ドイツで好まれている縁起物キノコ【ベニテングダケ】とは?

赤くて白い斑点のあるキノコ「ベニテングダケ」は、ドイツでは縁起物として喜ばれているようです。毒キノコなのにちょっとかわいいベニテングダケ。絵本にも使われるキャラクターです。たしかに、ちょっと幸運な感じがするかも。

幸福のシンボル、ベニテングダケ

 (8041)

アジア、ヨーロッパ、北アメリカなどの各地で広くみられる。日本の方言名アシタカベニタケ、英語ではフライ・アガリックと呼ばれる。ヨーロッパでは、毒キノコにもかかわらず幸福のシンボルとして親しまれている。「ベニテングダケ」という表記は俗称。

大衆文化のなかにみられるベニテングタケ

ベニテングタケの赤地に白の水玉模様という配色は、絵本やアニメ映画、ビデオゲームなどにしばしば登場することで、なじみのあるものとなっている。特に有名なものに、テレビゲームソフト『スーパーマリオブラザーズ』や、1940年のディズニー映画『ファンタジア』がある。

ルネッサンス期から、絵画の中でもしばしば描かれている。また、幸運のシンボルとして、1900年ごろからクリスマスカードのイラストにしばしば採用された。オリヴァー・ゴールドスミスの『世界市民』には、幻覚剤としての使用に言及した箇所がある。ベニテングタケを食べた際、物体の大小が変化したという記録を残したモルデカイ・キュービット・クックの書物は、1865年の『不思議の国のアリス』のモデルになったと考えられている

魔法使いとの関連?

 (8049)

赤いキノコ(ベニテングダケ):どちらかといえば毒性を持っているこのキノコが、なぜラッキーアイテムに名を連ねているのか、定かではない様子。魔法使いとの関連性が指摘されたり、見た目にインパクトがあるなどといった通説も。

突然の幸運に出会う

ラッキーチャームとして愛されるベニテングダケは、赤い傘に白い斑点のあるかわいらしいきのこですが、毒菌です。突然の幸運に出会うとされています。年の変わり目には、きのこなどのグッズを幸運をもたらすお守りとして親しい人に配る習慣があるそうです。

最高神・ ヴォータンにより作られた

 (8055)

ドイツでは、その存在自体がゲルマン民族の最高神・ ヴォータンにより作られたといわれ、古代から深い崇拝があったようです。ベニテングダケは幸運のシンボルであると同時に、森の自然と美の象徴といわれ、癒し・心を和ませる効果があるとされています。

キャラとしては人気ナンバーワン

”食”を中心にキノコを見る私には、「毒キノコ」と「縁起物」の組み合わせがとても不思議。

でも、確かにこの”ベニテングタケ”は、キャラとしてはダントツの人気ナンバーワンで、例えば子供たちにキノコの絵をなんでもいいから書いてと言うと、ほとんどの子供達はこのキノコの絵を描く。ヨーロッパでも日本でもそれは一緒で、どうも童話の絵本などで必ず登場するキノコだということがその理由らしい。

実際に”ベニテングタケ”が白樺の木を中心に円を描いて発生する姿はかなりメルヘンチックだし、その光景に偶然出会えた人は”縁起がいい”という発想は間違ってはいない。

ドイツではキノコのグッズを見掛けます。

 (8032)

大好きな赤地に白水玉の典型的な毒キノコ「ベニテングダケ」は、ドイツでは何故かラッキーモチーフだということで、国中で本当に沢山のこの種のキノコのグッズを見掛けます。

上の写真は、レトロなイラストの包み紙が可愛い、一辺2cm位のキューブ型チョコレートで、他にも描かれているブタ、馬蹄、テントウムシ、四葉のクローバー、煙突掃除夫、(13の数字も??)皆ドイツのラッキーモチーフです。

ベニテングダケは、絵本や子どもに関するグッズで目にすることが多いです。
絵本に出てくるとそれだけでインパクトがあります。
文房具グッズやインテリアグッズ、他のあらゆるものにも使われています。
キノコの形だけでも印象的なのですから、
赤に白い斑点があるなんて神様が可愛いキノコを作りたい、と思って作った感じです。

そんなキャラクター的にもインパクトのあるキノコが縁起物と言われているなら、
人気が出るのも当たり前のような気がします。
身に付けているのは抵抗があると言う縁起物とはまったく違い、
縁起物としては最高のアイテムかも知れませんね。

ポストカードや本の表紙に使うだけでも幸運が舞い込んでくる感じがします。
可愛いベニテングダケのグッズを探して家に置いておいたり、
身に付けておくと、すぐにでも幸運と出会う感じがしてきます。
あなたもベニテングダケグッズを持ってみてはいかがですか?
もしかしたら赤いキノコが幸福を運んできてくれるかも知れませんよ。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP