【2016年最強の開運法】幸せホルモン「セロトニン」とは?

朝日を浴びると健康に良いとは昔からよく言われています。中国4000年の歴史を誇る秘伝占術「奇門遁甲(きもんとんこう)」の昇龍さんによると、今年一番の開運法は「朝日のエネルギーを味方につけること」 だそう。

2016年「丙申」 「朝日を浴びる」ことは、今年一番の開運法

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7101)

■2016年運気を上げるキーワードは朝日!

2016年は四柱推命で「丙申」の年。何事も難しく考えず、陽気に楽しく過ごす方が「丙申」の星は活気づきます。

また、今年は「丙」の象徴である太陽を浴びることで、運気が活発になります。もっとも良いのは朝日。パワー不足を感じたら、朝日のエネルギーを味方につけましょう。「朝活」など早朝の時間を有効に活用して楽しむことが、今年一番の開運法です。

2016年の今年の干支は「丙申(ひのえさる)」です。  「丙」の象徴は太陽。
浴びることで運気が上がりますが、もっとも良いのが「朝日を浴びること」なんですね。
昔から朝日を浴びることは健康に良いといわれています。
60年ぶりにやってきた「丙申(ひのえさる)」の今年、朝日を浴びることを生活習慣にすれば、
強力にエネルギーをチャージできる年になるかもしれませんね!

朝日を浴びる習慣をすぐ始めると良い、もう1つの理由。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7104)

2016年の干支(えと)は、60年ぶりにやってきた丙申(ひのえさる)です。 キーワードは「形が明らかになってくる」「実が固まっていく」。 2016年は何かを始めるというよりも、これまでの頑張りが形になっていく。
待つだけでなく、積極的に行くべきかもしれませんよ。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7106)

ここまでの開運のためのキーワードは、「朝日」「形が明らかになってくる」「実が固まっていく」です。
何かをずっと頑張り続けている人なら、頑張りが形になっていくという「丙申(ひのえさる)」の今年、
朝日を浴びる習慣を生活にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

朝日を浴びるとなぜいいか、その他の理由。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7109)

朝日を浴びると運があがる!? その理由とは?

○脳から出ているメラトニンという睡眠をつかさどるホルモンが、セロトニンというホルモンに、速やかに置き換わる。その結果、爽やかな目覚めがおこり、知的能力、判断力がアップして、仕事や活動でパフォーマンスがアップする。

○朝日を浴びようと、おきることで、体内時計が整う。そのため、体調がよくなり、食欲や睡眠リズムも整う。自律神経の狂いがちな毎日を、調整できる。

○朝日を浴びようとすることで、時間的余裕が生まれ、朝ご飯を、きちんと摂るようになる。 そのため、血糖値が安定し、体調が整うために、午前中のパフォーマンスが、あがりやすくなる。

○朝の空気は、マイナスイオンが、一日のうちで一番含まれているので、気持ちが安定し、プラス思考が生まれやすい。

無料イラストなら「イラストAC」 (7111)

朝日を浴びる効果(メリット)とは?

■うつ病予防
太陽の光を浴びることで、脳内のセロトニンの分泌を促します。 セロトニンの不足は、うつ状態になったり、ストレスを溜め込みがちになったり、マイナス思考に陥りやすいと言われています。 健全な精神面を作り上げる手助けとなるのです。

朝日を浴びるとセロトニンというホルモンが分泌されます。
セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれています。
セロトニンには心を穏やかに保つ働きがあるためです。

朝日を浴びると分泌される、幸せホルモン「セロトニン」とは?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7114)

セロトニンとは神経伝達物質の一つで、主に精神の安定や安らぎをもたらしてくれる物質です。 セロトニンがたくさん分泌されていると、小さいことに幸せを感じられるようになり、毎日の生活にハリがでて表情も自然と若々しい印象を保つことが出来ます。

このセロトニンが不足してしまうと、落ち込みやすくなったり、怒りっぽくなったり、冷え性、不眠などに繋がってしまいます。実はうつ病も、このセロトニンの分泌が出来なくなる機能不全であり、精神的要因だけが原因ではないという事もわかっています。

セロトニンの不足が、うつ病の原因や気分の落ち込み、冷え性、不眠につながることも。
セロトニンは、 健康で幸福感を感じて生きるためには必要不可欠なホルモンですね。

幸せホルモン「セロトニン」の美容/健康効果とは?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7117)

美容や健康にも大きな影響が

セロトニンにはストレスを排除し心のバランスをとってくれる作用があるため、ストレスからくる肌トラブルの抑制が期待出来ます。

また、睡眠ホルモンとして知られている「メラトニン」は、セロトニンとワンセットになっている事もわかっています。 つまり、セロトニンがしっかり分泌されれば自然とメラトニンも増え夜ぐっすりと眠れるようになるのです。

また、セロトニンは姿勢を保つ「抗重力筋」を刺激して背筋をシャンとさせる作用があります。 この抗重力筋はフェイスラインにも存在するので、顔や身体が引き締まり若々しくなる効果も期待出来ます。

セロトニンは、睡眠の質や姿勢・フェイスラインにも影響を与えるホルモン。
若々しく元気に過ごしたいと思っている人には、不足してはならないものですね。

幸せホルモン「セロトニン」を増やす食べ物は?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7120)

セロトニンを増やす食品とは?

セロトニンを増やす重要な成分として見逃すことのできないのが、必須アミノ酸の1種であるトリプトファンです。では、トリプトファンを多く含む食品にはどのようなものがあるのでしょうか?

牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品や、豆腐・納豆・しょうゆ・味噌などの大豆製品。 さらに、カツオ・マグロなどの魚類、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、バナナや小麦胚芽、卵などにも多く含まれています。

また、セロトニンはトリプトファンだけでなく、ビタミンB6やマグネシウム、ナイアシンからも合成されます。ビタミンB6は、サンマやニンニク、マグネシウムはわかめやひじきに、ナイアシンはきのこ類や緑黄色野菜などに多く含まれているため、積極的に取り入れることをオススメします。

セロトニンの95%は腸内で作られています。
美容・健康に大きな効果をもたらす幸せホルモン・セロトニンを増やすためにも、
普段から腸内環境を整えたり、冷やしたりしないよう気を付けなければいけませんね。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7122)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP