【結婚が決まった!】結納の際に用意する縁起物って何?

プロポーズをうけていざこの人と結婚!その前にする事といえば「結納」ですよね。本人たちだけでなく両家に関わる大切な儀式ですので、きちんと知識をつけておきたいです。そこで今回は結納の際に必要な縁起物をまとめてみました。

結納とは

 (11659)

二人にとりましては、気持ちの上で大きな節目になり、また責任や覚悟を新たにする大事な式となります。 また、両親につきましては、考え方や、生活習慣の違う両家がこの結納を通して歩み寄り、二人の婚儀をスムースに運ぶ潤滑油にもなり、今後の親戚付き合いをするうえで、お互いが尊重し合いながらお付き合いができることでしょう。
相手の事を知るというのは、当人同士だけではだめという事です。
両親同士も仲良くなると、こちらも嬉しいですよね。
 (13757)

婚式から逆算して3ヶ月から半年前までの間に。大安など吉日を選ぶのが一般的ですが、両家が集まりやすい休日を優先するなど最近ではあまり気にしない人も増えているよう。
結納とは、正式に婚約を調える儀式。古くからのしきたりにそって結納品などをとりかわす女性宅で催すなど、地域によってやり方はいろいろ。最近では式場やホテルの「結納パック」を利用するパターンも一般化している。
顔合わせ食事会は、結納品は用意せず、婚約指輪などの記念品を交換するケースが多い。特に決まった流れや儀式性はなく、料亭やレストランを利用して両家の親睦を深める意味合いが強い。
現在では結婚が本決まりになったことを示すようです。
そのうえで親戚同士が知り合って和気あいあいと会話し、これによって絆を深めるという事だそうです。

結納に必要な物

目録

目録

地方によって違いますが、これが正式な儀式の一つです。
•記念品(同時交換の場合)
•結納返し(同時交換の場合。結納金のお返しも含みます)
•受書(同時交換の場合)
•家族書・親族書
•祝儀扇子(房付きの金銀扇子)
•掛軸
•広蓋・切手盆、袱紗
•毛せん(男性側で用意しない場合)
•風呂敷
•祝膳(自宅で会食を行う場合)
•桜湯
•引き出物(男性側へ、お帰りの際にお渡しする)
•仲人へのご祝儀(いる場合)
•服装(振袖、かしこまらなければスーツかワンピース)
これは結納の一つの流れだそうです。
数多くの縁起物が出て、今後の結婚生活を祝おうというものですよね。
これは地域差もありまして、関東式ですと以下の通りになります。

関東式結納品九品目

・目録(もくろく)
結納品の品名、数を書いたもの。

・長熨斗(ながのし)
長寿の象徴で、あわびを干して長く伸ばしたもの

・松魚節、勝男武士(かつおぶし)
男性のたくましさの象徴で、中身はかつお節

・子生婦(こんぶ)
子宝に恵まれるという意味と「よろこぶ」にかけた昆布

・家内喜多留、柳樽(やなぎだる)
祝い酒の意味で、現在は酒のかわりに現金を包むことがほとんど。

・末広(すえひろ)
純真無垢と末広がりの意味を表す、純白の扇子

・友志良賀(ともしらが)
白い麻糸で、ともに白髪になるまで仲睦まじくという意味

・寿留女(するめ)
祝い事の酒肴として、また不時の備えという意味のするめ

・金包(きんぽう)
結納金を包んだもの。男性側は「御帯料」女性側は「御袴料」と書く

 (11665)

正式な結納の品は、熨斗(のし)・末広(扇子)・結納金 ・柳樽料 ・松魚料  の5点以上です。
結納の品は奇数になるようにします。偶数は割り切れるので縁起が悪いとされています。
偶数はだめというわけです。
また部屋の準備もある程度のルールがあります。しっかりと知っておくと何かとお得ですよ。
結納品は、床の間のある和室で行います。
床の間は、縁起のよい掛け軸にかけかえ、花をいけます。そして、そこに、白木台にのせた結納品を置きます。婚約指輪(記念品)は別の白木台にのせ、家族書・親族書は片木盆(自分のほうを表すものなので、白木台は用いません)にのせます。縁を結ぶということで、片木盆の継ぎ目が正面になるようにします。
床の間のない和室で行う場合は、上座に当たる場所に台を置き、あれば緋もうせんを敷いて結納品を飾ります。
 (12452)

このように、結納と縁起物は密接な関係にあります。
結婚をお祝いするのですから、しっかりとした縁起物や作法で迎えたりするのは重要で、
それが今後の結婚を左右するものだったというわけです。
現在はそれほど形式ばっていませんが、
それでもしっかりとしておけば、今後の結婚も生活もうまくいきそうですよね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP