長寿祝いの代表格【米寿】、家族みんなでお祝いしましょう

【米寿】といえば88歳!いやいや、数え年か満年齢かご存知ですか?言葉は広く知られていますが、年齢が曖昧な方が実は多いのです。どんなお祝いをするのか…由来や贈り物の例を交えて長寿大国日本の独特の文化をご紹介します。

米寿の由来

「米寿」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (31836)

数え年八十八歳のお祝いを「米寿」といいます。「米」という字を分解すると「八」「十」「八」と読めることからそう呼ばれ、”米の祝い””こめの字祝い””よねの祝い”ともいわれました。
米寿の由来は「米」の文字を分けると八、十、八となる事から末広がりの八が2つ重なる大変おめでたい年と言われています。
またここでのポイントは数え年。本来、米寿は数え年で88歳を迎える年にお祝いをします。
数え年と言うのは、辞書によると「生まれた年を1歳として、新年を迎える度に1歳を加えて数える年齢」とあります。ですから、普段私たちが使っている満年齢で言うと87歳に相当します。

米寿=88歳と言うのは浸透していますが、これが数え年なのか満年齢なのかをきちんと把握されている方は少ないので、現在では満年齢で88歳を迎えてお祝いする人も多いようです。

長寿のお祝いの始まり

長寿のお祝い|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (31837)

賀寿(歳祝い)とはさらなる長寿を願ってするお祝いで、日本では奈良時代からその習慣があり、江戸時代に入り一般的な風習として広まったといわれています。
 奈良時代の頃は中国の風習を取り入れ、当時は寿命も長くないため40歳以降から10年おきに「四十の賀」「五十の賀」と祝っていました。それが次第に変化し江戸時代の頃には、家長は還暦(数え年の61歳)を迎えると、引退して家督を後継者に譲るという、長寿のお祝いというよりも『家系が絶えることなく、さらなる繁栄を願う儀式』といった意味合いが強かったようです。そこからさらに現在の風習に変化していきました。
長寿のお祝いって日本特有の文化と知っていましたか?
還暦は、室町時代より始まったと言われていますが、多くの人が30歳までにはで亡くなっていたご時世。そのような時代の中で60歳というのは、大往生。長寿の証。
時代を経るにつれて人々の平均寿命もぐんぐん伸びていき、今や80歳を超えるまでになりました。元々は88歳の米寿で長寿のお祝いはおしまいでしたが、長生きされる方が多くなった現代では、その後90歳の卒寿、99歳の白寿などが追加されています。
年祝い一覧
・還暦(60歳)  色:赤
・緑寿(66歳)  色:緑
・古希(70歳)  色:紺・紫
  ※古稀ともいう。
・喜寿(77歳)  色:紺・紫・黄・辛子
・傘寿(80歳)  色:紫・黄・辛子金・金茶
・米寿(88歳)  色:黄・辛子・金・金茶
・卒寿(90歳)  色:黄・辛子・金・金茶
・白寿(99歳)  色:白
・百寿(100歳) 色:白
  ※上寿、紀寿、百賀ともいう。
・茶寿(108歳)
・珍寿(110歳)※椿寿ともいう
・皇寿(111歳)
・大還暦(120歳)※還暦の2倍

どんな風に米寿をお祝いするの?

還暦祝いには赤いちゃんちゃんこなどを贈るしきたりがあり、一般的にもよく知られていますね。
これは「暦が一巡し、赤ちゃんに戻る」という意味からきているのです。米寿の場合は色が赤ではなくて、金茶色になるというのが一般的です。

また「米の祝い」と呼ばれることもあるようで、昔は祝いの会を催し、招待者に枡の斗掻や火吹竹を贈る風習があったとも言われます。最近では金茶色の衣類や日用品を贈ったり、お米にまつわる商品を贈るなど工夫を凝らしているケースも多いようです。

米寿と言えば金色のちゃんちゃんこを羽織ってお祝いすることが定番ですが、1番大切なのは、米寿を迎える本人が喜ぶようなものを贈るということです。
ご高齢なので、健康状態も人によって様々ですので、十分な配慮が必要です。
金色のちゃんちゃんこ

金色のちゃんちゃんこ

米寿のお祝いにオススメのプレゼント

八十八歳米寿の祝い|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (31835)

高齢になるにつれて物欲は減っていくとも言われています。実用的な物は除いて、高価なものよりは、思い出…例えば、一緒に旅行をしたり、写真館で家族写真を撮ったりすることはいかがでしょうか?

カタログギフト

カタログギフト
温泉宿泊券やグルメなど多数の商品から選ぶことのできるカタログギフトです。せっかくの機会ですので、旅先でご家族みなさんで賑やかにお祝いをするというのも思い出深いですね。

写真館での記念撮影

写真館での記念撮影
子供の写真館で有名な全国展開のスタジオアリスですが、こちらでは家族写真を撮ることもできます。家族の節目節目に写真館で写真を撮ると、より絆が深まりますね。

お誕生日新聞

お誕生日新聞
自分の生まれた年やピックアップした年の新聞を読むことができます。懐かしい思い出と共に、一気に昔話に花が咲きそうですね。

家系図

家系図
どこまでさかのぼって調べることができるかは、人それぞれではありますが、お子さんやお孫さんなど下の世代が増えていくので、豪華な家系図になることと思います。一族全員に関わっていることなので、お祝いの場でお披露目すれば、盛り上がること間違いなしです!

似顔絵入り寄せ書き色紙

似顔絵入り寄せ書き色紙
似顔絵入りの寄せ書きやポエム、ハンドメイドの寄せ書きなど家族の愛情を十分感じられる一品だと思いますので、大変喜ばれるでしょう。

今日まで元気に長生きしてくれたことへの感謝を込めて

八十八歳米寿の祝い|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (31841)

88歳という年齢は、長生きされる方が増えている現代でも、平均寿命を超えているので、本当の意味で長寿と言えますね。88歳まで健康で米寿祝いを受けられるとすれば、尊敬に値しますし、家族全員の幸せでもあります。

米寿のお祝いは、祝ってもらう当人だけでなく、祝う側にとってもいい思い出となるはずです。
そのためにも、家族一丸となって心をこめたお祝いをしたいものですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP