【縁起物】お正月といえば羽根つき♪羽根つきといえば羽子板♪

女の子への贈り物、そしてお正月に遊ぶ縁起物「羽子板」。小さい頃に羽子板を使って羽根つきをした事がある方も多いのではないでしょうか。そんな羽小板の由来や飾る時期・しまる時期について少しですがまとめてみました。

羽子板といえば羽根つき

 (3154)

【羽根つきを正月にする理由】
末広がりの形をした胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)を突き、その年を祈願したから

【負けて、顔に墨を塗る理由】
鬼が、墨のような黒い色を嫌うというところから、魔よけの意味をこめて塗るようになった

鼻の下に髭を描いたり、おでこに丸を描いたりと正月ならではの遊戯ですよね。
墨のような黒い色、鬼の金棒も黒色ですが、鬼さんは嫌々、使ってたということでしょうか

羽子板の名前の由来

 (3159)

室町時代にはこの羽根つきを「胡鬼の子勝 負」といい、正月にその年の年占いということで、末広がりの形をした胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)をつき、厄除けを祈願したといわれています。江戸 時代になると、胡鬼板(羽子板)に金箔を施したものの上に、左義長の儀式の風景を描いた「左義長羽子板」というものが、厄除け・邪気除けとして、貴族への 贈り物や婚礼・出産の祝いとして用いられました。左義長」とは、正月の十五日に宮中で行われた魔除け(鬼除け)の儀式で、今日では「どんど焼き」などとい われ、注連縄(しめなわ)や門松などをお焚き上げし、その火で焼いた餅を食べて邪気を払う儀式として各地で行われています。 やがて、その左義長羽子板に美人画が描かれるようになり、押絵の技法を取り入れて現代の形になりました。
最初は厄除けや魔除けなどの儀式で使われていたものが、今は正月の遊びでしか見かける機会は減りましたね。地方によっては今でも老人会の集まりや百人一首の大会の近くで、羽子板大会というのが行われたりします。
本来は厄除けや魔除けのために行っていた羽子板も、その時代によって変化していくみたいですね。
羽子板は、おじいちゃん・おばあちゃんや親族から贈って頂きます。
最近は産まれて間もないころに贈られることが増えていますが、昔は赤ちゃんへのお歳暮として贈られていたそうです。
今年産まれた赤ちゃんが無事新しい年を迎えられるようにと願いを込めた羽子板も立派なお歳暮なんですね。
この羽子板、現代ではおじいちゃんやおばあちゃん等の親族から貰うらしいのですが、父親の親族からか母親の親族から貰うかの決まりは一切ございません。
筆者の妹が生まれた際は、どっちの両親から貰うかで結構揉めたそうです。
羽子板を贈る季節になったら、両方の親族の方々と入念に相談する事をオススメします。
相談しないと、筆者のところみたいに、親族の関係が悪化する可能性もありますから。

浅草寺の羽子板市

 (3181)

年神祭の用具や正月用の飾物、雑貨、衣類、海産物を販売することを目的とした、年末に開かれる「歳の市」。正月用の「歳の市」といえば江戸中期頃までは浅草に限られており、毎年12月17日、18日には様々な店が浅草寺境内に集まりました。一方、江戸時代の浅草寺の縁日は毎月18日。師走の17日、18日は1年最後の縁日として、無事に感謝し新たな年の幸せを願う納めの観音詣での日でもあり、いっそうの賑わいとなりました。

明治以後は、正月用品の仕度も通常の店屋で購入するようになり、「歳の市」の面影は次第に薄れ、現在では、江戸末期から流行り出した「羽子板市」に重点が移り、盛況し続けています。

羽子板市で売られている羽子板の原形は、江戸時代にさかのぼります。
江戸時代末期になると、当時大人気だった歌舞伎役者の舞台姿の似顔絵を貼りつけたものが登場。
年の瀬に開かれる歳の市には、その年に当たった人気歌舞伎役者の羽子板がずらりと並べられたのです。

中でも人気を博したのが浅草寺の歳の市。現在の羽子板市のルーツですね。
当時、年の瀬の歳の市が開かれると、江戸中の女性たちがこぞってお気に入りの役者の羽子板を買いに出かけたというのです。

2014年はディズニー映画のアナと雪の女王が世界で大ヒットし、浅草寺の羽子板市には、アナと雪の女王の羽子板も登場したらしいですよ。

羽子板の飾る時期やしまう時期

羽子板は大抵の場合、ケースに収納されていますが、それ以外にもスタンドが用意されていたり、裏面にも絵が描かれていることからケースから完全に取り外して裏面も見えるように工夫されているものまで様々です。
設置場所などに決まりはありませんので、ご自身のセンスでお飾りください。
ただ、羽子板は縁起物のため、凶の方角に置く事はオススメしません。魔除けの効果もあるので、凶の方角に置くと逆効果かもしれません。
 (3191)

平安時代の頃より、12月13日は「正月事始め」と言われ、お正月に降りてくる年神様・祖霊を迎えるために、様々な準備を始める日とされていました。
「一夜飾り(12/31に飾ること)」や「苦立て(12/29に飾ること)」は忌み嫌われますのでこれらの日は避けて羽子板を飾ります。
基本的には一年中飾っていただいてかまいません。もししまう場合は1月15日過ぎがよいでしょう。
   それはこの頃、お正月飾りを焼くどんど焼きのなどの行事が行われる小正月だからです。
   昔の元服、15才ごろまで飾りますと、一応羽子板や破魔弓の役目は終わったと考えて良いと思います。
   もちろんその後も飾って頂いてもかまいません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP