7月の縁起物【七夕以外で】涼しく願いが叶いますように!

梅雨明けに向かい、急激に暑くなる7月。涼(りょう)を求めずにはいられません。そこで、涼しさを感じる縁起物を中心に、七夕関係以外でご紹介していきます。こんなものまで縁起アイテム?色々あります。暑さを縁起よく吹き飛ばしましょう。

幸運を打ち上げて

7月になると、花火大会が各地で行われます。観賞する方も多いでしょう。
火や火花は、災厄を払う儀式に必須のものです。
ですから、7月の涼を呼ぶ花火大会は、縁起アイテムの基本となるイベントなのです。
 (19536)

花火大会が盛んになった始まりといえば、隅田川花火大会です。
18世紀、大飢饉などが流行して多数の死者が出たので、
悪病退散を祈願して、両国の川開きの日に花火を打ち上げました。
厄払いの儀式は、縁起を良くするためのものですね。
打ち上げ花火は、祝砲としても使われます。

あおぐだけじゃない!

花火大会と言えば、「うちわ」は浴衣に似合うオシャレアイテムです。そして縁起物です。
「うちわ祭」の行われる地域もあります。
7月縁起物① うちわ

7月縁起物① うちわ

団扇(うちわ)の語源は、「打つ翳(は)」であり、蚊など害になる虫を打ち払うというもので、病魔を打ち払う魔除けの意味もありました。
②ヤツデ

②ヤツデ

天狗(てんぐ)の持つ羽団扇には、強力な力があり、飛行や風雨、変身など自在で、妖魔を負かす効果があるとされます。それと形状が似ていることなどから「テングノウチワ」という別称を持つヤツデの葉。柄(がら)として描かれたものも、7月縁起物の一つです。
③軍配(ぐんばい)

③軍配(ぐんばい)

古くから軍配は、戦の勝敗を占う上でも武将が用いていました。今では、相撲の行司(ぎょうじ)が持っていますね。悪鬼を払い、勝利を呼び込むための軍配。この形をした団扇は、力強い縁起物です。手に入れたら、堂々とあおぎましょう。他に、軍配団扇せんべいなどもあります。活力を食べたいですねえ。相撲観戦に行って買って帰るのもいいですね。
④扇子(せんす)

④扇子(せんす)

扇子は団扇をコンパクトにしたもので、やはり縁起物。末広がりの形をしていますから、次第に栄えていくという嬉しいアイテムです。コンパクトなので、カバンに入れて持ち歩くのに適しています。洋服を着ていても、オシャレ感があるので、携帯するといいでしょう。

煙でお浄め(おきよめ)

花火を打ち上げるだけが、吉を願う火ではありません。
⑤線香花火

⑤線香花火

線香花火は、もともと手持ち花火を香炉に線香のように立てて楽しんだものです。香炉といえば、お寺にある大香炉が印象的でしょう。香炉から出る煙を体に浴びれば、無病息災などのご利益があるとされます。そういった意味でも、線香花火は縁起物です。
 (19762)

これが寺にある大香炉です。「護摩をたく」というのを聞いたことがあるかもしれません。それも、息災や平和を祈願し、火をたいて煙を出して行う儀式です。

ワッショイ!

千厩夏まつり | SENMAYA (21691)

7月の夏祭り。神輿(みこし)をかついで、にぎやかに街を練り歩きます。神社で行われる場合も多く、祭囃子(まつりばやし)が奏でられ、山車(だし)を引き、屋台が出ます。
縁日(えんにち)とは、神仏に縁のある日のことで、祭儀や供養が行われます。この日の参詣は御利益が普段以上とされています。夏祭りもその一つです。おめでたい日なのです。
⑥提灯(ちょうちん)

⑥提灯(ちょうちん)

提灯祭りも、各地で行われます。夜空が光で彩られます。提灯は、祭礼や儀式に使われた歴史があり、涼を楽しむ縁起物です。慰霊の役割も果たし、心からの死者への祈りによって、平安を願います。旅をすると、ご当地提灯を見かけますね。伸縮自在でコンパクトに所有できるので、嬉しいアイテムです。
⑦朝顔

⑦朝顔

朝顔の種は平安時代に日本に伝わり、貴重で、薬として大変に効果があったとされるものです。朝顔市に行って、百歳まで健やかに。
⑧金魚

⑧金魚

縁日として恒例の屋台が出ると、焼きそば、リンゴ飴、綿菓子など目移りします。そんな時は、金魚すくいを。金魚は、文字通り、お金の魚です。金運アップ。金魚鉢に入れれば、涼しさを眺められます。
⑨鬼灯(ほおずき)

⑨鬼灯(ほおずき)

赤い実が夏の夜を照らす鬼灯は、提灯の役割を果たすとされ、薬としても活躍していました。7月に行われる浅草寺のほおずき市は有名です。あなたの夜道も照らしてもらいましょう。

何でも縁起物になる?

では、今回はこの辺りで最後の縁起物をご紹介します。
ガラス細工です。金魚鉢、風鈴など、ガラス小物は涼しげです。
モチーフが縁起物であれば、何でも縁起ガラスアイテムになります。
例えば「カエル」であれば無事帰りますし、「干支(えと)」や「鯛」、魔除けの「唐辛子」などなど、
迷ってしまうくらいです。
暑くなる7月。涼しく縁起物を選びましょう。
“天空の城”でセレクト!神戸・六甲山ならではの人気のお土産BEST4「六甲ガーデンテラス」 | 兵庫県 | トラベルjp<たびねす> (21686)

⑩ガラス細工

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP