ハロウィンならカボチャ!なぜなのか理由を知っていますか?

近年では毎年ニュースでも紹介されるハロウィン。すっかり、定着しつつありますが、もともとは死者のためのお祭りで、宗教的な意味合いが強くありました。今回はハロウィンのシンボルであるカボチャに焦点をあてて、なぜカボチャを使うようになったのか見てみましょう。

日本でも定着しつつあるハロウィン

ハロウィン | GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0 (16398)

ハロウィンといえば海外のお祭りでしたが、近年では毎年ニュースになっていて定着しつつありますね。
仮装してお菓子をもらったり、仮装した人々が集まって歩いたり色々な楽しみ方があります。
しかし、仮装だけでなくハロウィンといえば、カボチャはかかせません。
でも、意外となぜカボチャが重要なのかや、仮装するのか知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はカボチャにスポットを当てて解説します。

ハロウィンの起源は?

無料の写真: 個人, 人間, ハロウィン, カーニバル, 気味の悪い, 顔, 吸血鬼 - Pixabayの無料画像 - 1024669 (16397)

数千年前の古代ケルト民族の祭り(Samhain)が起源と言われています。
古代ケルト民族は、1年の終わりを10月31日と定め、その夜を死者の祭としました。それは死者の霊が親族を訪れる夜であり、また悪霊が 横暴し、子どもたちをさらったり、作物や家畜に害をなす夜でもありました。死者の霊を導いたり、また悪霊を払いさったりする為、焚き火は不可欠なものとなったのです。
数千年前とかなり古くからあるんですね。日本でも死者のために行う、お盆などの行事があります。
ハロウィンの起源を見ていくと、数千年も前と古代からあったようです。
ただし、引用にあるように古代ケルト民族の祭り(サウィン祭と呼ぶそうです)だけではなく、
その他にも古代ローマの祭りやキリスト教の行事からも影響を受けているようですね。
研究者の方々が色々と調べてはいるのですが、
古すぎて正確なことまでは分からないといったところでしょうか。
いずれにしても、原型は大昔からあったのは確実のようです。

なぜカボチャが登場したの?

魔法をかけるハロウィン衣装の女の子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (16400)

ハロウィンの起源になったとされる、古代ケルト民族のサウィン祭りですが、
魔除けの仮面を被って、魔除けの焚き火をして祭ったそうです。
火は神聖な物と世界各国で考えられていて、日本のお盆でも送り火をしますね。
しかし、カボチャは出てきません。
サウィン祭りから受けた影響は、魔除けの仮面を被るということから、仮装する習慣になります。
ハロウィンと言えば多くの人が思い浮かべるのではないでしょうか

お化けのような顔の形をしたかぼちゃ!!

あれは「ジャック・オ・ランタン(ジャックの提灯)」というものだそうで、

もともとアイルランドの話がもととなっているそうです。

サウィン祭りではなく、アイルランドのお話から影響を受けていたんですね。
ジャック・オ・ランタンと呼ばれるハロウィンのシンボルは、こんなアイルランドの物語がもとになっています。
長くなってしまうので、要点のみ言えばジャックという男が魂を奪いに来た悪魔を機転を利かせて撃退します。
そして、二度と魂を奪いに来ないことを悪魔に約束させるのです。
ところが、ジャックは寿命で亡くなった後に、普段から悪いことばかりしていたので天国には入れませんでした。
そこで、地獄に行くにも、悪魔から魂を奪わないと約束しているので入れてくれません。
仕方なく天国にも地獄にも行けず、真っ暗な中をさまよい歩くしかなくなったのです。
そこで、悪魔にせめて明かりをくれないかと頼み、もらったのがジャックのランタンなんですよ。
ちなみに、このランタンはたまたま転がっていた「カブ」で作ったそうです。
この話がアメリカに伝わったのですが、実はアメリカにはカブがあまりありませんでした。
そのため、ポピュラーなカボチャに変化したというわけです。

日本にハロウィンが入ってきたのは?

ハロウィンの子供達|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (16384)

海外では昔から行われてきたハロウィンですが、2000年辺りまではほとんど知られていませんでした。
もちろん、海外でハロウィンというイベントがあることは知られていましたが、
実際にイベントを行ったりはほとんどありません。
ところが、東京ディズニーランドがハロウィンイベントを開催したことで、
広く知られてるようになり広まっていったのです。
もともと、日本民族はお祭り好きだったのと、若い人々の間にコスプレ文化がありました。
ハロウィンの日にテレビを見てみれば、たくさんの人々が仮装して歩いているニュースを見たことがあると思います。
日本人の性質と、若い人々の文化が上手に合わさったことで、日本独自のハロウィンが定着したようですね。

ハロウィンカボチャを作ってみよう

無料の写真: カボチャ, ハロウィーン, 秋, オレンジ, 野菜, 空洞化 - Pixabayの無料画像 - 1004990 (16396)

ハロウィンカボチャの作り方はとっても簡単。ただし、いくつか注意点があります。
まず、上のヘタになっている部分を丸くくり抜きます。
コツとしてはフタとして使うので、内側が狭くなるようにくり抜きましょう。
後は中の種を取り除き、顔を書いたらそれに従って切っていくだけです。
ちなみに、一度切ったカボチャは腐りやすいので注意してくださいね。
張り切りすぎてハロウィンの何日も前から作ってしまうと、当日には腐ってすごい臭いということもありますよ。

まとめ

縁起物ということで、ハロウィンのカボチャを取り上げてみました。
ハロウィンも、現代では宗教的な意味合いは薄れていますが、もともとは日本のお盆のような死者のための行事です。また、日本でも定着しつつあり、普通になってきていますね。
せっかくの、イベントですから、なぜハロウィンにカボチャを使うのか豆知識として知ってきましょう!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP