始まりの地、奈良におけるいろいろな縁起のご紹介!

日本国発祥の地とされる奈良。国宝建造物は国内最多で、文化や歴史にも様々な影響を残してきたのですが、縁起物もそれゆえか近場の大阪や京都とは違った物がちらほら。今回はそんな奈良の縁起物や縁起のいいものをご紹介しようと思います

宇陀金ごぼう

 (32458)

明治初期から「大和」または「宇陀」の名で京阪神市場にその名を知られていた。肉質がやわらかでゴボウ特有の芳香が高い。雲母を多く含んだ土壌で栽培されるため、付着した雲母が光り、縁起物として正月のおせちに珍重される。
土壌と温度差などによる土地特有の味、質に加えて
含まれている雲母が金色に光る為に金ごぼうと呼ばれて縁起物とされています。
ごぼう自体おせちによく使われますが、その中でもこれは中々に感じる物がありますね!

文様割箸

 (32464)

『文様割箸』は、小判型と呼ばれる表面が真っ平らな“割箸”の表面と裏面の全面に、レーザーカッターで日本の文様の彫刻を施した割箸。“割箸”に文様を加える事で、「思わず写真を撮りたくなる」「思わずお手拭きで拭いてもって帰りたくなる」「いままでわざわざ使われなかった場で使いたくなる」といった「割箸の新たな使用シーン」という価値を提案。

さらに、“割箸”の元である二本離れた“お箸”は人と神様を結ぶ“橋渡し”の道具ともされており、この割箸を保管して、お守りとしても使用できるようです。

また、『文様割箸』の模様にはそれぞれ意味があり、それによって使用するシーンを使い分けることができます。例えば、市松模様であれば必勝祈願の意味を持ち、勝負の日に使用するとか、大事な試験の日に使用するのも良さそう! 亀甲模様であれば、健康長寿を意味しているので、敬老の日や還暦祝いの食事にぴったりです。

他にも麻葉文様は子孫繁栄。矢羽根文様は良縁祈願などなど
これもまた験担ぎとして中々のものではないでしょうか

善照寺の冨生の松

 (32545)

境内に蓮如上人と親鸞の銅像が立っており
安堵町で初の小学校を開いた寺院、なのですが
 (32469)

根元の土が流れてしまい、根がむきだしになった状態で生えているものを「根上がりの松」といい、盆栽などではわざとこのような形に造る。町中の寺の境内にこのような形であるのは非常に珍しい。「根上がり」が「値上がり」に通じ、商売や相場をする人たちから縁起が良いと信仰を集めていたそうだ。
これは凄いですね! 樹齢はおよそ300年ほどだそうで
力強さを感じられるいでたちからも、なんだか御利益がいただけそうな気がしてきますね。

大神(おおみわ)神社

 (32472)

大神神社は、日本最古の神社といわれています。ご神体は三輪山そのもので、本殿はなく、拝殿から三ツ鳥居を通して山に向かって拝みます。三輪山は国を開いた大物主大神(大国様)が御魂を留めたという霊山。「パワースポット」と称されるよりはるか昔から「神の宿る山」として崇められてきた聖地です。ご神体の三輪山は、古くから一木一草にいたるまで斧で伐採することを許されていないそうです。松や杉、ヒノキなどの大樹が生い茂る参道は、どこか懐かしくて優しい雰囲気に包まれていました。
日本最古の神社という部分もですがご神体が山という凄まじさ。
参拝の際には、ご神体に登る。つまり神域ということで荷物はロッカー
水分補給の飲み物はともかく、タバコや食べ物などは禁止の状態で登る必要がありますが
不思議な物を見ただとか体調が良くなったとか、とにかく縁起もよく
パワースポットとしても有名ですね

この他にも……

 (32475)

因幡の白兎を助けた神話を踏まえたとされる『なでうさぎ』
こちらは撫でた部分の痛みを癒してくれたり願いを叶えてくれるという縁起物に加え
夫婦岩(めおといわ) | 大神神社(おおみわじんじゃ) (32477)

縁結び・夫婦円満のご利益がある夫婦岩など、大神神社にはたくさんの縁起があなたを待っています!

最後に

いかがだったでしょうか? 日本には縁起のあるいわくや良いとされる物など数多くありますが
今回挙げた物、場所はその土地、場所ならではと言えるかと思います。
ご利益であれ超常的なパワーであれ、験担ぎであれ神頼みであれ
そこの価値といいますか状況を変えてくれならそれでよし。
人にはなかなか言うことができない悩みをもっているだとか、
最近ツイてない、という方は是非一度訪れてみてください。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP