【内祝いをしたい!】どれぐらいすればいいの?相場は?

内祝いをしたいと考えた際に、何を選ぼうか?
どれぐらいのものを返したらいいのだろうか?と悩むことがあるでしょう。
金額の相場を知っていれば、何を返そうか選びやすいのではないでしょうか。
みなどれぐらいのものを送っているのか、参考にしてください。

出産の内祝い

いただいた出産祝いに対して、半額から3分の1の金額を目安に。
出産内祝いの予算は、いただいた出産祝いの品の半額から3分の1の金額を目安に考えるといいでしょう。例えば1万円の出産祝いをもらった場合は、内祝いギフトの金額は3,000円から5,000円程度になります。
値段がわからない場合は?
値段はおおよその見当でかまいません。あまり金額にこだわってしまうと品物を選ぶのに困ってしまうので、出産内祝いの品は一律にして贈るのもいいでしょう。

少し気をつけたいのは、目上の方に贈る場合。高価なものをお返しすると、逆に失礼にあたるとされています。
気軽なお祝いのお返しは?
複数の人で花束をいただく場合や、さほど値段の張らない出産祝いをいただく場合があります。こうした気軽な贈り物には、相手の気持ちをくんでこちらからもあまり格式ばらずにお返しを考えましょう。

1,000円程度のタオルを贈るのもいいですし、みんなで分けられるお菓子をお返しするのもいいでしょう。また、お礼の手紙やカードを贈ったり、自宅に招いておもてなしをしたりして、感謝の気持ちを伝える工夫をしたいものです。

 (18602)

出産の内祝いは、いただいた金額の3分の1の金額が相場と言われています。
出産の内祝いでしたら、10000円とか5000円が多いのではないでしょうか。
10000円の方へは3000円程度のものを、5000円の方へは1500円程度のものを選ぶとよいでしょう。
内祝いは、インターネット上から注文される方も多いと思いますが、
3000円台、1000円台、などと金額別に内祝いの品を検索できるようになっていたり、
選びやすいようになっているので、活用してみましょう。
 (18611)

出産のお祝いについては、現金で頂く場合もありますが、
お祝いの品をプレゼントされることもあるでしょう。
現金であればその3分の1程度と計算もしやすいですが、お祝いの品ですと、
一体どれだけ返せば良いのだろうか?と悩むこともあるでしょう。
その際には、インターネット上で調べるというのもおすすめです。
お祝いの品を見て、どこのメーカーのなんという商品なのか。
簡単に分かることが多いですし、また金額もネット上に掲載されていることが多いです。
ネット上で金額を調べて、その3分の1程度を返せば良いです。
もしわからない場合でしたら、似たような品がインターネット上などに記載がないか探してみて、
その品の金額の3分の1程度を返しても良いです。
上手に調べて、ストレスなく内祝いを選びましょう。

結婚式の内祝い

 (18619)

新たな門出を祝しお祝いをいただいた場合、お返しをして感謝の気持ちを伝えましょう。結婚のお祝いをいただき、披露宴に出席されない方へは結婚式後、お返しの品を贈ります。式から1ヶ月以内に贈るのがよいでしょう。間違いのない鉄板ジャンルは、ご自身で欲しいものを選ぶことができる「カタログギフト」。贈る側も迷いが少なく、嬉しいことづくしです。また、お相手の好みを熟知している間柄の場合には、センスを褒められるようなアイテムを贈ると、感謝の気持ちがしっかりと伝わることでしょう。
結婚式でお祝いをもらった際にも、内祝いをするでしょう。
出産祝いと同じように、3分の1程度返すのが一般的と言われています。
しかし地域や、家庭によっても異なりますので、両親、義両親にも必要に応じて確認しましょう。
特に指定が場合は3分の1程度のお返しをして、指定がある場合にはそれに従うようにすれば良いです。
家庭によっては、現金でお返しをするというところもあります。
10万円頂いたので、5万円返すといったように、内祝いの品ではなくて現金のこともありますので、
夫婦だけで決めずに、今までどのようにしてきていたのか、確認をするとトラブルもないでしょう。
 (18618)

結婚式の内祝いと言えば、カタログも人気があります。
10万円頂いた際には、3万円程度のカタログを選ぶ方も多いです。
5万円頂いた際には、1万5千円~2万円程度と、さまざまな金額のカタログが出ているので活用しましょう。

カタログだけではなく、タオルも人気があります。
タオルは何枚あっても困らないとも言いますし、
カタログではないものにしたい!と考える際にもおすすめです。

カタログとプラスアルファー、何かプレゼントをする方も増えてきています。
その際にはカタログとタオルですとか、カタログとアルバムですとか、
使ってもらいたいと思うものを選んでみてはいかがでしょうか。

新築の内祝い

 (18633)

両親や親せきなどの親族から高額な贈り物や現金をいただいて、お返しに迷う方が多いようです。一般的には内祝いの相場は1/3〜半額程度のお品を贈るのがマナーとされていますが、親族からの高額なお祝いのお返し(内祝い)の場合はこの限りではありません。
両親や親せきからの高額なお祝いには、「援助したい」という気持ちが含まれています。高額なお返しは「気持ちを無視しているのでは?」と心配させてしまいますし、援助したいという気持ちを返されたように感じることもあるでしょう。お気持ちをありがたく受け取り、心からの感謝を伝えましょう。また、後述のお披露目に招待すると、なによりのお返しになります。
基本的に内祝いの金額は、いただいた金額・品物の半額程度が相場です。
一般的なお祝いの金額としては、友人関係は5,000円~10,000円程度、親戚関係だと30,000円程度と言われていますので、その半額程度と考えておけば大丈夫かと思います。
ただし、身近な方から高額のお祝いをいただいたり、品物の値段がわからない場合などは、無理に相場にこだわらず、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
新築の際にも、お祝いをいただくことがあるでしょう。
相場は半分程度と言われていますが、決して無理をする必要はありません。
親しい親戚には返さなくても良い、といったケースもあるでしょう。
しかし目上の方ですとか、普段付き合いがない親戚でしたら、
後後のトラブルなどがないように、きちんと返しておく方が良いかもしれません。
困ったときには、両親に相談をするなど、自分たちで決めずに家族で決めるのも良いですね。
あまり高価なものは返さずに、半分程度におさえるのも大切ですので覚えておきましょう。

最後に

いずれもお祝いを頂いた際には、電話で連絡をするなど、
感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
そして1ヶ月以内に、内祝いをするように心がけましょう。
すぐに内祝いをしなくても良いですが、遅くならないように、忘れないうちに贈れるように、
準備をしておくこともおすすめです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP