エイプリルフールのいろいろな説。どれを信じましょうか。

4月ばかと日本では言われているエイプリルフールですが、どのような事から始まったのでしょうか。とても気になります。世界中で堂々と嘘のニュースの流れる4月1日、それが笑いで許される日でもあります。いろいろ説があります。起源と意味をまとめてみました。

フランスでの説です。

シャルル9世

シャルル9世

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた[4](これ以降は嘘の起源と思われる)。
しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。
フランス発信のこのエイプリルフールは悲惨な出来事から始まったそうですね。
ほかにもフランスにはエイプリルフールにまつわるお話がありますので、ご紹介します。
4月の魚

4月の魚

まずはなぜ「4月1日」なのかと言うと、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用するまでは、3月25日を元日とし、4月1日には新年をお祝いするために、人々がプレゼントを交換しあうという慣わしがありました。
フランス人は新暦改正後もこの慣習を続けるために、旧正月の4月1日にユニークなプレゼントや偽のプレゼント交換をしたことが由来するのではないかとされてます。

そして、なぜ「4月の魚 (Poisson d'avril)」と呼ばれているかと言うと、その昔、4月から魚が産卵期に入るため、4月初旬から漁獲が禁止されてました。
そこで、人々は漁獲期最終日である4月1日に、”ぼうず”で戻ってきた漁師をからかい、ニシンを川に投げ込み釣らせてあげたのがジョークの始まりだと伝えられてます。

本物のお魚の代わり絵に描いたお魚を、子供達が大人の人の背中に貼り付けてからかうそうですよ。
大人同士でもやることがあるようです。
この日は背中に気をつけて歩かないといけないですね。
鏡を手にして、後ろを気にしながらあるく人もいるようです。楽しいですね。

ノアの方舟説です。

ノアの方舟

ノアの方舟

8・3 水は地上からひいて行った。百五十日の後には水が減って、
8・4 第七の月の十七日に箱舟はアララト山の上に止まった。
8・5 水はますます減って第十の月になり、第十の月の一日には山々の頂が現れた。
8・6 四十日たって、ノアは自分が造った箱舟の窓を開き、
8・7 烏を放した。烏は飛び立ったが、地上の水が乾くのを待って、出たり入ったりした。
8・8 ノアは鳩を彼のもとから放して、地の面から水がひいたかどうかを確かめようとした。
8・9 しかし、鳩は止まる所が見つからなかったので、箱舟のノアのもとに帰って来た。水がまだ全地の面を覆っていたからである。ノアは手を差し伸べて鳩を捕らえ、箱舟の自分のもとに戻した。
8・10 更に七日待って、彼は再び鳩を箱舟から放した。
8・11 鳩は夕方になってノアのもとに帰って来た。見よ、鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえていた。ノアは水が地上からひいたことを知った。
鳩を放ったが、水が完全に引いてなかったので、鳩を放ったのは無駄であったということのようです。その日が4月1日だったということから、エイプリルフール、無駄な日になったという説です。

インドの修行僧の揶揄説です。

修行僧

修行僧

【インド起源説】
その説によりますと、インドの仏教では、昔、春分から3月31日まで寺院で説法が行われました。
信者たちはこの期間だけはしおらしく仏道修行に励むそぶりは見せはするが、3月31日、修行最後の日が明けると元の木阿弥、また元通りの煩悩多き日常に戻ってしまう。そのような修行僧を揶揄する意味で≪揶揄節≫というのを設け、かついだりからかったり・・・、妄語の戒めなどはどこへやら、嘘をついてそれにかかった人間のことをみなで笑いものにする、面白がる・・・そのような風習から今のようなエイプリルフールに結びついたとされる説が生まれたそうです。
春分の日から1週間、とても辛い修行を行うそうです。ところがその修行が終わったら、またまた元の自分に戻ってしまうということです。人間本来の煩悩はそうそう絶てないということですよね。
無駄な1週間だったかもしれませんが、自分を見つめ直すのにはいい修行だと思います。
むしろ、『自分を見つめ直す時間』と捉えれば無駄ではありませんね。
このエイプリルフール説は、人間らしくていいですね。

日本ではエイプリルフールはどうなのでしょうか?

日本には、大正時代に西洋から伝わり「4月馬鹿」として広まったといわれています。
しかし、4月馬鹿が広まる前は、4月1日は「不義理の日」とする風習がありました。
「不義理の日」とは、中国から伝わった風習で、普段義理を欠いていたことを手紙などで詫びたり、最近の様子を尋ねる日です。
4月馬鹿が広まったことから、不義理の日はいつの間にか忘れられたといわれています。
日本では本来の意味が薄れてしまったようですね。
忠臣蔵の四十七士の堀部安兵衛のもとに、菅野六郎左衛門から助太刀のお願いの手紙が届いたのが、4月1日だったのです。安兵衛は不義理の日の手紙だろうと思ってそのままにしておいたのです。もう少しで高田馬場の決闘に行き遅れるところでした。
現在では不義理の日ではなく、嘘をついてもいい日になってしまいましたね。
エイプリルフール

エイプリルフール

いかがでしたか。いろいろな説がありますね。
中国やイギリスや、まだまだいろいろとエイプリルフールの起源について諸説ありますが、どれが本当なのかは、正直はっきりしていないようです。
また、「午前中だけ嘘をついても良い」というルールなどもあります。
ついた嘘はその年は実現しないとも言われているようです。

他の人を傷つたり、困らせるような嘘だけはつかないようにしましょうね。
今年はどんな嘘をついて楽しみますか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP