それ逆効果カモ?!~正しい盛り塩のやり方と処分方法~

盛り塩は、とてもポピュラーなお浄めの方法。塩という身近な材料で行なえますが、やり方を間違えると逆効果になってしまうことをご存じですか?そこで正しい盛り塩のやり方とお手入れ方法、処分方法などをまとめました。正しい盛り塩で、お家を浄化してくださいね♪

手軽で簡単、盛り塩で運気UP!

 (18220)

いろいろ開運法がある中で、みんなが知っていて、なおかつ手軽にできる開運法の1つ「盛り塩」。盛り塩は、厄除け、場の浄化、運を引き寄せる開運方法です。そのルーツはいろいろありますが、奈良・平安時代にはすでに行われていたといわれています。
古くから親しまれてきた盛り塩。
自分でやってみたことはなくても、一度はどこかで目にしたことがあるでしょう。
必要な材料と言えば塩と小皿くらいですから、コストがかからず、
しかも簡単に作れるのでお手軽ですが、盛り塩の効果は絶大!
その分、正しく使わないと、逆効果も招きやすいのです!
盛り塩の基本、知っておいて損はないですよ♡

使う塩の種類

Free photo: Beach, Dawn, Dusk, Ocean, Sea - Free Image on Pixabay - 1867285 (18221)

塩はスーパーで売ってる精製塩は
大量生産のために機械で作ってるので、
本来のエネルギーは飛んでしまっています。

またサラサラで盛り塩をしようにも、
上手く山にできないことがあります(;'∀')

なので古来からの製法で作られた
自然塩を使うようにしましょう。

食塩として売られている物の中には、にがりなどの旨み成分を配合した塩もあり、
これらは調理には向いているのですが、盛り塩としては不向きです。
天然製法で作られた自然塩を選ぶようにしましょう。
海のパワーをたっぷり得られるように…。

塩を盛る小皿について

 (18288)

直径5cmくらいの小皿がいいです。陶器などの自然に近いものが望ましいです。100円ショップやホームセンターで販売されているもので結構です。

無地で白色の丸い小皿がよいですよ。文字や装飾があるとそこから良くないパワーが出ている場合がありますので、白色の無地のお皿が無難です。

お皿が用意できない場合は、正方形の無地の白い紙(半紙が望ましい)を敷いて、盛り塩していただいても大丈夫です。

◆お金がほしい人は … 西に黄色のお皿で。
◆仕事運を上げるには … 東に赤のお皿で。
◆なぜか喧嘩早い人は … 緑のお皿で落ち着いてください。
◆恋をかなえたい人は … 大切な日にピンクのお皿で。
◆才能・美しさをアップ … 南方にゴールドのお皿で。
小皿は、基本的には白の無地を選びます。
高価な物の方が良い気がしますが、100円でも充分!
また、小皿の色やお供えする方角を変えることで、効用の的を絞ることが出来ます。
強い願いがあるなら試してみてください。

塩の盛り方

 (18222)

盛り塩のやり方は、円錐型にするのが一般的です。
簡単な円錐の作り方は、ちょっと厚手の紙などに円を書きそれを半分に切ります。
その切ったものでいろいろな大きさの円錐を作ることができます。
その中に塩を入れて、型を整えてやると良い盛り塩が出来あがりますが、ほんのちょっと作るときに塩に水を加えてやるとより、作り易くなります。
霧吹きでほんの少量ずつ水を加えると、まとめやすくなります。
当然ですが、水分が多すぎると溶けてしまうので注意してくださいね。
量としては、ひと皿あたり10gを目安に。
型にギュッと押しつけ、しっかりと固めてから、用意した小皿に盛ります。

お供えする場所

 (18223)

玄関は神様の通り道なので盛り塩はモチロン、
マメに掃除をしておくと運気が上がります。

また水回りは悪い気が溜まってるので、
キッチン、洗面所、お風呂、トイレもやります。

特に家相、風水ではトイレは凶なので、
ココは必ずやるようにしましょう~

盛り塩をお供えする前に、念入りに掃除をしておくことを忘れずに!
勉強部屋、寝室などお部屋全般・・・できれば4隅においてください。4隅に置くことで、結界(霊的な守りの場)を作ることができます。

お手入れ方法

Free photo: Female, Portrait, Face, Young - Free Image on Pixabay - 1164098 (18224)

通常、週1回~位の頻度でこまめに「塩」を取り替えなくては逆効果になります。塩を置いて、すぐに湿気で固まってしまう場所は環境が良くない証拠だといわれていて、部屋が汚れた状態で盛り塩をすると、家の悪い運気がそのまま留まってしまい、悪い結果になることも。盛り塩はあらゆる邪気を吸収するため、きちんと取り替えて、使い終わったら捨てることも大切です。
盛り塩は、お供えしたらそれで終了ではありません!
こまめに塩を取り換えなければ、開運どころか悪い気を呼び寄せてしまうことも…。
埃が積もるほどほったらかしなんてとんでもない!
湿気で形が崩れてきた場合も、すぐに取り換えましょう。

処分方法

Free photo: Faucet, Fountain, Water Dispenser - Free Image on Pixabay - 1684902 (18218)

盛り塩の処分方法は、

使用後の盛り塩は、水に流すか、
ゴミとして処分してもよいですが

食用にするのは控えましょう(邪気が吸着しているため)。

使用した塩は、台所のシンクに流して下さい。家の中のごみ箱でも大丈夫ですが、スグにゴミを廃棄するようにしてください。そのままにしておくことで、吸収した邪気を再放出してしまう恐れがあるからです。
近所に川があればそこに流してもOK。
邪気を吸い取っていますし、衛生面からも食用にするのはNG!
まな板などの除菌に使うのもやめましょう。
感謝の気持ちを伝え、処分してください。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP