しめ飾りはいつからいつまで?正しく知っておきましょう!

お正月に飾るしめ飾りですが、なんとなく飾っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
いつからいつまでという時期が決まっていて、それに沿って飾るようにしたいものです。
この機会に是非知っておいてください。

しめ飾りとしめ縄

 (18990)

神社でみかけるしめ縄。
しめ縄は神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります。
しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目も果たします。

そのしめ縄に縁起物などの飾りをつけたものを“しめ飾り”といいます。

神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由で、
自分の家が新年の神様をお迎えするのにふさわしい神聖な場所であることを示すために始まったといわれています。

自宅に新年に神様を迎え入れたいと考え、しめ飾りを飾るのではないでしょうか。
そして1年を無事に過ごせるように、ご利益も貰いたいものですね。
せっかく飾るのであれば、いつからいつまでという時期も守りたいものです。

いつから飾る?

 (19036)

しめ縄、しめ飾りをいつから飾るか
ですが、ある程度地域差はあるよう
です。

一般的にはクリスマスが終わってから
年を越すまでには飾ります。

そして飾らない方がいい日が

12月29日
二重苦、苦にかけて縁起の悪い日と
されているのでしめ縄、しめ飾りは
飾りません。

12月31日
この日に飾ることは一夜飾りと言われ
神様に失礼とされるので飾りません。

もちろん大掃除が終わってから、神様
をお迎えする準備が終わってから
しめ縄、しめ飾りを飾ります。

なんとしても大掃除を早くしてから
30日までには飾りましょう!
あまりにも忙しくバタバタするなら
大掃除をクリスマス前くらいに終わら
せておくといいですよ。

※大掃除を年末ギリギリにする必要
はない。

そしてしめ縄、しめ飾りは早くに
飾ってももちろん大丈夫です。本来は
12月13日が

すす払い(大掃除の由来)と言って
正月の準備の始まりで、準備ができ
たらしめ縄、しめ飾りを飾っていたん
です。

飾り始める日は松飾りの飾る期間と同じ扱いで良いが、地域によって異なり、現在では一般にクリスマス後から28日までに飾る。29日と31日に飾る事は縁起が悪いとされ、31日に飾る事を一夜飾りといい、迎え入れる神様に失礼であるとされる。
12月13日が、しめ飾りを飾る日にちと言われています。
12月には大掃除をする方も多いでしょう。
片付け終わってから、飾るという習慣があったのですね。
自宅が片付いてから飾ることで、綺麗なところに神様に来てもらえますし、
礼儀にもなって良いのではないでしょうか。

しかし仕事などで忙しくて、12月13日には間に合わないというケースも多いでしょう。
その際には、28日までに飾るようにして、29日や31日を避けるようにすれば良いでしょう。
もしくは、玄関に飾ろうと思っているが、
クリスマスの飾りつけがあって早くには飾れないというケースもあります。
クリスマスリースの隣に、しめ飾りを飾っているというのもあまり見かけませんね。
最近はクリスマスもお正月もお祝いしたい!と考える方も増えてきていますので、
無理をせず、クリスマスが終わってから28日までに飾るようにすれば良いのではないでしょうか。

しめ飾りを外す時期

 (19049)

飾りを外す日も地域によって異なり、1月7日に七草がゆを食べた後、若しくは15日の小正月の後に外すとされる。一方、三重県伊勢志摩地方などは一年中注連縄が飾られる。
「松の内」の終わりの7日に外して、ドンド焼きなどで燃します。
しめ飾りも小正月の1月15日頃(14日の夜か15日の朝)神社や寺院で、書き初めした用紙などと一緒に、お焚き上げしましょう。
しめ飾りの外す時期についてですが、一般的には1/7頃と言われています。
せっかく綺麗に作ったから、気に入って買ってきたものだからということではなくて、
きちんと外すようにしましょう。

外す時期については、地域でも日にちが異なります。
自身が住んでいる地域は、いつ外すのだろうか?と思った際には
ご近所はまだ飾っているかというのも、見てみてはいかがでしょうか。
自身の自宅だけ飾っているようであれば、すぐに外したほうが良いかもしれませんね。
もしくはご近所の方に聞いてみるなど、恥ずかしい思いをしないように確認をしましょう。

関西のしめ飾りの外す時期

 (18993)

関西の方にお伺いしますが門松やしめ縄はいつまで飾りますか?
一般的には松の内(正月7日)まで飾り7日朝に外すところが多いと思いますが
関西では1/15まで飾ると言う話を聞きました。
みなさんのお宅はいつまで飾られますか?
関西のそれぞれの地域によっても違うのでしょうか?

元々は1/15の「とんど焼き」で焼く物です1/7じゃ早すぎます。
関西で1/15が多いのは古き(良き)風習が残っているのでしょう。
私は大阪堺の生まれですが周辺では1/7に外すのは聞いたことがありません。
ただ、本来は1月15日の小正月までが松の内なのですが、最近は1月7日の七草粥までが松の内と呼ぶ地域も増えているようです。
昔のゆったりした風潮は簡略化されてゆくのがトレンドのようですね

関西では、1/15頃に外すことが多いです。
1/7頃から1/15頃まで、女正月と呼ばれていた習慣からなのですね。
お正月が過ぎて、皆仕事へ出かけて、ようやく落ち着いたと思ったときに、
ママ友と久しぶりに、お茶をするということもあるでしょう。
しめ飾りを早々に外さずに、お正月だからゆっくりしようと過ごすのも良いですね。

昔のしきたりですが、最近も比較的1/7に外さずに1/15頃まで飾っている家庭が多いです。
転勤で関西に来られるといった方もいるので、全員がそうではありませんが、
今後も関西は1/15を守っていくのではないでしょうか。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP