【年取り魚】鮭も鰤も昔はお正月だけのごちそうだった?

「年取り魚」という言葉を聞いたことはありますか?「年取り魚」は家族そろってお正月だけに食べられる「ごちそう」なのですが、どんなごちそうなのでしょうか。そんな「年取り魚」の発祥や、そもそも「年取り魚」とは何か?
なぜ「お正月だけのごちそう」なのかをまとめました。

「年取り魚」ってなに?

「年取り魚」とは…

 (27808)

大晦日の年越しの膳に白飯とともにつける魚。
正月に用いる魚は〈正月魚〉〈年取り魚〉といって各地で一定の魚が用いられている
「年取り魚」の読みは「としとりざかな(さかな)」
「正月魚」の読みは「しょうがつうお」
年取り魚は歳神様をお迎えするためのごちそう
魚は神事や祭事の供物として欠かせない縁起物であり、それを年越しの際に用意するという年取り魚の風習は、今日のような物流体制が整う遥か以前の時代から受け継がれてきたものである。かつて海沿いから離れた地域では、魚料理を口にできるのは正月くらいのものであったという。
「年取り」は、新年を迎えるための大切な行事で、正月の用意を早めにすませ、大晦日は夕方、一家一同が食膳を囲んで、1年でもっとも豪勢な料理を食べる。どの家でも早く戸締りして家族だけで「年取り」を祝う。塩鮭のほかに刺身、数の子、豆、など、正月のお節よりも賑やかな食膳になる。
 子どもたちには、年の数だけご飯を食べなさいと、何杯もお代わりさせる。年取り魚の塩鮭も、いわゆる弁当のオカズにする貧相なものでなく、脂ののった太めのものを厚めに切って粕煮にして食べる。つい最近まで、立派な鮭を探しに築地の市場まで出かけた。

「年取り魚」ってどんな魚?

東日本は鮭

東日本は鮭

西日本は鰤

西日本は鰤

西日本の正月には塩ブリが欠かせないものとされ,東日本の塩ザケと好一対をなす。長野県の松本平から木曾川筋を境にして,その北東部ではサケを,南西部ではブリを用いるという。
サケとブリを分ける東西の境界線は、なぜか糸魚川と静岡を結ぶフォッサマグナに近いというのが通説で、実際、フォッサマグナが走る信州松本エリアで習慣が分かれているようです。

ちなみに、サケもブリも大型で豪華なのに加え、塩蔵による長期保存と遠路輸送が可能だったことから、海から遠い内陸でも「年取り魚」として親しまれたと考えられます。

境界線上に位置する長野県では県を東西に2分し、東側の長野市ではサケ、西側の松本市ではブリと混在している。
能都地方では11月・12月に海があれ、それに続き雷が響きます。
その雷鳴をその地方では「鰤起こし」と呼ぶそうです。
この「鰤起こし」は漁師の間で縁起が良いと呼ばれています。
鰤や鮭はサイズも大きく脂ものっていて見た目に贅沢です。
乾燥させたり塩漬けにしておけば生の魚よりも日持ちがし扱いやすくもなります。
特に海のない地方では、現代のように生魚を手に入れることは難しいので、
乾燥させた魚や塩漬けさせた魚を手に入れるしかありませんが、
山を越えて運んでくることになるので、値が張る「高級品」「ごちそう」の部類に入るものだったのではないかと思われます。

鮭や鰤以外にも地域によって違う「年取り魚」

青森の年取り魚 タラ

青森の年取り魚 タラ

秋田の年取り魚 ハタハタ

秋田の年取り魚 ハタハタ

岩手と宮城の年取り魚 ナメタガレイ

岩手と宮城の年取り魚 ナメタガレイ

いわし

いわし

いわしが年取り魚の地域もあります。
イワシや鯛といった魚を年とり魚とする地域もありますし、地域性に富んでいます。
最もバラエティに富んでいるのは東北で、青森でタラ、秋田でハタハタ、岩手と宮城でナメタガレイなどに分かれます。もっと限定的に、米沢鯉の産地である山形の米沢ではコイという例もあります。長野県でも佐久鯉の産地ではコイを年取り魚にします。
 西のほうでは、兵庫県から中国、北九州にかけて、山間部を中心にイワシという地域がけっこうあり、「年取りイワシ」として販売されているそうです。イワシは節分と同様の行事食で、ごちそうという感じはしませんね。もしかすると立春を1年の始まりと考えた時代の名残りでしょうか?

関西の「年取り魚」は?

関西の年取り魚 鯛

関西の年取り魚 鯛

なお関西では大晦日ではなく正月に祝い魚としてタイやブリを食べます。

「年取り魚」を食べることで冬を乗り切っていた?

 (27870)

この季節に大切な栄養素を補給してくれる食品
さけやぶりをはじめとする魚や、肉、卵などは、良質のたんぱく質を多く含んでいます。
こういう食品をあまり口にすることがなかった昔は、年取り魚はたまにしか食べられない貴重なたんぱく源でした。
歳神様にお供えをすると共に、日頃なかなか食べることができない鰤や鮭などの干し魚や塩魚を、お正月のごちそうとして食べることで、寒い冬をのりこえるのに必要なタンパク源などの栄養を摂取していたのでしょう。

最後に…

「年取り魚」「正月魚」
という言葉を今回初めて聞きました。

生の魚が簡単に手に入るようになった現代では
この「年取り魚」「正月魚」という風習がなくなりつつあるところもあるようですが、
以前のように塩鮭や塩鰤を食べるという形そのままではなく、
形を変えて食べています、というブログなどを多く見かけました。

また、鰤は今でもお正月のごちそうとして出てきますので、
そういった意味では昔からの習慣を踏襲しているとも言えるのかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP