仕事納めとは違う?《御用納め》の由来と意味について

御用納めとはなんでしょうか?若い世代は耳にすることが少ないかもしれません。今回は御用納めの意味や由来を解説したいと思います。また、近い意味の用語である御用始めや納会、仕事納めについても触れていきたいと思います。

御用納めとは?

官公庁では法律により、12月29日から翌年の1月3日までを休日と定められています。
よって最後の業務日となる12月28日が「御用納め」となります。28日が土・日曜日の場合は、27日または26日が「御用納め」となります。
「御用」は宮中の公務のことを言います。
国会議事堂

国会議事堂

官公庁の代表的な例である国会議事堂。

御用納めの語源について

また、仕事納めと似た言葉に「御用納め」がありますが、これは江戸時代(1603年~1868年)の幕府や藩などの用命や、宮中や官庁の公務のことを「御用」と言っていたことが由来です。
御用という言葉自体は時代劇などでよく耳にするので、馴染みがあります。
それが御用納めの語源だったんですね。

御用納めは法律で決まっている

きょうは官公庁が1年を締めくくる「御用納め」の日だ。その年の執務を終了する日を指す。官吏の休暇日を定めた明治6(1873)年の太政官[だじょうかん]布告に由来する。幕府や宮中の公務は「御用」と呼ばれていた。
 現在も官公庁の休日は「行政機関の休日に関する法律」で決められている。原則12月29日から1月3日までとし、前日の28日を最後の業務日とする。
明治時代に定められた布告に由来することが分かります。

御用納めと仕事納めの違いとは?

上記の通り、御用納めとは分かりやすく言えば仕事納めと同じ意味です。
ただ、官公庁でしか御用納めという言い方は使われません。
また法律で定められているかいないかも大きな違いです。
御用納めは法律で定められていて仕事納めは定められていません。

御用納めと御用始め

御用納めが存在するなら仕事始めの意である御用始めという言葉も存在します。多くの場合1月4日となります。
御用始めとは、各官公庁でその年の執務を始めることです。年によって多少変わりますが、多くは1月4日が御用始めの日とされています。

今ではあまり馴染みのない言葉となっていますが、昔は民間の企業に対しても御用始めという表現を使っていたようです。
ただ、堅苦しいというイメージが強いため、現在の「仕事始め」という言葉を広く使うようになりました。

どうやら昔は民間においても御用を付けていたそうです。

御用納めと納会

 (22635)

納会とは、主にシーズンや期ごとの打ち上げの意味ではありますが、「一年間の仕事納めの打ち上げとして」というのが一般的な納会の解釈でしょう。
納会は御用納めの日に開催されることが多いのですが、必ずしも御用納めの日に開催される訳ではありません。
忘年会と違うのは、忘年会が飲み会であるのに対し、納会は飲み会というよりは終了式的な意味合いが強いことです。

最近では仕事納めが一般的?

 (22913)

最近では、御用納めという用語は官公庁に対しても使われることが少なくなりました。ニュースでも仕事納めの方を使う場合が多いです。
ただ、最近は「仕事納め」という言い方が一般化してきた。御用はいかにも仰々しい。官公庁に対して民間用として使われていた言葉で次第に統一されるようになる。
この記述は2016年の年末のニュースにありました。時代の変化を示しているのかもしれません。
官公庁が仕事納めの28日、徳島県庁では飯泉嘉門知事が庁内テレビ放送で職員に訓示した。徳島市役所や県警本部でも仕事納めのセレモニーがあった。
この記事は2016年12月29日に発表された記事です。官公庁に対して御用納めを使わず仕事納めを使っていることが分かります。
官公庁の多くが28日に2016年の通常業務を終えた。飯田下伊那地域の各市町村や国県の現地機関でも仕事納めの式がそれぞれ開かれ、職員たちがことし1年の職務をねぎらい合った。
これは同じく2016年12月29日に発表された南信州新聞の記事です。ここでも仕事納めという表現を使っていることが分かります。
Googleニュース検索において「仕事納め 官公庁」と「御用納め 官公庁」二つの検索結果を比較した場合でも、「仕事納め 官公庁」の方が表示件数が多いという結果になりました。
最近では御用納めという表現はあまり使われませんが、覚えておいて損はないと思います。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP