お正月は最古の行事。起源や由来、歴史について

一年のはじまりのお正月。家族みんなで集まっておせちを食べたりお年玉をもらったり、一年のうちでももっとも楽しい行事のひとつですが、本来のお正月とはどういったものなのでしょうか。ここでは、知っているようで実は知らないお正月の起源や由来、歴史などについてご紹介します。

お正月の起源

 (34990)

お正月は、日本の行事の中でも古くから存在しますが、その起源は詳しくわかりません。一説には仏教が伝来した6世紀にはお正月は存在していたとされています。お正月は元々お盆と同様にご先祖様を祀る行事でした。仏教が徐々に日本国内に浸透し、影響が増すにつれ、お盆は仏教行事である盂蘭盆会(うらぼんえ)と融合していき、先祖供養の行事としての意味合いが濃くなります。一方、お正月は歳神を迎えてその年の豊作を祈る祭事としての性格が強くなります。また、一年の始まりである正月は春の始まりでもあり、「立春」とも捉えられたので、人々は春がもたらす生命の誕生を喜び合い、神様への感謝をあらわすようになり、お正月として定着しました。このため、「めでたい」はもともと「芽出度い」で、新しい春を迎え芽が出るという意味があり、「明けましておめでとうございます」は本来、年が明けて歳神様を迎えるときの祝福の言葉だったのです。

お正月の由来

「正月」とはもともと、暦のはじめの月という意味です。また、3日までを三が日、7日あるいは15日までを松の内といいます。「正月」は中国の秦の始皇帝の降誕月である「政月」が「正月」に変化したという説、「あらためる月」が「正月」となった説などがあります。お正月は古くから元旦に新年の神様である年神様(としがみさま)が1年の幸福をもたらすために家々に降臨するといわれていました。年神様とは田の神や山の神でもあるため、子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わるとされます。これを「正月様」や「歳徳神(としとくじん)」などともいいます。このため、多くの幸せを授けてもらうために年神様を迎え入れてお祝いすることが、さまざまな正月行事や風習となったのです。「新年を迎える」や「一年の計は元旦にあり」といった表現は、年神様を元旦にお迎えすることに由来していて、お正月の行事や風習には、年神様をめぐるさまざまな意味合いがあるのです。

お正月の歴史

お正月の歴史は古く、仏教が伝来した6世紀半ばには存在していたと考えられます。平安時代の後期になると、現在と似たような家の前に松を飾る習慣があったとされ、鎌倉時代になると「徒然草」の作者である吉田兼好が、「京の都では元旦の都大路にたくさんの門松が連なって華やかな様子だった」と記しています。このため、少なくともこの時代までには新年をお祝いする風習は定着していたと考えられます。そして江戸時代になると一般庶民の間でも門松や鏡餅などを手軽に手に入れられるようになったため現在のような門松やしめ飾り、鏡餅などを飾るお正月の慣習が定着していきました。ちなみに、中世から近世になると飛脚が発達し、江戸時代の中頃には町飛脚という職業が誕生したことから、現在の年賀状のような新年の挨拶を書いた手紙を送りあっていたと考えられています。同じくおせち料理が一般的に食べられるようになったのも江戸時代になってからのことです。

お正月の習慣は変化を続けている

このように、お正月はもともと歳神様を迎えてその年の豊作を祈る行事がはじまりとなり、貴族から庶民へと広まっていきました。鏡餅や門松、おせち料理などの習慣が広がっていったように、近年では年賀状がメールに変わっていくなど、変化を続けながら今日まで続いています。ただ、新しい年を迎え、一年が良い年になるようにと願う本質は変わっていません。お正月の起源や由来、歴史を知り、改めてお正月の迎え方を考えてみてはいかがでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP