東京都内で富士登山って?【富士塚】登山でご利益を♪

日本の象徴「富士山」は昔から霊山として崇拝されてきました。そして、富士山信仰が生まれパワースポットとして大勢の人々が訪れます。その富士山がミニチュアとなって各地に存在し、それを「富士塚」と呼んでいます。

パワースポット「富士塚」とは?

東京都渋谷区「鳩の森八幡宮」境内の富士塚の見取り図

東京都渋谷区「鳩の森八幡宮」境内の富士塚の見取り図

富士山を信仰の対象としている富士浅間信仰という信仰がある。この信仰では富士山に登山することが修業にあたるのだが、江戸時代にはなかなか実際の登山はできなかった。そこで地元に富士山のミニチュアを作り、そこに登ることで富士登山を疑似的に体験する施設が作られた。それが富士塚である。
富士塚は大きいもので高さ十m程度で児童公園の築山ほどの大きさであるが、富士山から運ばれた溶岩が積み上げられ、本物の富士山同様の登山ルートと要所要所の信仰対象が再現されている。
富士山はかつては修験者の修行の霊山でしたが、
江戸時代に入ると富士講という信仰集団が結成され、庶民の間に富士山信仰が広がり、
「江戸八百八講」といわれるほど増加しました。

しかし、当時は女性の入山は禁止されていました。 また、体が弱い人は当然、登山は無理でした。
こうした人たちのために富士講では、地元の神社の境内などにミニチュアの富士山を築き、
誰でも参拝ができるようにしたといいます。 これが「富士塚」の由来のようです。

東京都内の富士塚を訪ねてみましょう。

千駄ヶ谷の富士塚

千駄ヶ谷富士塚・入口(鳩森八幡神社)

千駄ヶ谷富士塚・入口(鳩森八幡神社)

JR千駄ヶ谷駅から歩いて10分、
東京体育館の近くに
鳩森(はとのもり)八幡神社はあります。

この鳥居の奥が千駄ヶ谷富士塚です。

登山道

登山道

この富士塚は
寛政元年(1789)の築造といわれ、
東京都の有形民俗文化財に
指定されています。
寛政元年(1789)の築造と言われ、円墳形に土を盛り上げ、富士山の溶岩は頂上近くのみ配されています。
頂上に至る登山道は自然岩を用いた階段となっており、山腹にはクマザサも植えられています。山裾の御影石の里宮(浅間社)をはじめ、7合目には身祿様が安置されている洞窟、烏帽子岩、釈迦の割れ石、山頂にボク石で覆われている奥宮等富士山を再現しています。また富士塚の前にある池にみたてた場所には毎年開山式(6月3日)の頃菖蒲が咲き、訪れる人の目を楽しませています。    
山頂の浅間神社奥宮

山頂の浅間神社奥宮

奥宮の周囲は富士山の溶岩(ボク石)で造られ、
奥宮でお参りすれば、
実際に富士山に登ったのと
同じご利益があるそうです。

頂上からの眺めは
登山してからお楽しみください。

なお、富士塚登山は無料です。

冨士浅間神社ご朱印

冨士浅間神社ご朱印

社務所には、
ご朱印やお札、お守りといった
縁起物が数多くあります。

品川富士

次は、都内で最も高いといわれている富士塚です。「品川富士」と呼ばれています。
品川神社入口

品川神社入口

京浜急行、新馬場駅から歩いて約5分、
国道15号を渡ると品川神社はあります。

左の上の方に見えるのが品川富士です。

品川富士は、品川神社のなかにあります。

京浜急行「新馬場駅」から徒歩1分、品川神社のなかに、都内最大の富士塚があります。
駅の目の前なので、とことん歩かないで済みますね。

登山道と頂上

登山道と頂上

品川富士の高さはおよそ15メートルもある
都内最大級の富士塚です。
富士塚の一角にある交通旅行安全守護

富士塚の一角にある交通旅行安全守護

富士と無事、カエルと帰る、語呂合わせで
「無事帰る」ユーモラスな
縁起物が鎮座しています。

また、社務所では
「ぶじかえる」絵馬やお守りもあるそうです。

都内に現存する富士塚は60以上あるといいます。中でも「江戸七富士」と名付けられた富士塚があります。
今回紹介した「千駄ヶ谷富士」「品川富士」のほかに、五十音順で、
「江古田富士」 (茅原浅間神社)中野区
「音羽富士」 (護国寺)      文京区
「下谷坂本富士」(小野照崎神社)台東区
「十条富士」 (富士神社境内)  北区
「高松富士」 (富士浅間神社)  豊島区
です。探してみてください。
富士塚のお山開き(下谷坂本富士~台東区の小野照崎神社)

富士塚のお山開き(下谷坂本富士~台東区の小野照崎神社)

富士塚では富士山と同じように
お山開きがあります。

これは下谷坂本富士のある
小野照崎神社なのですが、
富士山のお山開きに合わせて、
毎年6月30日と7月1日に
神事として行われています。

わたしたちの身近にある富士塚。
わずか2、3分の登山ですが、溶岩の道を踏みしめ、
富士山のご利益やパワーをいただいてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP