【縁起物】大切な行事「端午の節句」は何するの?【食事】

子どもが生まれると、その子が丈夫に健康に育つようにと、いろんな縁起のいいことをしてあげたいと思いますよね。例えば端午の節句です。端午の節句は一体どんな行事を行ったら良いのでしょうか?まとめてみました。

端午の「午」は五月の5のこと。

 (11857)

「端午」の「端」は「はじまり」。「午」は「うまの日」。
「この月はじめての午の日」を表現、つまり月の初めの午(うま)の日のこと。

端午の節句で食べたい縁起物の食べ物。

 (11858)

「めでたい」
にちなんで、祝いの席で昔からよく使われる定番の縁起物です。

やはり、鯛があるとおめでたさや豪華さがグッと増しますよね!

端午の節句に兜を飾る事から、鯛の頭を焼いた「かぶと焼き」は祝い料理によく見られる一品です。

海老

「腰が曲がるほど長生きするように」
という長寿の願いを込めた縁起物です。
また、海老の「赤」がおめでたい紅白にぴったりという事から、祝い料理には欠かせない食材となっています。

鯛と同様、海老があると料理の豪華さ・おめでたさが増し、華やかになりますね☆

よもぎ

「邪気を払い無事に成長する」
という縁起を担いだ食材です。

また、よもぎの薬効により健康に育つ、という意味もあると言われています。

端午の節句が近付くと、よもぎを使った柏餅をよく見かけますよね。

柏餅は端午の節句の定番ですよね。魔よけの意味があったんですね。

ほかの食べ物も縁起の良いものばかりです。

料理はママの腕の見せ所。子どもが小さいと忙しいと思いますので、お惣菜の力も借りながら

記念になる一日にしましょう。

柏餅を食べるのは、なぜ?

 (11859)

柏餅の柏は昔から神聖な木とされ、柏の木に神が宿っていることから「拍手を打つ」と言う言葉がうまれました。また、新芽が出ないと古い葉が落ちないため「子供が生まれるまでは親は死なない」、すなわち「家系が途絶えない」という子孫繁栄の意味が込められています。

また、柏餅には葉の表を外向けに巻いているものと、裏を外向けて巻いているものがあります。この違いは中身の違いを表しており、小豆あんのときは柏の表を外向けにし、味噌あんなら柏の裏を外向けに巻いてあります。

柏の木の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちません。

このことが「子供が生まれるまで親は死なない」
という思いにつながり
「家系が絶えない」「子孫繁栄」という縁起を担いだのです。

普段からスーパーでも販売されている柏餅ですが、実は縁起のいい行事菓子だったんですね。

ちまきを食べる理由。

 (11860)

今からおよそ2300年前の中国に、屈原(くつげん)という詩人がおりました。屈原は国王の側近として仕え、その正義感と国を思う強さで人々から大変慕われていましたが、陰謀によって失脚し、国を追われてしまいます。その時の思いをうたった「離騒(りそう)」という長編叙事詩は中国文学の名作となりますが、国の行く末に失望した屈源は、汨羅(べきら)という川に身を投げてしまいました。

その日が5月5日。屈原の死を悲しんだ国民達は、川に沈んだ屈源が魚に食べられてしまわないよう、小船の上から太鼓を叩いて魚をおどしたり、供物を投げ入れて弔いました。

ところが、せっかく川に捧げた供物も、屈原のもとに届く前に悪い龍に盗まれてしまいます。そこで、龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)の葉っぱで餅米を包み、邪気を払う五色の糸で縛ってから川へ流すようにしたところ、無事に屈原のもとへ届くようになったそうです。

こうして粽が誕生し、5月5日に粽を作って災いを除ける風習が端午の節句となりました。また、粽に結んだ赤・青・黄・白・黒の五色の糸は、子供が無事に育つようにとの魔よけの意味を込め、鯉のぼりの吹流しの色に反映されています。

あなたは端午の節句の時、柏餅を食べますか?ちまきですか?

端午の節句が中国から伝わってきたときに、ちまきも一緒に入ってきたようですが、関西ではちまき、

関東では柏餅が定着したそうです。

節句の日は菖蒲湯に入ろう。

 (11862)

中国では古来から、
端午節に菖蒲を厄除けとして用いてきました。

つまり、5月5日の端午節になると、無病息災を祈って
摘んできた菖蒲やよもぎを軒に吊るしたり、
菖蒲酒にして飲んだり、
または枕の下に敷いて寝る風習があったのです。

こう言った邪気を払う風習を、
中国では浴欄節(よくらんせつ)と言います

端午の節句には菖蒲がふんだんに使われます。

お風呂に入れるだけでなく、軒下につるしたり、お酒にしたりするんですね。

昔の人たちもこうして邪気を払い子供の成長を願ったのですね。

端午の節句ではほかに何をするの?

 (11865)

五月人形などの鎧(よろい)や兜(かぶと)を飾り鯉のぼりを上げ、ちまきや柏餅(かしわもち)を用意して祝います。

鎧や兜が戦いの中で身を守る大切な役目を持っていたため厄除け、守り神といった意味があり

五月人形鯉は「鯉の滝登り」などから威勢のよさを象徴する魚とされ

子供の出世願いや、どんな環境にも耐えるような立派な人になって欲しいと

飾るようになったと言われています。また鯉のぼりは、天の神様に知らせる

目印にするために、立てたとも言われています。

男の子のいるおうちでは、鎧や兜を買って毎年飾るのは定番ですよね。

いまは、お家でもスペースがなかったりなかなか大きな兜やこいのぼりをを飾ることは

難しくなってきましたが、大きさ問わず、子供の成長を祈って端午の節句をお祝いしようとする

いまも昔も、親の気持ちは変わりません。

できることをしてあげたいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP