どんと焼きって何?どんな行事か聞いたことがありますか?

どんと焼きというと、お正月が過ぎたら行うものということはご存知でしょう。
しかし実際どういう意味があるのか?いつ行われているのか?
詳細を知らない方も多いのではないでしょうか。
この機会にどんな行事なのか知っておいて、興味を深めてみましょう。

どんと焼きって?

 (23793)

主に小正月に行う火の祭。
元日にお迎えした年神様を火に乗せて天にお返しする行事です。
元々は平安時代に宮中で行われていた小正月に吉書を焼く儀式。
1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く
「どんど焼き」とは小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事で、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。神事から始まったのではありましょうが、現在では宗教的意味あいは少なくなっています。
どんと焼きとはお正月に神様をお迎えするために飾ったものを、燃やす行事のことです。
お家に来てくれた歳神様(としがみさま)に、煙に乗って天に帰れますようにと見送りをします。
来てくれてありがとうございます、お正月は楽しかったですと見送りたいですね。
また来年もよろしくお願いしますと、節目になる行事にもなるでしょう。
なぜ燃やすのか?と思ったこともあるでしょう。
煙に乗って天に帰れるように、道を作る意味があったのですね。

何を燃やす?

 (24172)

注連縄・門松・御札などを松飾りに取り付け、藁で積み重ね、現在は午後9時より弁天河原にて点火されます。
どんど焼きでは、各家庭の正月飾りや子どもたちの書き初め、お守りやだるまなどを焼いてもらうことができます。
正月の注連縄、古いお札、お守り、神棚、縁起物などを焚き上げます。お持ちよりください。
どんと焼きには、何を持っていけば良いのでしょうか。
お正月に飾っていたものと言われていますが、しめ縄を持っていく方は多いと思います。
しかしそれだけではなく、神棚や縁起物や御札なども持って行っても問題ありません。
ゴミ箱に捨てるというのは、気が引けるものもあるでしょう。
神社に返そうと思っていたが、返しそびれているものでも良いです。
どんと焼きを利用して、自宅などに保管しっぱなしになっているものを持参してはいかがでしょうか。
ついお守りをためてしまうという方もいらっしゃるでしょう。
節目と考えて、整理をするようにもしたいですね。

どんと焼きの日にち

 (24183)

日本の小正月行事は、新春を迎えるための集落を単位とした一連の祈りの行事であり、そのクライマックスとなる火祭り行事の名称は全国共通でほぼ「どんど焼き」と呼ばれています。「どんど焼き」の実施時期は全国共通で、ほぼ1月14日から15日にかけて実施されています。九州では七日正月として、6日ないし7日のところもありました。ただし、1月15日の成人の日が1月の第2月曜日に移され、連休とされるようになった影響でどんど焼きは、小正月にこだわることなく、住民が参加しやすいように「新成人の日」の前の休日に行われるようになった地域が多く、実施日は各地でばらけてきています。
1月15日午前8時30分頃点火
今年度は1月16日(土曜日)に開催いたします。
どんと焼きは、一般的に14日や15日に行われることが多いです。
地域によっても差がありますので、詳細は各神社等に問合せをしてみましょう。
九州は6日や7日に行われるところもあります。
平日になることも多いですが、皆が参加しやすいようにと成人式の前日にするなど、
日程に工夫するところも出てきました。
今まで仕事で参加できなかった方も、休みの日にどんと焼きが行われるところを探してみて、
足を運んでみてはいかがでしょうか。
沼津では、「どんど焼き」あるいは「どんどん焼き」と言いますが、地方によっては他の名称でよばれることもあります。同じ静岡県でも御殿場では「さいと焼き」と呼んでいます。全国的にも地方によっては「とんど」、「どんど」、「どんだら焼き」、「どんどろ祭り」、「おんべ焼き」、「さいとう焼き」、「ほっけんぎょう」、「三九郎焼き」、「ほじょり」、「ほうじょり」などがあり、東日本では「才の神焼き」、東海地方から西日本では「左義長(さぎっちょ)」などとも呼ばれています。
一般的にどんと焼きと言いますが、地域によって呼び名が違うことも忘れてはいけません。
「どんどん焼き」や、「左義長」などとも呼ばれています。
他にも呼び方が多数ありますので、自分が住んでいる地域や実家の地域ではなんと呼ばれているのか?
確認するのも面白いでしょう。
もしくは出身が違う友人などに、なんと呼んでいるのか聞いてみるのも良いですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP