【9月9日】1年で最も大切な重陽の節供【知ってる?】

中国から伝わり平安初期から日本でも祝われるようになった九月九日の重陽(ちょうよう)の節句。五節供の中で最も重要なものとされています。今ではあまりなじみがありませんが邪気を祓い不老長寿を願う、大切な節日です。その風習について知っておきましょう。

一年間で重要な”五節供”あなたは知ってる?

1年間の重要な五つの節句。1月7日(人日じんじつ=七草)・3月3日(上巳じようし)・5月5日(端午たんご)・7月7日(七夕しちせき)・9月9日(重陽ちようよう)の五つ。
その中で最も大事なのが、今回ご紹介する重陽の節供です。

九月九日=重陽の節供ってどんな日??

Free illustration: Numbers, Nine, 9, Drop Shadow - Free Image on Pixabay - 1487233 (17113)

古来中国では、奇数はよいことを表す陽数、偶数は悪いことを示す陰数と考え、その陽数が連なる日は、めでたい反面、不吉なことが起こると考え邪気祓いをしたのが五節供の始まりです。その中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節供」と定め、不老長寿や繁栄を願うようになりました。
今ではなじみがないかもしれませんが、一年の疲れを取り除き神様に感謝をする重要な節供です。
9月9日は重陽の節供。
陰陽道では、奇数を陽の数、偶数を陰の数とし、奇数で最も大きな数である9が重なるゆえに「重陽」。
別名、菊の節供とも呼ばれ、この日に菊花をお酒に浸したものを飲むなどして、無病息災を願います。

重陽の日には、茱萸(しゅゆ)の枝を髪に差して高いところに登ったり、茱萸袋と呼ばれるものを柱にかけて災いを避けました。
茱萸の香りが邪気を祓うと考えられています。

九月九日は菊の節供とも

欠かせない縁起物”菊”

欠かせない縁起物”菊”

菊には邪気を払う力があるといわれています。自分を厄災から守り、長寿にしてくれる縁起の良い花とされています。
花言葉の由来

花言葉の「高貴」「高尚」「高潔」は、気高く気品に満ちたキクの花姿に由来するといわれます。

この日に菊をもちいる風習は早くより日本の宮中行事に取り入れられ「菊合わせ」といって菊を愛でる宴が天武天皇十四(686)年に行われたのが初めといわれています。平安初期、九月九日は重陽節として宮中の儀礼となり「観菊の宴(重陽の宴、菊見の宴)」が催されました。杯に菊花を浮かべた酒(菊酒)を飲むほか、「菊のきせ綿」といって、菊綿(前の晩に菊にかぶせて露でしめらせた綿)で身体を拭いて長寿を願ったりしました。

試してみたい!菊に関する雅な風習

菊酒

菊酒

重陽の節供において、長寿を願うために菊酒が飲まれてきました。菊には疲労回復や食欲増進効果があるとされています。
菊を身にまとう

菊を身にまとう

着物の染料に菊を使ったり、菊の模様の着物も好まれました。着ることで薬をまとう、また、菊の模様で魔を破おうとしたようです。
美肌パック!?”菊の着せ綿”

美肌パック!?”菊の着せ綿”

9月8日の夜、満開の菊花の上に 真綿(まわた=カイコからとれる綿) をのせて就寝します。翌9日の早朝、 露をふくみ、菊の香りが移された真 綿で顔や体をぬぐえば、寿命がのび、 若返るとされてきたのです。重陽の 朝、露をふくんだ綿をとる女性たち の姿は、菊花に映えて、さぞ美しか ったことでしょう。
旧暦の九月九日は現在の十月二日ごろ。
女性たちは美しい肌を保つために菊の着せ綿をしていたと言います。
江戸時代には都市部の人々にも広まっていったそうです。なんとも雅な風習ですね。
あまり知られていませんが、菊は漢方の生薬としても使用されています。
主に、消炎、沈静、解熱、血圧下降という効能があります。
菊=延寿の花というのは、あながち間違いではないかもしれません。

菊に並んで欠かせないのが”栗”と”芋”

かつて高価だった菊の代わりに庶民は栗や芋を用いてお祝いしました。
実りの多い秋は神様に感謝し、実りをもたらしてくれた大地に眠る先祖に感謝をささげました。

栗=体力回復に効果あり

栗ご飯を炊いて節供を祝う

栗ご飯を炊いて節供を祝う

食物が今のように豊富ではなかった時代において、でんぷんが多く含まれている栗は貴重なものでした。ミネラル成分も多く含まれているので夏の疲れが出てくる秋にピッタリの食べもの。重陽の節供では、栗ご飯を炊くなどして食べられていました。

芋=多産の象徴

貴重な栄養源である芋

貴重な栄養源である芋

芋は、たくさんなるので多産の象徴として縁起ものだった
現代では、栗も芋も簡単に手に入る食材です。
重陽の節供には、菊酒と一緒に、栗と芋のお料理を用意してみてはいかがでしょうか?

まとめ

あまり知られていない九月九日の重陽の節供。実はとても縁起の良いおめでたい日です。
今年はぜひ大切な人とお祝いしてみませんか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP