられなどをテーブルに並べますよね。
正月に食べるおせち料理に色んな意味が込められているように、
ひな祭りに食べるものにも何かしら縁起がよくなるようにという意図が込められています。
ひな祭りといえばちらし寿司!
というくらいに定番の食べ物として浸透しています。

が・・・

このちらし寿司、
もともと祭礼の日の料理として作られることが多かったもので
ちらし寿司そのものにいわれはありません。

えっ?じゃぁなんで???

と、思われるかもしれませんが
ちらし寿司は、使われている具材に意味があります。

海老   腰が曲がるまで長生きしますように
れんこん 将来の見通しがいい
豆    健康で、まめに働き、まめに生きる
などです。

ひなあられ

その昔、「ひなの国見せ」という
雛人形を持って野山や海辺へ出かけて
お雛様に春の景色を見せてあげるという風習がありました。

その時に、ごちそうと一緒に持って行ったお菓子!
それが、ひなあられです。

ひなあられは、菱餅を外で食べることができるように。
と、菱餅を砕いて作ったという話が残っています。

言われてみれば、
ひなあられは、菱餅と同じ3色ですね!

白は「大地のエネルギー」
赤(桃色)は「生命のエネルギー」
緑は「木々のエネルギー」を持っています。

ひなあられを食べることで
自然のエネルギーを体内に取り込み
健やかに成長できますようにという願いが込められています。

ひなあられには白・黄色・桃色・緑の
4色のものもありますが、
この4つの色は、四季を表していると言われています。

健康になるためには細かい気配りこそ必要なのかもしれません

 (12498)

こうして見てみると、昔の人はお祭りに用意するものに様々な気配りを込めていたことが分かります。
考えてみれば、健康に育つためにも色々な注意や配慮が必要になってきます。

こうした行事を通して正しい行いを学ぶことで、
結果的に健やかに育つための秘訣が学べるのかもしれませんね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP