「1年で昼が長い日」だけではない?夏至の由来や意味とは?

「夏至ってどんな日?」と聞かれると、「1年で昼が長い日」というのが一般的な解釈でしょう。しかし、夏至は単に昼間が長いだけなく、その時期に行われる風習などもあるようです。ここでは、夏至の意味について振り返るとともに、夏至で行われる風習についてもまとめてみました。

夏至とは?

一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日。冬至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上もあります。暦の上では夏季の真ん中にあたりますが、実際には梅雨の真っ盛りで、農家では田植えに繁忙を極める頃。暑さのピークは1カ月ほど先になります。
 (29490)

夏至とは、一言で言ってしまえば、「1年で最も昼が長い日」ですが、「二十四節気」の一つとのこと。そこで、二十四節気とは何かを見てみましょう。

二十四節気とは?

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位4等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。
二十四気(にじゅうしき)ともいう。太陰太陽暦において月名を決定し、季節とのずれを調整するための指標として使われる。
二十四節気は太陽の動きをもとにしています。太陽が移動する天球上の道を黄道といい、黄道を24等分したものが二十四節気です。
黄道を夏至と冬至の「二至」で2等分
   ↓
さらに春分と秋分の「二分」で4等分
   ↓
それぞれの中間に立春、立夏、立秋、立冬の「四立」を入れて「八節」とする
   ↓
一節は45日。これを15日ずつに3等分し「二十四節気」とする
   ↓
さらに5日ずつに3等分し、時候を表したものが「七十二候」
二十四節気は、毎年同じ時期に同じ節気がめぐってきます。そして、節気の間隔が一定で半月ごとの季節変化に対応できるので、天候に左右される農業の目安として大変便利なものでした。季節を知るよりどころでもあったため、天候や生き物の様子を表す名前がつけられ、今でも年中行事や事項の挨拶など色々なシーンで使われています。
我々が言っている季節とは、この「二十四節気」が元になっているそうです。
二十四節気を知っていれば、太陽の位置に基づいたより正確な季節感をつかめることから、農業に携わる人にはとても便利なものだったのでしょう。

夏至で行われる催し

夏はお祭りのイメージがありますが、夏至ではどういった風習があるのでしょうか。
調べてみると、日本の一部と北欧の国々では、夏至にお祭りが催されているようです。
それらについて見てみましょう。

日本~二見興玉神社 夏至祭

太陽のエネルギーが最も溢れる夏至の日の出と共に禊をする祭典で夫婦岩の前で行います。
古くから二見浦一帯は、伊勢参宮を控えた人々が心身を清め、罪穢れを祓うべく、禊祓をされた場所でした。午前3時30分より夏至祭が斎行され、続いて日の出の時刻(午前4時40分頃)に合わせて禊行事が行われます。
※夏至の前後1か月だけ、夫婦岩の間から朝日が昇ります。
 (29768)

夫婦岩付近一帯は古くより清渚と呼ばれ、伊勢参宮を前に人々が汐を浴び、心身を清めた禊浜として尊ばれてきました。
太陽のエネルギーが最も溢れる夏至の日に、夫婦岩の間から差し昇る朝日浴びながら、禊を行います。
天候が良ければ、富士山の背から差し昇る朝日を拝することが出来、その感動は筆舌に尽くし難いものがあります。

海外(フィンランド)~夏至祭

夏至祭はフィンランドの重要な国民の祝日です。1年で一番日の長い夏至をお祝いする週末は、都市部を離れ、サマーコテージで、パーティーをしたり、のんびりしながら、友達や家族と過ごすのが一般的です。

夏至祭は暖かい夏が始まる日だという認識もあり、その前日から夏の休暇に入る人も多いのです。6月後半の夏の到来を祝うこの時期、フィンランドの北部では、真夜中でも太陽が沈みません。また、南部でも夜が暗くなるということはなく、国中どこでも白夜になるのです。

昔は、夏至祭の間ずっと、かがり火(”コッコ”)を焚いて、悪魔のスピリットを追い払い豊作を願いました。古い言い伝えによれば、大騒ぎすることで悪魔を追い払って、幸運を呼び込むことができるということです。夏至祭の間に飲んだアルコールの量が、その年の作物の出来高に影響すると思っている人すらいたりします。
日本では神聖なものとして禊を行い、フィンランドでは国民の祝日として楽しく過ごすというのもかなり対照的な印象です。
ちなみに、スウェーデンなど他の北欧諸国でも、夏至祭があるのだとか。
緯度が高く白夜のある北欧の国では、夏という季節は短く貴重でしょうから、夏至はそれだけ特別な日なのかもしれませんね。

夏至で食べるものは?

冬至にはかぼちゃを食べると言いますが、夏至で食べるものと言われるとピンとこない気がします。しかし、夏至にも食べ物を用意する習慣があるようで、地域によっても差があるようです。
一例をご紹介します。
 (29492)

関東では、古来から小麦と稲の二毛作が伝統とされていました。

それらを原料として、夏至では小麦餅という食べ物を食べる習慣があったそうです。

関西には、夏至から半夏生の間にタコを食べる習慣が今でも残っています。これには田植えをした後「タコの足の様に、沢山の稲が根付き、そして吸盤のようにピッタリと地について離れないように」という願いが込められているそうです。
関西でタコを食べる習慣があるとは知りませんでした。タコの足や吸盤から豊作を祈るというのはとても面白いですね。
香川の農村部では、半夏生(はんげしょう:夏至から数えて11日目)に天から毒気が降るという言い伝えがあり、この日には、毒を消す力があるといわれる小麦で作られたうどんなどを食べる風習がありました。麦刈り、田植えと続いた農作業が一段落するこの日には食べるうどんはお百姓さんの楽しみの一つでした。   
夏至の日にうどんとは、なんとも香川らしい文化ですね。確かに暑くなってきて食欲も低下しがちな時期に、喉ごしのよいうどんは最高かもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今までは昼が一番長い日程度に捉えていた夏至ですが、農業関係の方には田植えが忙しくなる時期だったり、北欧ではお祭りする日であったり、一部の地域では特定の食べ物を食べたりと、まとめてみると大事な一日であるということがよくわかりました。

夏至の日には地方の風習を組み合わせた「タコうどん」(?)を食べて、暑い夏に備えるというのもありかもしれません!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP