おいしいだけじゃない?餃子は縁起が良い食べ物だった

いまや日本の食生活には欠かせないほど親しまれている餃子。
なにげなく私達も食べていますが、実は本場の中国では、縁起を担ぐ食べ物だと知っていましたか?
今回は、日本の餃子と中国の餃子の違いをまとめてみました。

日本の餃子と中国の餃子

宇都宮・栃木大信の餃子 (2692)

日本では皮をパリパリに焼いた焼き餃子が主流ですが、中国では水餃子が一般的です。
皮が厚く、おかずではなく主食としていただきます。
日本の餃子と違い、ニンニクは中に入れず、途中で生のニンニクを丸ごとかじるというスタイルです。

日本に伝わったのはいつ?

 (12730)

今ではすっかり一般的な食べ物になっているギョウザですが、日本で食べられるようになったのは昭和初期と意外に新しい食べ物です。中国へ渡っていた日本人が慣れ親しんだ水ギョウザを故郷の宇都宮に伝えたのが始まりだといわれています。中国ではゆでた水餃子の残りを焼いて食べたのが焼き餃子ですが、日本に伝わってからは、生の餃子をそのまま焼いて食べるようになり現在の焼ぎょうざのスタイルが出来上がりました。

どうして餃子を食べると縁起が良いの?

麺点師特製水餃子 中国式 | チャイニーズレストラン JOTAKI (2647)

1.餃子を新年に食べると金運が上がる

餃子の象徴する意味は何か?
縁起が良いとされている理由はなにか?

→北部では大晦日に餃子を食べる習慣がある。
餃子を作るとき、まず粉を混ぜる(中国語では、「和面」といい、その"和"は「仲がよい」という意味があることから)、家族みんな仲良しの意味を持つとされている。

また、餃子の形は元宝(昔の貨幣)と同じ、新年のときに餃子を食べると、
"招财进宝(金儲け)"の意味があると言われている。

餃子が半月型になっているのは、金運に恵まれる事を願って、中国の昔のお金「元宝銀」に似せて作られたためと言われています。
その名残で餃子を食べると金運が上がるとされ、現在でも中国北部では春節(旧正月)にその年の金運を願って餃子を食べる風習があります。
馬蹄銀元寶 (2651)

餃子の形のルーツ、「元宝銀(馬蹄銀)」。

2.「餃子」は子孫繁栄の縁起物

餃子と言う言葉は子孫繁栄を意味している。
その理由は中国語で交子と書いて「子を授かる」という意味になるが、この文字の読み方は「チャオズ」。
そして中国語で餃子は「チャオズ」。そう、同じ読み方。この事から餃子を食べると子宝に恵まれると言い伝えられている。
【餃子】の文字は、分解すると【食】+【交】+【子】であり、「食べて」「交わって」「子ができる」ということで、新婚夫婦が子宝に恵まれるようにという願いを込めて、祝宴の卓に餃子が並べられることなどがあげられます。

【縁起担ぎ】餃子の数は数えちゃダメ

指で数を数える時、脳は何をしているのだろうか?|音史のブログ (2670)

子孫繁栄の縁起物ということから、中国では餃子を食べるときに数を数えない、という縁起担ぎがあるそうです。
私たちは「一人前いくつ」とか、「昨日は餃子20個も食べちゃったよ」などと個数で食べた量を表しますから、数えちゃいけないと言われると「なぜ?」と疑問に感じます。
中国でおめでたい席で餃子を食べるときに個数を数えると「餃子の数が途絶える」=「子孫が途絶える」と連想されてしまうのだそうです。
同じ理由で、箸で一つの餃子を割って食べるのも縁起が悪いとされています。
数を数えてはいけないので、「1斤(500グラム)、1両(1斤の10分の1=50グラム)」などの重さ単位で表わします。
日本で餃子は一人前、二人前。或いは一皿、二皿ですが、中国では使った小麦粉の重量で表します。包子(小さな中華マン)も同じです。
 「要多少?」(どれだけ要りますか?)
 「三両」(150グラム下さい)
 となります。「両」は「斤」の十分の一、50グラムのことです。
 小麦粉の量から個数を推測するのは至難の業です。これらは主食ですから食事の最後に出てきます。一斤も注文して、あまりの量に顔を見合わせることのないように、注意が必要です。因みに、一両の餃子は6個、包子は3個が目安だそうです。

旧正月(春節)にはおみくじ餃子

おせち料理に飽きたら試したい!中国のおみくじ餃子とは | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト (2688)

おみくじ餃子は、春節に家族みんなで餃子をつくり、そのうちの1~2個の餃子のなかにお金(コイン)や飴、ピーナッツ、栗、ナツメなどを入れておき、それを食べた人は1年間生活に困らないという風習です
おみくじ餃子は「咬春(ヤオチュン)」と呼ばれ、中に入れるお金や飴には
お金………お金に困らない
飴…………生活がどんどん良くなり、蜜のように甘く良い思いをする
ピーナッツ…健康と長寿
栗、ナツメ…子宝を授かる
など、それぞれ意味があります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP