【こんなにあるの!】美味しくて縁起のいい食べ物や飲み物♪

縁起物というと本当にたくさんありますが、食べ物や飲み物にも縁起のいいものが多いです。由来を知っていれば、美味しく食べて運勢アップも期待できるかもしれませんね。いろいろな食べ物や飲み物について調べてみました。

大福茶(おおぶくちゃ)

梅干と昆布の入ったお茶を大福茶といいます。これをお正月に飲んで無病息災を願う地域もあるようです。普段いただくにも美味しそうなお茶ですね。
 (4480)

起源は、1050年ほど昔。京都に疫病が流行したとき、空也上人が薬茶として庶民にふるまったものです。

村上天皇も服したもので、皇服茶・王服茶といいます。庶民にも”福”を、ということで、現在の、「大福茶(おおぶくちゃ)」という名前がつきました。

お正月に北野天満宮(きたのてんまんぐう)や、空也像のある六波羅蜜寺(ろくはらみつでら)で、参拝者にふるまわれます。

たこ焼き

たこ→オクトパス(置くとパス)、多幸、という語呂合わせから、合格を引き寄せると言われているんです。夜食に食べるにもちょうどいいですよね!
 (4482)

タコは「多幸」「善いものに吸い付く」「体色の赤は縁起よし」「苦難を煙に巻く」など云われます。また英語で「OCTOPUS」は置いておくとパスするという語呂から、難なく乗り越えるという意味も好まれます。

おむすび

良い結果を結びつけるということから、縁起のいい食べ物とされています。
ゲンを担ぐには「おにぎり」ではなくて「おむすび」と呼んだ方がいいようですね。
また、形にも地域によって意味合いが違うようです。今ではコンビニなどで三角形のものが多くなっていますが、関西の一部や神奈川では弔辞用とする場合もあるようです。
 (4489)

弔事や慶事、炊き出しなどに利用されるおむすびですが、神奈川県のある地域のように、ふだんは丸形で弔事の時には三角形で結ぶという例もあります。今でも地元の老人などは、市販されている三角形のおむすびは「縁起が悪い」と言って口にしないそうです。また、ふだんは三角形ですが、慶事の時には丸形にして「カドをたてない」と言って良縁を結ぶ意志を表すという地域もあります。別の地域では「三角のおむすびは火事見舞いの時にだけ結ぶ」という伝承が残る一方、反対に火事や水害の時には急いでたくさん作るので丸く結び、行楽の時には三角に結ぶという全く逆の区別をしているところもあります。

贈答品の定番、ハムを作るのに欠かせない豚は、世界各地で縁起のいい食品とされています。
ビタミンBをはじめ優れた栄養が含まれることから、肉類の中でも美容や健康に役立つと注目されている食材です。
 (4499)

ブタは、世界的に縁起が良いとされている生き物です。
ドイツ語では、思いがけず良い事があった時「Schwein haben」(ぶたを手に入れた)、運が良かった「 Schwein gehabt」(ぶたを持っていた)と言うそうです。
また、誕生日・旅立ちの時などにブタと1ペニヒ硬貨(ドイツ旧補助通貨)をあわせたものや、四つ葉のクローバーとブタを組み合わせたブタのフィギアを渡す習慣もあるそうです。
Welcome ブタくん
元旦に豚を食べるとその一年は幸せに過ごせるという言い伝えもあります。日本でも沖縄には「豚正月」という言葉もありますね。
オーストリアでは年の変わり目に、親しい人の間でラッキーグッズを交換する習慣があるそうです。ブタは新しい年の幸福を運んでくると言われているため、お正月前には、硬貨や四葉のクローバーをくわえたブタの置物などがドイツやオーストリアの店に多く並ぶようです。

エビ

腰が曲がっても元気で長生きできるようにという、昔からの縁起食です。お祝いの席などには、よく登場する食品ですね。
 (4481)

「えび」は、海の老人「海老」とも書き、「腰が曲がるまで」という意味の長寿を表し、めでたいことに使われるようになったそうです。

 また、その姿は、具足や鎧をつけた武将の姿を連想させ、武人としての命運が長く無事が続く「武運長久(ぶうんちょうきゅう)」の意味もあるそうです。

鰤(ぶり)

出世魚として、お祝いで使われうことも多い魚です。
 (4687)

成長につれて名前が変わる「出世魚」の代表ともいえる魚。江戸時代になって、武士の出世を象徴するめでたい魚として様々な祝事に用いられてきました。
冬においしい出世魚ということで、関西や北陸地方の正月には欠かせない魚です。
ブリ

ブリは、条鰭綱[1] スズキ目 アジ科に属する魚。「ぶり はまち、元はいなだの出世魚」という川柳がある。

代表的な呼び名
ワカシ:15 cm くらいまでのもの
イナダ:40 cm くらい(夏に旨い)
ワラサ:60 cm くらい
ブリ:90 cm 以上(夏は味が落ちる)

関東:ワカシ → イナダ → ワラサ → ブリ
関西:ツバス → ハマチ → メジロ → ブリ
東北:ツベ → イナダ → アオ → ブリ
下北地方:フクラギ → イナダ → ワラサ → ブリ
北陸:ツバエリ → コズクラ → フクラギ → アオブリ → ハナジロ → ブリ
富山県:ツバイソ → コズクラ → フクラギ → ハマチ → ガンド → ブリ
山陰:ショウジゴ → ワカナ → メジロ → ハマチ → ブリ
四国・山口県・広島県:ヤズ → ハマチ → ブリ
九州:ワカナゴ → ヤズ → ハマチ → メジロ → ブリ → オオウオ

煮物にも刺身にもなる鰤は、地方によってはお祝いの席の定番となっています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP