実は意外と知らない?バレンタインデーの本当の意味と歴史

2月14日はバレンタインデー。女性が意中の男性にチョコレートを贈り、想いを伝える日として知られています。ところで、そんなバレンタインデーの本当の意味、果たしてどんなものかご存知ですか?歴史をたどりながらまとめました。

バレンタインデー、そもそもの語源は?

日本でもすっかりおなじみの「バレンタインデー」。
とはいえ、いつ、どこで始まったのかと聞かれると、やはり返答に困ってしまいます。
ということで、まずは歴史を紐解いていくと…、どうやら1700年以上前まで遡るようです。

バレンタインは人名だった

 (23177)

西暦3世紀のローマでのことです。皇帝クラウディウス二世(在位268-270)は、若者たちがなかなか戦争に出たがらないので、手を焼いていました。その理由は彼らが自分の家族や愛する者たちを去りたくないからだと確信するようになったクラウディウスは、ついに結婚を禁止してしまったのです。

ところが、インテラムナ(イタリア中部にある町で、現在のテルニ)のキリスト教司祭であるバレンティヌス、英語読みではバレンタインは、かわいそうな兵士たちをみかねて、内緒で結婚をさせていました。それが皇帝の知るところとなったから大変です。 しかも、当時のローマでは、キリスト教が迫害されていました。

皇帝は、バレンティヌスに罪を認めさせてローマの宗教に改宗させようとしましたが、バレンティヌスはそれを拒否しました。そこで、投獄され、ついには西暦269年2月14日に、処刑されてしまったということです。(270年という説もあります)。

バレンティヌスの英語読みがバレンタイン、ということなんですね。
それにしても悲しすぎる話です。バレンティヌスが報われませんね…。

バレンタインデーの始まり

 (23178)

時は流れ、200年後のローマ。2月14日には、独身の男女がくじ引きでつきあう人を決めるというお祭りが行われていました。風紀の乱れを懸念したキリスト教は、このお祭りを廃止し、キリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることを定めます。そこで選ばれたのが、200年前、恋人達のために命を落とした、かのバレンタインでした。

それ以降キリスト教で2月14日は、恋人達がギフトやカードを贈り合う日として定着します。

というのが一般的にいわれているバレンタインデーの由来でしたが、諸説あるようです。現在では15世紀頃に恋人の要素が付け足され、バレンタインが恋人の守護聖人になったとも。

200年が経って、ようやくバレンティヌスの行いが認められる時が来ました。
後付け要素もありますが、キリスト教の「お祭り」がバレンタインデーの始まりになったわけですね。

日本でのバレンタインデーの始まり

ヨーロッパでお祭りとして始まった、バレンタインデー。
では、日本ではいつ始まり、どのように広がっていったのでしょうか?
 (23180)

○ 日本では、バレンタインデーは女性から男性へ愛の贈り物として、チョコレートを贈る習慣がありますが、現在の形のバレンタインデーの始まりは、昭和30年代(1950年代)に入ってからのようです。 以後、多くのことが関係して「バレンタインデーにはチョコレートを女性から男性に」という習慣が定着し、今日のような盛んな行事になったようです。
○ 朝日新聞1996年(平成9年)9月21日付け日曜版{地球「食材の旅」・カカオ}に日本のバレンタインデーのルーツが掲載されていますので、抜粋してみました。
1958年(昭和33年)2月メリーチョコレート会社(東京)は新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出した。3日間で売れたのは30円の板チョコ5枚と4円のカード5枚だけであった。
翌年ハート型チョコを作った。「女性から男性へ」という殺し文句を作ったのもその頃だ。
1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が送られた。神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからという。
チョコレート会社「モロゾフ」(神戸)は1936年(昭和11年)2月12日に、神戸で発行されていた外国人向け英字新聞にバレンタインデー向けチョコレートの広告を出している。
外国人向けとはいえ、実は戦前にルーツがあったとは知りませんでした。
本格的に世間に向けて発信されたのも、わりと早い時期だったんですね。
○ この時期にはバレンタイデー用のチョコレートをお買い上げいただいた方々を劇場に招待したり、景品には当時大変貴重であった腕時計をプレゼントとするという新聞広告もありました。
○ 各社がハート型チョコレートを発売したのもこの時期です。
○ 多くのチョコレート会社が「バレンタイデーにチョコレート」の販売戦略を進めていくうちに、昭和40年代末から50年代にかけて、女性のこころを捉えて徐々に盛り上がり、今日のように盛んな行事になったと考えられます。
劇場招待や腕時計のプレゼントなどがあったとは驚きですね!
チョコレートがこれだけ世間に広く浸透したのは、バレンタインデーがあったからなのかもしれません。
バレンタインデーにチョコレートを贈るというのは、小学校高学年から高校生までの学生層から広まったという。1980年代後半頃には夫や父親、義父に贈る主婦層にも普及した。
現在では海外でのバレンタインへの認識に近づき、感謝の意を伝える『友チョコ』や『部下チョコ』なども定着してきましたね。

バレンタインデーの日本独自の広がり

バレンタインデーは、今日の日本では「女性が意中の男性にチョコレートを贈り、想いを伝える日」というだけではなくなっているようです。

友チョコ

2月14日のバレンタインデーの日に、バレンタインデーに同性の友人に贈るチョコレート。女性同士で交換しあって楽しむものが多い。恋愛感情が伴わないため「義理チョコ」のひとつとされる。なお、お世話になった人に贈るチョコレートは「世話チョコ」、家族に贈るチョコレートは「ファミチョコ」、上司が部下に贈るチョコレートは「部下チョコ」、バレンタインデーに男性から女性に贈られるチョコは「逆チョコ」などと呼ばれることがある。
女性同士で気軽にできるのもいいのかもしれません。
友チョコ以外にも、自分のために用意する「自分チョコ」というのもあるそうです。
また、男性が自分のために用意するチョコは「俺チョコ」と呼んだりもするそうですよ。
日本だけかもしれませんが、徐々にバレンタインデーの形が変化しているようですね。

さて、皆さんはどんなバレンタインデーを過ごすのでしょうか?
バレンタインデー本来の意味にのっとり、教会で恋人たちのために殉教したバレンティヌス司祭のために祈りを捧げる、というのもいいかもしれませんね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP