【えびす講】は五穀豊穣、大漁、商売繁盛を祈願するお祭り!

「えびす講」とは、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、商売繁盛を祈願するお祭りのことです。 「えびす祭」や「えべっさん」とも言われています。今回、そんな縁起のいい「えびす講」について少し調査してみました。

えびす講とは?

 (11020)

えびす講(えびすこう)は、おもに10月20日ないし11月20日に催される祭礼または民間行事。秋の季語。大鳥大社など日本各地の鷲神社で行われる酉の市は由来が異なり全く関係がない。

神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神(夷、戎、胡、蛭子、恵比須、恵比寿、恵美須)ないしかまど神を祀り、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、あるいは商売繁盛を祈願する。

『十日えびす』は、1月10日と前後の9日、11日に行われます。
「えびす様」を奉り商売繁盛を願うお祭りで西日本では一般的です。

「吉兆」とよばれる縁起物をつける福笹が境内で販売されていますが、
そのときに流れるお囃子は「商売繁盛で笹持って来い」。
これは、「笹を持って来たら、商売繁盛させますよ。」
もしくは、「商売が繁盛したら、また戻ってきなさい。」という意味だそうです。

『十日えびす』(十日戎)といえば、大阪市の今宮神社が有名です。
毎年100万人以上の参拝者が訪れる賑わいぶりで、福娘」が賑わいに花を添えています。

えびす講の『えびす(ゑびす)』とは?

1. 日本の神。七福神の一柱。狩衣姿で、右手に釣り竿を持ち、左脇に鯛を抱える姿が一般的。本項で詳述。また、初春の祝福芸として、えびす人形を舞わせてみせた大道芸やその芸人のことも「恵比須(恵比須回し)」と呼んだ。

2. 外来の神や渡来の神。客神や門客神や蕃神といわれる神の一柱。

3. 神格化された漁業の神としてのクジラのこと。古くは勇魚(いさな)ともいい、クジラを含む大きな魚全般をさした。

4. 寄り神。海からたどり着いたクジラを含む、漂着物を信仰したもの。 寄り神信仰や漂着神ともいう。

七福神

七福神

えびす講で売られる『縁起物』は?

えびす講の日には市が立ち、魚や根菜など青物が売られる。またたくさんの縁起物を飾った『福笹』あるいは『熊手』が販売される。この縁起物は神社から授与されるもので「吉兆」とも呼ばれる。
日本各地の社寺で「えびす講」が催されますが、
それぞれ特色のある、その土地ならではのお祭りとなっています。いくつかご紹介しましょう。

「福笹」と「熊手」はどんな縁起物?

福笹

福笹

「えべっさん」のときに商売繁盛を祈願して、たくさんの縁起物をつけて売られている笹のことです。福笹につける縁起物は「吉兆」と呼ばれ、神社で授与されるものです。 笹は孟宗竹の枝を使用しています。
熊手

熊手

落ち葉を「かき集める」道具の熊手が
商売人のしゃれとでもいうのでしょうか
「運をかき込む」「金銀をかき集める」道具として
次第に縁起物とみなされるようになりました。

それに伴って、実用性のある熊手から
宝船に乗った七福神、大判小判、松竹梅など様々な飾りが施され
「運をかっ込む」「福を掃きこむ」縁起物の熊手と変化し、現在に至っています。

各地の特色ある「えびす講」(足利えびす講)

足利えびす講

足利えびす講

西宮神社の恵比寿講(えびすこう)は、毎年11月19日、20日に行われます。

 開運や商売繁盛を願う人々で大変な賑わいをみせ、参道の両側には名物の『おたから市』が軒を連ねて、景気のよい声で客引き合戦をします。

 境内では、お神楽が行われ、「えびす」と「ひょっとこ」が釣竿の先に福餅をつけて踊りながら、見物人に糸を垂らす神楽が行われ、大変人気があります。

なお、西宮神社は「足利七福神めぐり」のひとつです。

各地の特色ある「えびす講」(日本橋べったら市)

日本橋べったら市

日本橋べったら市

大根を甘く浅漬けにしたべったら漬けを売る露店が、宝田恵比寿神社を中心に、旧大伝馬町一帯(日本橋本町三丁目、大伝馬町)また堀留町にかけてに並ぶ「日本橋恵比寿講べったら市」。江戸時代の中期、宝田恵比寿神社の門前で10月20日の恵比寿講(商家で恵比須をまつり、親類・知人を招いて祝う行事)にお供えするため、前日の19日に市が立ち、魚や野菜、神棚などが売られるようになったのが起源だという。露店は400~500軒が連なり、仕事帰りの会社員や遠路訪れる観光客で、大伝馬町は遅くまでにぎわいを見せる。

各地の特色ある「えびす講」(長野えびす講煙火大会)

長野えびす講煙火大会

長野えびす講煙火大会

全国でも珍しい11月の長野えびす講煙火大会。
絢爛豪華な打ち上げ花火に加え、二尺玉の大輪も澄んだ晩秋の夜空を彩り、花火評論家をして「一度はこの花火大会を見ておかないと」といわしめるほどになっています。

各地の特色ある「えびす講」(胡子大祭(えびすたいさい))

胡子講  広島胡子神社

胡子講 広島胡子神社

胡子神社の御祭神は蛭子(ひるこ)神・事代主神・大江広元公(毛利家の始祖)の三柱が三位一体となったえびす神としてお祀りされ、商いを営む人だけでなく、福の神として多くの人々に崇敬されております。

各地の特色ある「えびす講」(牛島えびすまつり)

牛島えびすまつり

牛島えびすまつり

山口県光市牛島で4月第4日曜日に行われる。大漁と海上安全が祈願される。

各地の特色ある「十日えびす」(西宮神社(西宮市))

招福マグロ奉納

招福マグロ奉納

一月十日を中心に九日から十一日までの三日間行われる「十日えびす」は、阪神間における最大の祭典として広く全国に知られ、百万人を越える参拝者で賑わいます。
十日えびすの準備は一月八日に卸売市場の若者の威勢のよい掛け声とともに奉納される大マグロで整います。
福男選び

福男選び

福男選びの様子は毎年テレビで報道されているおなじみの行事ですね。
福男選びは重要な”門前神事”ということです。
こちらのお祭りはほかにも、招福大まぐろ奉納式や有馬温泉献湯式などの行事で有名です。

”門前神事福男選び”は、十日えびす大祭の終了後、午前6時に表大門(おもてだいもん)が開かれ、
門の外で待っていた参拝者たちが一番福を目指して本殿へ「走り参り」をするというものです。
本殿までの距離は230メートル。
この行事は、江戸時代頃からひとりでに起こったとされ、西宮えびすの独特の伝統行事となっています。

各地の特色ある「十日えびす」(今宮戎神社(大阪市))

宝恵かご

宝恵かご

元禄期になりますと十日戎の祭礼を彩る宝恵駕の奉納も行われるようになり今日と同じような祭礼となりました。

宝恵駕も宝暦の頃には現在にみられる形式が整備されます。この頃から数多くの図が残されており、紅白の布で飾られた駕籠に盛装した芸者が乗り込み、その周囲を幇間が取り囲み、「ホエカゴホエカゴ、エライヤッチャエライヤッチャ」の掛け声とともに参詣する状景がしのばれます。

現在では宝恵駕も地元商店街の協力の下、昔の様式を残しつつ、なおかつ現状にあまり乖離しないよう、芸能人、野球選手、文楽の人形の参加を得て行列を華やかに盛り立てています。

福娘・福笹

福娘・福笹

福娘によって飾りつけがされる「福笹」。商売繁盛の縁起物です。
笹が「葉が落ちず常に青々と茂る」ということから縁起が良いとされました。

今宮戎神社は歴史のある神社で、600年推古天皇の御代に聖徳太子が四天王寺を建立した際、
西方の守護神として建てられたといわれています。
江戸時代には大阪は商業の街として、「天下の台所」と呼ばれていました。

いかがでしたでしょうか?
このように、「十日えびす」は江戸時代中期から盛んになり、現在まで続いている由緒あるお祭りなのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP