最近あまり見なくなった正月の熊手

昔から正月の縁起物というと色々ありますがその中でも今と昔でかなり変わった感じる縁起物があります。それは熊手です。若い人の中に熊手自体全く知らないという人もいるかもしれないです。それぐらい最近は熊手自体あまり正月で見かけなくなったという印象を受けます。

正月の縁起物の熊手が最近あまり見なくなった理由とは

昔から正月の縁起物として有名だった熊手が今はほとんど見なくなったのはどうしてかというと、一番の理由はやはり熊手自体の需要が大幅に減ったというのがあります。昔は正月の縁起物として毎年新しい熊手を縁日で買ってそれを家に飾るのが一般的でした。ですが、その習慣も徐々に薄れていって今では年配の人が正月には熊手を飾るという習慣があるのがよく知っていても若い人はそもそも熊手自体知らないという人も多くなっています。なのでますます正月の縁起物だった熊手の需要が減ってきたというのがあります。ですから、今では正月の縁起物であったはずの熊手自体を知らない人が多くなった事で熊手を正月に買うという人が減っているというのがあります。なので正月の縁起物の中でも熊手は特に影が薄くなっているというのがあります。ですが、だからと言って熊手が消えたわけではないです。ある所にはまだ熊手はあります。
 (35064)

熊手が正月の縁起物としての存在感が薄くなった理由

どうしてかつては当たり前にあった正月の縁起物の熊手が今ではすっかり影を潜めたのかというとそれは時代の流れが大きな要因となっています。昔は正月になると神社に行ってそこでいろんな縁日がありました。そこには当然熊手も売っている出店もありました。なので正月になると熊手を買うのが普通でした。ですが、今では正月の縁日自体やらない所が多くなっていて熊手を売っているのをそもそも見た事がないという人も多いです。なので正月に熊手を買って飾るという流れにならないというのがあります。そういう事もあって最初から熊手があるのを知らない人が多くなって正月の縁起物として熊手を購入しようと思う人がいなくなったというのが熊手の存在感が薄くなった一番の要因になっています。なので熊手自体の人気がなくなったというよりも時代の流れで消えてしまったという感じです。

今の時代の熊手はどういう事になっているか

今の時代の熊手は正月になっても縁起物として飾る人がいないのかというとそういう事はないです。やはり熊手を飾る人は一定数存在します。ただし昔よりも正月に熊手を飾る家が減っているのは確かです。ですが、今でも縁起物として熊手を飾っている家はあります。ですが、そういう家庭でも熊手の入手法は昔と変わってきた点はあります。昔は熊手というと縁日等で購入してそれを家に飾るというのが普通でした。ですが、最近は熊手を売っている場所自体なくなってきていて普通に熊手を買えない事も多くなっています。なので熊手を購入しようと思った時もネット通販を使って購入するという人が多くなっています。そうすれば簡単に熊手を購入できるので最近は熊手のような物もネット通販を使って買う人が多くなっています。これも時代の流れだと思っています。こういう身近で買えない縁起物もネット通販で購入するのが当たり前になりつつあります。

熊手を購入するよりも手作りの方が人気があるのか?

最近はそもそも熊手を作っている職人自体減ってきてなかなか普通に買えないようになってきました。ですが、正月の縁起物として熊手が欲しいと思う人は昔よりは減っていても相変わらず欲しいと思う人はいます。そして最近はその正月の縁起物の熊手も個性がある熊手や可愛い熊手が人気がある事もあって昔ながらの熊手よりも自分が作った手作りの熊手を好む人も多くなっています。実際に小さい熊手なら職人でなくても作るのはそれほど難しくはないです。なので自分の好みに合わせた熊手を作っているという人は最近はいます。これも自分だけの特別な熊手を飾りたいという気持ちと従来の熊手よりも可愛い方が良いと思う女性が増えてきたのが大きな要因です。なので最近は熊手自体を手作りするという人も多くなっています。その方が自分だけの熊手を持てるという特別感を味わえて良いというのがあります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP