七草粥ってなんで食べるの?七草に込められた意味とは?

1月7日、お正月気分が抜ける頃に食べるものが「七草粥」です。皆様は、何故この日に七草粥を食べるのか知っていますか?七草それぞれに込められた意味とは?いつから食べられ始めたの?その意味や由来を説明していきます。

お正月の締め、七草粥。

お正月の締め、七草粥。

1月7日、そろそろお正月気分から抜けなきゃ……という日。
そんな時に食べるのが七草粥です。
では、何故7日に七草粥を食べるのでしょうか?
「七草」に込められた意味とは?

七草っていったい何?

そもそも、七草粥の「七草」とは何のことだか知っていますか?
春の七草|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (21307)

1.芹(せり)
    川辺・湿地に生える。
2.薺(なずな)
    ペンペン草
3.御形(ごぎょう)
    母子草。
4.繁縷(はこべら、はこべ)
    小さい白い花。
5.仏の座(ほとけのざ)
    正しくは
    田平子(たびらこ)。
6.菘(すずな)
    蕪(かぶ)。
7.蘿蔔(すずしろ)
    大根。
子どもの頃、「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞななくさ」と覚えた方も多いのではないでしょうか。
そして、それぞれ下のような意味が込められています。

1.セリ(芹)

せり|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (21624)

セリ …競り勝つ
競り勝つの「せり」と掛けています。

2.ナズナ

ペンペン草|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (21627)

ナズナ …なでて汚れをはらう
撫でる→なぜる→なずる→なずな……といった感じの音の変化から来ているのでしょうか。

3.ゴギョウ(御形)

 (21630)

ゴギョウ …仏体
ゴギョウは漢字にすると「御形」。御→接頭語、形→人形という意味です。

4.ハコベラ

大サイズ高解像度のはこべらのフリー素材 (21634)

ハコベラ …繁栄がはびこる
はびこる→はこべら、から来ているようです。

5.ホトケノザ(仏の座)

大サイズ高解像度のほとけのざのフリー素材 (21639)

ホトケノザ …仏の安座
名前の通りですね。ちなみに上にも書いてある通り、七草のホトケノザは「コオニタビラコ」という植物です。シソ科のホトケノザ(サンガイグサ)とは別物ですのでご注意を。

6.スズナ

大サイズ高解像度のすずなのフリー素材 (21644)

スズナ …神様を呼ぶ鈴
スズナの「すず」と掛けています。漢字では「鈴菜」とも表記されます。

7.スズシロ

大サイズ高解像度のすずしろのフリー素材 (21656)

スズシロ …汚れのない純白さ
スズシロは漢字で書くと「清白」!名前から既に純白さが溢れていますね。

どうして七草粥を食べるの?

七草粥|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (21887)

この7種の野菜を刻んで入れたかゆを七草がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。
他にも、このような意味があります。
「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、子どものころに一生懸命覚えた春の七草の名前です。ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。
七草の種類は時代や土地によって異なり、七草がもっと多くなったり、少ない場合もあったそうですが、いつの時代もどんな土地でも、年頭にあたって豊年を祈願し、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらお粥をいただくその気持ちに差はありません。
家族の健康を祈る意味もあるのですね。

なんでお粥にするの?

七草粥|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (21621)

何故お粥にして食べるのでしょうか。
それにはこういった理由があります。
ところで、なぜ七草粥なのでしょう。
七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたのです。古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたとか。こんな、おまじないのような食べ方も素敵ですが、実はこの七草粥、とても理に叶った習慣です。
七草はいわば日本のハーブ、そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです。また、あっさりと仕上げたお粥は、少し濃い味のおせち料理がつづいたあとで、とても新鮮な味わい。

番外編!こんな「七草」も?

今まで紹介してきたものは、「春の七草」と呼ばれるものです。
しかし、実は「夏の七草」「秋の七草」というものもあることをご存じですか?

夏の七草

1945年6月20日、日本学術振興会学術部・野生植物活用研究小委員会が、戦時中の食糧難の時節にも食べられる植物として、以下の7種類を「夏の七草」に選定している。さらに、戦後の1946年9月10日、雑誌と同じ内容のパンフレットが出版された。
あかざ

いのこづち
猪子槌

ひゆ

すべりひゆ
滑莧

しろつめくさ
白詰草

ひめじょおん
姫女菀

つゆくさ
露草

現在も変わらぬ名称で親しまれている花が多いですね。

秋の七草

春の七種と違い、秋の七草に直接何かをする行事は特にない。秋の野の花が咲き乱れる野原を「花野」(はなの)といい、花野を散策して短歌や俳句を詠むことが古来より行われていた。秋の七草はそれを摘んだり食べたりするものではなく観賞するためのものであり、ゆえに「秋の七草がゆ」というものも存在しない。
おみなえし
女郎花

おばな
尾花

ききょう
桔梗

なでしこ
撫子

ふじばかま
藤袴

くず

はぎ

尾花は、現在の名称で言うと「ススキ」になります。
知れば知るほど味わい深くなる七草。
是非ご家族や友人に話してみてくださいね!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP