正月の時期に大事にしていくべきことは何か

正月というと今と昔ではかなりその考えた方に大きな違いが出てきたように感じます。特にそう感じるのが正月をどういう風に考えているかというのがあります。昔は庶月になると本当に新年を祝う気持ちが誰もが多く持っていたように感じました。ですが、最近はそういう風に思う人が若い人を中心に減っているように思います。

今の正月から見える今の正月の考え方

実際に今の正月と昔の正月のどこが大きく違うと感じるかというと一番感じるのは年賀状を出す人が極端に減ったという点です。確かに今の時代は昔とは違って簡単に誰とも連絡が簡単にできるというのがあります。なので年賀状を使う意味がないと思ってしまう人が若い人を中心に出てきてしまうのは仕方ないと思います。ですが、いくら簡単に誰とでも連絡が取れると言っても年賀状は正月に欠かせない物というのがあります。ですが、若い人を中心にわざわざ年賀状を出すのが面倒と感じる気持ちも理解できます。ですから、そこはもう若い人と年配の人で年賀状に対する考え方が全く違ってしまったというのがあります。なのでこういう事ひとつ取っても正月のあり方が変わったように思います。

正月には縁起物を食べるのが普通だったのが今は違う?

 (34981)

昔から正月にはおせち料理を食べるのが当たり前でその習慣自体は今も残っています。ですが、そのおせち料理も今と昔とでは大きく変わったように感じます。昔はおせち料理というと縁起物が入っていてそれを食べるためにおせち料理を食べるのが普通でした。ですが、今ではおせち料理を縁起物を食べるために食べるという感じでなくなってきたというのがあります。その点においても若い人と年配の人とでおせち料理の考え方が大きく変わってきたと感じます。やはり年配の人はおせち料理というのはごちそうであってさらに縁起が良い物を食べるというのがありました。ですが今の若い人はそもそもおせち料理を縁起物と考えずただ美味しい物を食べるという風に思っている人が多くなってしまったというのがあります。

正月の縁起物がドンドン減っている事実

 (34980)

また正月の縁起物は年々減っていて昔は当たり前だった物が今はなくなってきているというのがあります。その代表的なのが昔は多くの家の前にあった門松やしめ縄です。まだこれらを置いている家もありますがほぼなくなったと言っても過言ではないです。特に衝撃なのがしめ縄すらしない家が昔と比べてはるかに増えたというのがあります。やはり若い人は門松だけでなくしめ縄も家に飾るのはカッコが良いと思わないというのが大きいです。ですから、いくら縁起物でも見栄えが気に入らないという理由でしめ縄を全く使わないという人が多くなっています。なので今の正月と昔の正月とではかなり様子が変わってきたというのがあります。でもそれも時代の流れかなとも思います。

正月が昔と今で大きく変わった大きな理由

実際に昔と今の正月がここまで大きく変わったのはどうしてかというとそれはやはり正月という行事自体がかなり若い人と年配の人とで考え方が違ってきたというのがあります。若い人の中にも正月がめでたいという意識を持っている人もいると思います。ですが圧倒的に年配の人と比べるとそう思っている人は少ないです。若い人の多くは正月になってもただ新しい年になったくらいにしか思っていない人が多いです。そこらへんの考え方の違いが年配の人と若い人で正月の縁起物に対する考え方も変わってきた原因のひとつになっていると言えます。なのでこれから先もさらに今以上に正月の縁起物に対する考え方が変わっていくというのが考えられます。

若い人と年配の人でどういう点で一番考え方に違いがあるか

実際に正月に対する考え方で若い人と年配の人でどういう違いがあるかというと若い人は正月はただのお祭り騒ぎをする時期というのがありますが年配の人は正月を心から祝うという違いがあります。なので正月には縁起物を色々用意しないといけないと考える人はどうしても年配の人という事になります。なので若い人が正月に縁起物を用意しないといけないと考える人はあまりいないです。その点で年配の人と若い人で正月の考え方に大きな違いがあります。その傾向は年々強くなっていて今では正月の家族の過ごし方自体も昔と違ってきていて正月と縁起が良いという事が全く結びつかないでただの長期休暇の時期と思っている人もいます。なので年配の人と若い人で正月に対する考えが大きく変わっています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP