端午の節句に【五月人形】【鎧兜】【こいのぼり】正しい飾り方

女の子のお祝いは桃の節句、男の子のお祝いは端午の節句ですが、「端午の節句」とはどんな意味を持つお祝い事であるのか知っていますか?端午の節句にまつわる様々な事や縁起物の飾り方などについて調べてみました。

「端午の節句」とは?

 (11694)

端午の節句の起源と変遷

端午とは
端午の「端」は物のはし、つまり「はじまり」という意味で、「午」は干支や暦に出てくる午(うま)のことですね。
したがって、端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。
しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて(奇数の重なることをおめでたいとする考え方から)、5月5日のことになったとも伝えられています(奇数の重なることをおめでたいとする考え方は、以下の五節句にも関係します)。

元々、端午とは「(毎月の)月の端(はじめ)」の「午(の日)」を指しますが、午と五の語呂合わせと奇数がおめでたいということで5月5日になったようです。
「節」は季節の変わり目という意味。節句は季節の節目に、無病息災、豊作、子孫繁栄などを願い、お供え物をしたり、邪気を祓う行事で「節供(せっく)」ともいいます。
※「節供」は、季節の変り目に神に供えた食物のことです。

人日(じんじつ・1月7日)、上巳(じょうし・3月3日)、端午(たんご・5月5日)、七夕(たなばた・7月7日)、重陽(ちょうよう・9月9日)の5つを五節句といい、中国から伝わりました。
中国の暦法と日本の風土や農耕を行う生活の風習が合わさり、宮中行事となったものが「節句」の始まりとされています。

日付を見て、もうお気づきでしょう。すべて奇数ですね。それも、1月を除いて月と日が同じ数。奇数の数が重なっています。

「節」は季節の変わり目を指します。節句の日に行事をする風習は中国から伝わったものです。5月5日の他にも奇数が並んだり重なる日が縁起がよいとされています。

どうして「端午の節句」に男の子のお祝いをするの?

◆端午が男の子の節句になった訳は?

古来おこなわれていた宮廷での端午の行事も、時が鎌倉時代の武家政治ヘと移り変わってゆくにつれ、だんだんと廃れてきました。しかし、武士のあいだでは尚武(武をたっとぶ)の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになったのです。

やがて江戸時代にはいると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました。また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。

このような時代の変遷のなかで、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられます。やがてこの風習は武士だけでなく、広く一般の人々にまで広まっていきます。

端午の節句の時期は菖蒲の花咲く季節。武士の時代になるとその「菖蒲」を武をたっとぶという意味の「尚武」をかけた「尚武の節句」としてお祝いをするようになりました。

端午の節句に鎧兜やこいのぼりを飾る理由は?

[鯉のぼり/兜/金太郎/柏餅]こどもの日のかわいい無料イラストフリー素材 (4625)

鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜を“戦争道具”と受け取る考えがありますが、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。

 現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

男の子を成長を祈る端午の節句に欠かせない鎧兜(五月人形)は、武士にとって大切な鎧兜が体を守る宝物であったため子どもの無事と安全を守るシンボルとして飾られるようになりました。。
無料素材 | 端午の節句の大きな鯉のぼりと家のイラスト。真鯉・緋鯉・子鯉。 (4624)

鯉のぼりの由来は?

江戸時代、武家では家紋を染め抜いた幟や吹流を戸口に立てていましたが、町民も威勢のいい鯉の滝登りを描いた幟を立てました。
この鯉を吹流のように立体化させたのが鯉のぼりのはじまりといわれ、はじめ幟の先端につるしていた小さな鯉が、やがて独立して大きな鯉のぼりになりました。
これは、中国の黄河の上流にある龍門という急流の滝を登りきった鯉は龍となって天へ昇るという「登龍門」の故事にちなんでおり、鯉は生命力の強さと「立身出世」とを象徴しているのです。

武士の家で鎧兜のほかに家紋つきの幟(のぼり)や吹流(ふきながし)を戸口に立てて飾った一方で、庶民が鯉の滝登りを描いた幟を吹流しのように立体化させたのが鯉のぼりの始まりだと言われています。

5月人形を飾る時期・しまう時期

無料素材 | 五月人形の鎧飾りと弓矢や金の屏風のイラスト。端午の節句のデザインに。 (4623)

5月人形はいつ飾るの?
5月5日の出来れば、10日前から20日前には飾りたいものです。また5月人形を飾る事が重要なので、人形を買ったり、配達してもらうのは大安の日などにこだわる事はありません。むしろ混雑する日曜日や大安の配達を避けるのが賢明です。

● 5月人形はいつしまうの?
季節の節目と意味の節句の由来を考えると、5月5日の節句を過ぎると飾る意義も薄れてしまいます。お節句が済んだらなるべく早めに、遅くとも中旬頃までの天気の良い日にしまいたいものです。

五月人形もひな人形同様節句の少し前に飾り、節句が終わったら速やかにしまったほうがよいとされています。
五月人形はいつまで飾るの
男の子の幸せと成長を祈り、健やかな成長をお祝いする五月人形はいくつになっても飾っていただけます。
一般的に中学生くらいになるまで飾られるお宅が多いようです。
一人一飾りと言われる五月人形は、お子様の厄を取ってくれて身代わりとなってくれる人形(ひとがた)なので、
お子様が大人になられてもお守りとして毎年飾っていただくと良いかと思います。
五月人形は人形(ひとがた)という身代わりのお守りなので、できれば大人になっても飾るといいようです。

端午の節句で用意するごちそうは?

ちまきが3本並んでいるイラスト - 無料イラストのIMT 商用OK、加工OK (4630)

端午の節句に食べる行事食といえば、ブリ、竹の子、カツオなどが定番です。
ブリは成長すると名前が変わる「出世魚」ですし、
竹の子はすくすく育つほか子孫繁栄の意味があります。
カツオはずばり「勝つ男」ということで、これも縁起がよいとされています。
そのほか、有名なのが粽(ちまき)や柏餅(かしわもち)ですね。
この二つは五月人形の段飾りにも、飾り道具として登場します。
ほかにも、赤飯や笹巻きなどを食べる地方もあり、
ご当地それぞれの食文化があることが、よくわかりますね。
出世魚であるブリや、この時期の旬の食材である竹の子やカツオを使った料理や粽(ちまき)、柏餅などが端午の節句のごちそうの定番となっています。
粽は端午の節句のルーツとなるエピソードで、重要な役目を果たしています。

今からおよそ2300年前の中国に、屈原(くつげん)という詩人がおりました。屈原は国王の側近として仕え、その正義感と国を思う強さで人々から大変慕われていましたが、陰謀によって失脚し、国を追われてしまいます。その時の思いをうたった「離騒(りそう)」という長編叙事詩は中国文学の名作となりますが、国の行く末に失望した屈源は、汨羅(べきら)という川に身を投げてしまいました。

その日が5月5日。屈原の死を悲しんだ国民達は、川に沈んだ屈源が魚に食べられてしまわないよう、小船の上から太鼓を叩いて魚をおどしたり、供物を投げ入れて弔いました。

ところが、せっかく川に捧げた供物も、屈原のもとに届く前に悪い龍に盗まれてしまいます。そこで、龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)の葉っぱで餅米を包み、邪気を払う五色の糸で縛ってから川へ流すようにしたところ、無事に屈原のもとへ届くようになったそうです。

こうして粽が誕生し、5月5日に粽を作って災いを除ける風習が端午の節句となりました。また、粽に結んだ赤・青・黄・白・黒の五色の糸は、子供が無事に育つようにとの魔よけの意味を込め、鯉のぼりの吹流しの色に反映されています。

現在粽に用いられているのは、茅(チガヤ)という木の葉ですが、笹やマコモなどの葉を用いることもあります。

粽の由来は中国の故事から来ています。それにしても、もち米を包んだものを五色の糸で縛るようになった理由は、中々奥が深いものですね。
 (4627)

柏餅の由来と豆知識

柏餅(かしわもち)柏餅の柏は昔から神聖な木とされ、柏の木に神が宿っていることから「拍手を打つ」と言う言葉がうまれました。また、新芽が出ないと古い葉が落ちないため「子供が生まれるまでは親は死なない」、すなわち「家系が途絶えない」という子孫繁栄の意味が込められています。

また、柏餅には葉の表を外向けに巻いているものと、裏を外向けて巻いているものがあります。この違いは中身の違いを表しており、小豆あんのときは柏の表を外向けにし、味噌あんなら柏の裏を外向けに巻いてあります。

柏が手に入りにくい西の地方では、丸い形をしたサルトリイバラの葉が使われることが多いようです。

柏の葉には「家系が途絶えない」という意味があるため、子孫繁栄を祈る意味で、お餅を柏の葉でくるんだ柏餅が食べられるようになったようです。

端午の節句といえば「菖蒲湯」

無料素材 | 端午の節句の菖蒲湯に入る男の子のイラスト (4622)

端午の節句の伝統的なしきたり
しきたり 備考
●菖蒲湯
(しょうぶゆ) ◎菖蒲の葉には邪気を祓う力があるとされ、端午の節句の日に菖蒲の葉を(一部の地域では根も用いる)入れて湯をわかして入浴します。
葉には強い香りがあるため、この香りが邪気を祓うという説もあります。

◎菖蒲の葉から抽出されるオイルには、結構促進効果があるとされています。
●菖蒲かざり ◎菖蒲の葉やよもぎの葉を結んだものを軒下につるすのは、菖蒲には邪気を祓う力があるとされているからです。
枕の下に敷いて寝るという地方もあるようです。

<菖蒲湯の準備>

鮮やかな緑と清々しい香りは、まさに和み系のアロマバス!
お風呂に菖蒲を入れるだけですが、ちょっとしたコツでより一層豊かな香りが楽しめます。

● まずは菖蒲の準備から。香りは葉から、血行促進や保温効果は茎の部分になりますので、両方を10本ぐらい用意して束ねておきます。(バラで使用する時は、風呂釜などに詰まらないようご注意ください)

● 沸かし湯の場合なら水のうちから菖蒲を入れ、少し高めの温度に沸かしておくと香りが増します。その後お好みの温度にぬるめて入るといいでしょう。

● 給湯式の場合には、浴槽が空のうちから菖蒲を入れ、やはり42度~43度の高めの温度で給湯し香りを高めてから、冷まして入ると効果的です。

<菖蒲湯の入り方> 
普段通りに入浴すればいいのですが、湯船に浮かんだ菖蒲を使い、昔ながらの遊びはいかが。
【鉢巻 】
湯船に浮かべた細長い菖蒲の葉を一本とり、頭に巻いて鉢巻に。「こうすると健康で頭が良くなるんだよ」とおまじないも忘れずに!

ここでは菖蒲湯の作り方、入浴方法についてご紹介しました。消毒効果もあると言われている菖蒲湯は、赤ちゃんが入っても害はないとのことですので、端午の節句に親子で菖蒲湯を楽しむとよいかもしれません。

まとめ

男の子の健やかな成長を祈るという意味も込められた端午の節句のお祝いも、その由来を知るとより味わい深いものです。古来より伝わるこのような行事や風習は、世代を超えてぜひ受け継いでいきたいものですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP