入学式を4月に行う意味とは?服装はどんなものがよい?

季節が春めいてくる4月は入学式の時期でもあります。その入学式が4月に行われる意味についてはご存知でしょうか?
ここでは、入学式の概要について触れながら、入学式で気を付けたい服装のチェックポイントについてまとめてみました。

入学式の概要

まず最初に、入学式について概要を見てみましょう。
「入学式=4月」というと日本では当たり前ですが、そもそもなぜ4月に行うのでしょうか。
理由を探ってみたいと思います。
明治時代の初めになると、西洋の教育が導入され、それに従って西洋と同じ9月入学が主流となりました。

しかしその後の1886年から、暦上の1~12月までの「一年」とは別に、4~3月までを一区切りとする「年度」を政府が導入します。これは正式には「会計年度」というもので、官公庁が予算を執行するための期間のこと。

当時の政府の税金収入源は農家の米だったため、秋に収穫した米を、農家が現金に換えて納税してから予算編成をしていくには、1月始まりでは間に合わなかったのです。そのため、先進国の中心であったイギリスの会計年度の区切りに合わせて、日本でも4月1日~翌年の3月31日を会計年度の期間に定めました。

この影響によって、小学校や師範学校の入学時期も4月となり、やがて大正時代には、高校や大学もすべて4月入学になったそうです。

4月に入学式をやるのには、ちゃんとした理由があったのですね。
ちなみに、海外では9月入学が主流だそうです。

では次に、入学式の一般的な進行について見てみましょう。

 (30270)

入学式では、主に次のような進行が行われる。

・新入生入場
当然予行は無く、入場・着席の要領は学級担任による事前の指示等による。

・国歌斉唱

・新入生の氏名読み上げ(「入学認定」と呼ぶ学校もある)
学級担任による(「入学を許可される者」[平成○○年度入学者」等で始まる)。

・校長による式辞
入学許可の宣言を含む。

・新入生代表による宣誓
校長に向かい、代表者が「諸規則を守る」ことなどを宣誓する。
ただし形骸化が進んでおり、代表者以外は宣誓が行われたこと自体覚えていない。
ない学校が多い。

・地域住民からの励ましの言葉
地域からの支援の手が薄い学校もあり,ない学校も多い。

・在校生代表から歓迎の言葉
これもない学校が多い。

・校歌斉唱
学校によっては、職員や生徒の代表・有志が「披露」する形で斉唱することもある。

・対面式
式後、在校生との対面式を行う学校もある。生徒会長と新入生代表による、挨拶の交換などが行われる(ただし、地域によっては入学式の翌日などにする場合がある)。
終了後、新入生は教室に移動し、その間保護者はPTA関係の式典(入会式)に臨む。

入学式後にPTAの式典なんてあったのですね。
自分が学生の時の感覚で、一安心して間違えて帰ってしまわないよう気をつけたいものです。

では、早速入学式の親の服装についてポイントをまとめてみましたので見ていきましょう。

 (30254)

入学式での服装

入学式の服装のポイントは、
地味すぎず、目立ちすぎずです!
わが子の入学を祝うおめでたい式典なので、地味すぎてもいけないし、
かといって子どもより目立つほど派手にしてはいけないということですね。

では、どのような点をポイントとして押さえておけばよいのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

①母親の服装

 (30259)

入学式では一般的には、
少し明るめの色のスーツを着る母親が多いです。

春らしい爽やかな色や喜びを表す、
華やかなスーツがとても人気があります。

白、ベージュ、パステルカラー、ライトグレー、
などがあげられます。

ちなみに、ワンピースやスカートスーツなどでもよいそうです。
お母さんの年代によって好みや合う合わないが分かれてくるため、特に決まりはないそうですが、明るめの色を選ぶのがポイントのようですね。
色の濃い、キツイイメージの色は、NO

理由としては・・・

品が無いように見えるので、
入学式の、子供たちの新しい生活や、
出会いを、お祝いする式典に、
相応しくない!と、言われているんですよ!

やはり目立ちすぎるような色はNGのようですね。

では、インナーはどのようなものを選べばよいのでしょうか、続けて見ていきましょう。

入学式・入園式の母親の服装をスカートスーツやパンツスーツにする場合には、ジャケットの中にインナーブラウスを着ます。

ママのスーツのジャケットに合わせるインナーはどんなタイプがおすすめか

ママのセレモニースーツに合わせるインナーブラウスは、かっこいい雰囲気のものより、女性らしい優しい雰囲気のものがおすすめ。合わせやすいデザインは、

1.ラウンドネックのブラウス
2.フリルのブラウス
3.リボンタイやボウタイブラウス

ブラウスも形状によってかなりイメージが変わってくるそうです。
いろいろ試してみて、お気に入りの1枚を見つけましょう!

では、色選びのポイントにはどんな点に気を付ければよいのでしょうか。

白は無難に合わせやすいですが、真っ白は他のお母様方とかぶりやすいですよね。
ですから、同じ白でもオフホワイトやクリーム色などを選んではいかがでしょうか。

薄いベージュもやわらかで優しい印象を与えます。
ただし薄いベージュはちょっと年齢が上に見えてしまう場合もありますので、
光沢のあるものがおすすめです。

色ものをお好みの方は、

・パステルトーンのピンクやイエロー
・オレンジ系
などのインナーで、落ち着いた中にも明るさや若々しさを出しましょう。

暖色系は着慣れていないという方でしたら、

・パステルブルー
・ラベンダー
・薄いモカ
を選ぶとエレガントで大人な雰囲気になってオススメですよ!

入園式は派手になりすぎないようにと言いつつも、結構いろいろな選択肢がありますね。
これだけあれば色選びにも困らなさそうですね。

続いて、アクセサリーについても見ていきましょう。

アクセサリーは、短めのパールのネックレスでラメやキラキラ光るものは避けましょう。

指輪は最低限の結婚指輪程度に、イヤリングつける場合は目立たない小さな控えめなものがいいでしょう。ゴールドやシルバーは避けた方が無難ですね。

コサージュで変化をつけると印象が変えられますので、スーツやジャケットの色のバランスを考えながらつけるといいでしょう。

例えば黒や紺などには淡い色の大きめのコサージュを、淡いピンクやアイボリーには濃い色の小さめのコサージュをつけるとバランスがいいようです。

アクセサリーは控えめで、着る服の色に応じてコサージュも、という感じでしょうか。
実際身に着けてみて、合わせながら調節していきましょう。

②父親の服装

 (30262)

続いてお父さんの服装についてまとめてみます。
お父さんの服装も、やはり目立ちすぎずがポイントのようです。
母親が和装だからと、張り切って和装で参列されている方がいますが、父親の和装は確実に浮いてしまうのでやめましょう。父親の場合の服装は、基本スーツです。入学式は式典ですので、ジーンズやジャージなどカジュアルな服装はふさわしくありません。
小学校の入学式に
礼服で参加している父親は
実際ほとんどいません。

なぜなら、
入学式は冠婚葬祭ではないので
礼服を着て行ってしまうと
浮いてしまう可能性があるのです。

礼服はNGとのこと。
おめでたい式ではあるものの、冠婚葬祭行事ではないので礼服はちょっと違うということのようですね。
入学式での父親のスーツの色ですが、
一般的には黒や紺色、グレーなどの色が多く、
無地のスーツを着用することがほとんどです。

ストライプ入りのスーツを着る父親の方は、
あまりストライプが目立たなデザインを選びましょう。

結局、よくビジネスマンが身に着けているような、グレーや紺など普通のスーツが無難だということでしょうか。

では、シャツやネクタイの色についても見てみましょう。

あくまで子どもたちの心を揺さぶらない様な落ち着いたカラーがおすすめです。

例えば、変な印象を与えない白は、その第一候補です。

他にも淡く薄いピンク・ベージュ・ブルー(水色)などは、それほど周囲に刺激を与えることもないので、若干おしゃれに攻めるという意味合いではおすすめかもしれません。

ただし、くれぐれも入学式の主役はお子さんであるということは忘れないで下さい。

たとえ淡いカラーであっても、コーディネート次第では、変に目立つきっかけとなりますので、自信がない方は無難に白を選びましょう。

基本白・黒はNGとします。

これは冠婚葬祭のイメージが強すぎるため、めでたい入学式の席ではふさわしくないと言われています。

とくに黒は、お葬式で身に着けていくネクタイのカラー(喪服)という印象が強いので、お子さんの晴れの舞台である入学式に身に着けていくのは絶対に避けてください。

おすすめとしては、入学式には、グレーが好ましいと言われています。

基本、原色(ビビッドカラー)以外の落ち着いた色合いであれば、ネクタイは大体OKです。

シャツは白が、ネクタイはグレーが最も無難な色ということのようです。
礼服同様、ネクタイは白・黒や派手な色はNGと覚えておけば、大丈夫なのではないでしょうか。

最後に

 (30256)

いかがだったでしょうか。

世界では珍しい4月入学の日本ですが、ちゃんとした理由があったのですね。
(個人的には桜が満開になり、新しい季節の始まりを感じる4月は、物事のスタートとしてとてもよいタイミングだと思いますが)

そして、大事なのは服装。
あくまでも主役は子どもですので、両親はあまり派手になりすぎないように気をつけましょう。
爽やかな春の風と陽気ような、健やかな気持ちで式を迎えたいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP