出会いたい「幸せを呼ぶ黄色い新幹線」ドクターイエロー

ドクターイエローは新幹線のレールなどを点検する、新幹線で滅多に見る事が出来ない新幹線であるところから、「幸せを呼ぶ黄色い新幹線」と呼ばれたりしています。
そんなドクターイエローを見るにはどうすれば良いのか、撮影ポイントについて調べました。

「幸せを呼ぶ」ドクターイエロー

ドクターイエロー - Wikipedia (26405)

ドクターイエローとは、新幹線区間において、線路のゆがみ具合や架線の状態、信号電流の状況などを検測しながら走行し、新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両の愛称である
テレビなどでもおなじみの、新幹線区間を点検して走る新幹線がドクターイエローです。
安全運行のためには欠かすことの出来ない新幹線ですね。
運行は10日に1回程度の頻度であり、走行時刻は非公開である。運が良くなければ見られないため、鉄道ファンを中心に、縁起物のような扱いをされる。
ドクターイエローは、基本的には路線の検定作業のみに使用されるが、阪神・淡路大震災では建設資材輸送に使われるなど、緊急時には例外的な運用も行われる。
運行時間は完全非公開ですので、どこでいつ走っているのかは分かりません。
その為、偶然でも見る事が出来ればとても縁起が良いとされています。

確実に見る方法

新幹線の安全運行を保つために、走行しながら架線、信号、軌道の検査を行う事業用の新幹線電車。車体の色から「ドクターイエロー」の愛称がつけられた。
車両展示|リニア・鉄道館|JR東海 (26407)

名古屋市にあるリニア・鉄道館ではドクターイエローが展示されていますので確実に見る事が出来ます。
残念ながら実走姿は拝められませんが、「どうしても一目みたい!」という方は、鉄道館まで行ってみるのも良いですね。

どこを走っているの?

ドクターイエローの走る姿が見える区間は必然的に、東京から博多までの新幹線の路線上となり、
東京駅発、博多駅着の下りと博多駅発、東京駅着の上りが定期的に走行されています。
また、ドクターイエローの運行ダイヤには新幹線のぞみと同じダイヤで走行する「のぞみ検測」と各駅停車の新幹線こだまのダイヤで走る「こだま検測」の2種類があることがわかっています。
走る区間は、東京から博多までの新幹線区間となっているようです。
多くの方の目撃から確率は高いようですね。

のぞみ検測

「のぞみ検測」はおよそ10日に1回くらいのペースで、「のぞみ」の臨時列車が運転されない日に、その臨時列車と同じ時刻でドクターイエローを走行させて検測を行います。すでに多くのサイトで指摘されているデータによれば、下りは「のぞみ337」(東京 11:47→ 新大阪 14:20)、上りは「のぞみ386」(新大阪 16:23 → 東京 18:56)の時刻でドクターイエローが走るそうです。したがって、「のぞみ検測」の際のドクターイエローの運転時刻は、以下のとおり。

下り「のぞみ検測」(「のぞみ337」の運転時刻と同じ)
東京 11:47 → 品川 11:54 → 新横浜 12:06 → 名古屋 13:28着/13:29発 → 京都 14:05着/14:06発 → 新大阪 14:20
上り「のぞみ検測」(「のぞみ386」の運転時刻と同じ)
新大阪 16:23 → 京都 16:37着/16:39発 → 名古屋 17:15着/17:16発 → 新横浜 18:37 → 品川 18:49 → 東京 18:56

のぞみ検測、もしくはこだま検測と呼ばれる、新幹線区間の点検があるようです。
検測を行う時刻表が分かれば、ドクターイエローは見る事が出来るようですが、確実ではありませんので、参考にするくらいが良いかもしれないですね。

撮影ポイント

★〔ドクターイエロー撮影:№89〕★ 【 富士山と黄色い新幹線 】 : ツッチ~の☆Train Photo blog☆ (26423)

撮影ポイントとしては、東京駅を発車してすぐの有楽町・日劇付近の高架。7両編成だから編成もきれいに収まる。多摩川鉄橋では中央部に防護柵がなく7両編成が収まる。夏場の夕方通過する上り列車が狙い目だ。

ハイライトは何といっても富士山をバックにしたドクターイエロー。これは晴天で富士山が見えることが条件。冬場の晴天率が良い時が狙い目だ。写真を撮影したのは岳南電車須津(すど)駅下車15分の場所にある。

夕陽の多摩川にて - 一瞬に永遠が刻まれて (26424)

ドクターイエローを撮影したいとお考えの方は上記のポイントでは、綺麗にドクターイエローを撮影することが出来るようですよ。
富士山をバックにしたポイントは、鉄道ファンであれば一度は行ってみたいところかもしれないですね。

「幸せを呼ぶ」ドクターイエローに一度出会ってみたいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP