意外と知らない?1月の縁起物【七草粥】を徹底解説!

一月の縁起物と言えば、お正月。けれども一月はそれだけではありません。他にも数ある中で、今回は「七草粥」の紹介をしていきます。七草粥とは?七草粥の起源は?他にも知っておくと面白い「七草粥」の知識をぜひみなさん覚えて下さいね。

 (16149)

●七草粥とは。

 (16371)

1月7日に七種類の若草を粥にいれて食べる、行事料理です。
宮廷行事の年中行事から派生した習慣ともいわれて、
一年の無病息災を願う、祝膳や祝酒で弱った胃を休める為に食べます。
「七草粥」を簡単言えば、【1月7日】に【七草】の入った【粥】を食べる行事です。
そこには当然、様々な意義があり、これからそれぞれを紹介していきます。

・七草って何?

春の七草のセリは芹、ナズナはぺんぺん草、ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、ホトケノザはタビラコ、スズナは蕪、スズシロは大根のこと。
「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」
もしくは和歌調で
「せり なずな おぎょう はこべら ほとけのざ
 すずな すずしろ これぞななくさ」
小さい頃に呪文のように覚えさせられた人もいるはず。
しかもセリ以外はめったに見ない言葉なので
なんのことやら…と思った人も多いと思います。
【セリ】

【セリ】

<セリの効能>
鉄分を多く含んでおり、食欲を増進させます。
【ナズナ(ペンペン草)】

【ナズナ(ペンペン草)】

<ナズナ(ペンペン草)の効能>
解熱や利尿作用があります。
【ゴギョウ・オギョウ(母子草)】

【ゴギョウ・オギョウ(母子草)】

<ゴギョウ・オギョウ(母子草)の効能>
風邪の予防や解熱作用もあります。
【ハコベラ(ハコベ)】

【ハコベラ(ハコベ)】

<ハコベラ(ハコベ)の効能>
ビタミンAが豊富であり、腹痛の薬にもなります。
【ホトケノザ(タビラコ)】

【ホトケノザ(タビラコ)】

<ホトケノザ(タビラコ)の効能>
食物繊維を多く含みます。
【スズナ(カブ)】

【スズナ(カブ)】

<スズナ(カブ)の効能>
ビタミン類を多く含んでおり、消化を助けます。
【スズシロ(大根)】

【スズシロ(大根)】

<スズシロ(大根)の効能>
消化を助けて、風邪の予防にもなります。
ところで、なぜ七草粥なのでしょう。
七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたのです。古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたとか。こんな、おまじないのような食べ方も素敵ですが、実はこの七草粥、とても理に叶った習慣です。
七草はいわば日本のハーブ、そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです。また、あっさりと仕上げたお粥は、少し濃い味のおせち料理がつづいたあとで、とても新鮮な味わい。
以上のように、それぞれに由来や効能がある七草を
粥に混ぜて食べる行事が「七草粥」です。

ただ、前提としては春の七草が身近で取れなければならないので
地方によっては、七草の種類に独自性があり
ゴボウやニンジン、はたまたイクラや蒲鉾など
多々種類がありますので、ぜひ色々と味わわれてはいかがでしょうか。
だからというわけではありませんが
七草粥は七種粥と言ったりもします。

●七草粥の起源。

春の七草といって、七草粥を食べる1月7日は
「人日(じんじつ)の節句」という五節句のひとつです。

古来日本には、雪の間から芽を出した若菜を摘む
「若菜摘み」という風習がありました。
そして、お隣の中国では・・・
元旦は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪
4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀
と、それぞれを占って新年の運勢を見ると共に
占いの対象となるものを大切に扱っていました。
中でも、7日の人の日は、
人を大切にする「人日」という節句でした。
また、唐の時代には、人日の日に七種類の野菜を入れた汁物、
「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べて、無病息災を祈りました。

時は流れて、平安時代になると
中国の風習や行事が、多く日本に伝わってきます。
すると「若菜摘み」と「七種菜羹」の風習が交わって
「七草粥」が食べられるようになりました。
そして、江戸時代になると、幕府が「人日の日」を
「人日の節句」として五節句の1つと定めます。
これによって「1月7日に七草粥を食べる」という風習が、
民衆に広がり定着した、と言われています。

五節句について|京甲冑 工房武久 (16364)

日本の伝統と中国の伝統が交じり合った結果生まれたのが
「七草粥」のようですね。

そして江戸時代でルールとして決めたものの
明治時代になり、それまでの暦から新しい物になったので
そのルール自体がなくなりました。
けれども、やはり続いていたものは風習として残り
今日のような形態になっているようです。

●七草粥の豆知識。

・秋の七草

 (16383)

「春の七草」は無病息災を願って「七草粥」として食べますが、「秋の七草」は観賞して楽しむ植物です。
現在一般に言われている「秋の七草」は、万葉の歌人、 山上憶良やまのうえのおくら(660?〜733?)が二首の歌に詠んで以来、日本の秋を代表する草花として親しまれるようになったとされます。

秋の野に 咲きたる花を  指折およびおり かき数ふれば  七種ななくさの花
萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花

ハギ・オバナ(ススキ)・クズ・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウ
の七つで「秋の七草」です。

ただ、こちらは観賞用なので
間違っても食べてはいけませんよ。

・七草囃子

昔、七草粥を作るときは、七草を刻みながら歌をうたいました。この歌を七草囃子と呼びますが、今では知る人も少なくなりました。
一般的には、次のようなものだとされています。

七草粥は、古来の風習では6日の夜から作り始めます。まず、七草のほかに、まな板・火箸・擂粉木(すりこぎ)・包丁・杓子(しゃくし)・薪・菜箸を用意します。そして包丁や擂粉木でまな板を叩き拍子を取りながら、「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に…」という言葉を6日の夜に28回、7日の朝には21回唱えます。

唐土の鳥とは、悪さをする中国の伝説の鳥らしく、この鳥が夜飛び回って血の滴を子供の着物の上に落とすと、子供が癇になるといわれていました。夜通し七草を打つのはこの害鳥を追い払うためであり、「渡らぬ先に」食べれば寿命が延びるというもっともらしい説もあったようです。

紹介した七草を、新年1月6日の夜にまな板の上で包丁の背などでトントンたたいて
細かく柔らかくしておき、翌日の朝におかゆに入れて七草粥(ななくさがゆ)としていただきます。
七草をトントンを叩く際に、この『七草の歌(七草なずな/七草ばやし)』が歌われます。
「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」
というように歌いながら行っていたようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP