【日本の文化を知ろう】お正月の縁起の良い食べ物や行事

お正月といえば、おせち料理や初詣、初日の出などの行事があります。
1つ1つ深い意味を持つお正月の行事。ただ、あまりその意味を知らない方が多いのではないでしょうか?
お正月の行事にどんな意味が込められているのか調べてみました。

おせち料理

 (10380)

おせちとはお節供〔おせちく〕の略で、年の始めにその年の豊作を祈って食べる料理や武家の祝い膳(※)、新年を祝う庶民の料理などが混ざり合って出来たものです。さらに正月三が日は主婦を家事から解放するという意味を含め、保存の効く食材が中心のものになったといわれています。またお正月に火を使うことをできるだけ避ける、という物忌みの意味も含んでいます。
お正月といえば、おせちですよね。
筆者自身は生まれてから一度もおせち料理を食べたことが無いですが。
おせち料理は平安時代に誕生した宮廷行事で供えたものであり、
一般庶民の家で普及したのは江戸時代からだそうです。
おせち料理は写真を見ても分かりますが、結構豪華です。

おせち料理の縁起が良い食材

 (12713)

・海老
ヒゲが伸び、腰が曲がっている姿から、えびを老人に見立て「腰が曲がるまで、ともに長生きするように」という長寿への願いが込められています。
・数の子
沢山の卵が詰まっているという所から、子沢山、子孫繁栄多産への願いが込められています。

・伊達巻き
蒲鉾と同様、白身魚を原料とし、卵を混ぜることで黄金色になることから、豪華で見栄えが良く神様への供物としてふさわしいと考えられていました。 巻いている形状から反物(着物の布地)を連想させ、衣装に困らない…繁盛、繁栄の願いをこめてという説や、巻き物として文化的な繁栄を願っているという説などがあります。

この他にもイワシの稚魚を干して甘く煮た「田作り」、それぞれの家庭の味が出る「煮物」があります。
そして、おせち料理には食べる順番があります。基本的には段箱の真ん中から召し上がるそうです。
「私、これ好きだから、3段目から食べよう。」は縁起が悪いみたいです。両端から食べると縁起が家族や家全体には広がらなくなるそうです。

初詣の意味

 (11542)

年籠り(としごもり)とはもう少し古くからある慣習で、氏子である家長たちが、その土地の氏神様をまつった神社にこもり大晦日から元旦にかけて豊作や家内安全を祈願する行事でした。大晦日から元旦にかけて神社にこもることが、大晦日から元旦にかけてお参りする習慣へと変化したとも考えられています。
一般的には、【初詣は松の内までにいく】とされています。
※喪中の方は松の内であっても神社参りは避けましょう。お寺はよいとされています。
正月の松飾りが飾ってある期間。関東では元旦(1月1日)から1月7日までのことで、関西では1月15日までを指します。

つまり初詣は、
●関東 ⇒ 1月7日までに参拝
●関西 ⇒ 1月15日までに参拝
ということです。後は地域により「松の内」の期間に違いがあるので地域のルールに準じるとよいでしょう。

日本の会社に勤務されてる方は基本的に正月休みは4,5日までが多いので、
初詣に行ける日はありますが、外資系で海外に赴任されてる方は日本人村にある神社で、1月中旬までにお参りしてください。

お賽銭はいくらがベスト?

 (12716)

・縁起が良い組み合わせ
5円玉1つ ・・・ ご縁(5円)に巡り合いますように
5円玉2枚 ・・・ 重ね重ねご縁(五円)がありますように
5円玉4枚 ・・・ 良(4)いご縁がありますように
5円玉6枚 ・・・ 安定と調和のとれたご縁がありますように
5円玉8枚 ・・・ 末広にご縁がありますように
50円玉1枚 ・・・ ご縁が10倍ありますように

・縁起が悪い組み合わせ
10円玉1つ ・・・ 願い事と遠縁(10円)になる
5円玉13枚 ・・・ ろくなご縁がない
5円玉15枚 ・・・ なんのご縁もない
5円17枚 ・・・ やっぱりご縁がない
5円19枚 ・・・ これでもご縁が無い
500円玉 ・・・ これ以上の効果(硬貨)はない

5円玉は真ん中に穴が開いており、そこから縁起や福が逃げると思い5円玉は縁起に良くないと10円玉をお賽銭に入れるらしいですが、10円玉1枚は縁起に悪いので注意しましょう。
上記の縁起の悪い組み合わせは全部1枚や13枚など奇数なので、5円玉を賽銭に入れたくないという方は10円玉1枚と1円玉1枚なら偶数になるので、試してみてはどうでしょうか。
 (12718)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP